<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

緊急チャネリング 東日本大震災 エクトンからのメッセージ  

大天使ミカエル
【大天使ミカエル】

 今日の「被災地への愛と祈りの瞑想お茶会」は無事終了しました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
参加費は日本赤十字社に募金させていただきます。m(_  _)m

 今日の瞑想では、東北地方に上空から愛と平和の光を届けました。原発と命がけでがんばっている作業員の方々にも愛と感謝の光を送りました。

 イメージの中で、どんどん日本上空に上がっていくと、天使がたくさん飛んでいるのが見えてきました。亡くなった方の魂を抱いている天使、平和の鐘を鳴らしている天使、赤いバラの花びらをまいている天使、それらを指揮している大きなブルーの天使は大天使ミカエルでした。

リマ:ああっ、ミカエル様だ!
いつもパワフルで凛々しいお姿。
日本は大丈夫だわ。
こんなにたくさんの天使に守られているのだもの。O(≧▽≦)O

ミカエル:私たち天使がサポートしているが、現実で復旧させるのは人間の力だ。希望をもって、あきらめないで、しっかりやりなさい。

リマ:ハ、ハイ、全然、絶望も失望もしていません。必ず日本は立ち直ります。
これからが私の正念場だわ。何をしたらよいか、よく考えてみます。
・(*´∀`*)

日本に強く明るい光が差し込んでいるのが感じられました。


 参加者の方に、エクトンが3.11の地震について語っている動画を教えていただきました。
帰宅後、早速見ました。

エクトンとは高次の存在で、リチャード・ラビンさんがチャネリングして、ラビンさんの友人チャンパックさんが日本語に通訳しています。

エクトンについてはこちらを
http://www.voice-inc.co.jp/documents/workshop_page/ecton/ecton_sp.html


 リチャードさんは3月11日早朝、日本に到着しました。そして、ホテルで仮眠中に地震に遭いました。今まで経験したことがない大きな揺れに、一体何が起こったのだろうと,しばらくはTVとネットに釘付けでした。しかし、はっと気がついて、TVとパソコンを消してグラウディングして、自分の中心を取り戻しました。

今でもワークショップのために日本に滞在しています。

この動画は3月15日イブニングセミナーでのチャネリングです。
本来なら、ワークショップの宣伝を行うのですが、今回の地震についてのメッセージを降ろしてくれました。


チャンパックさんとラビンさん
【リチャード・ラビンさんとチャンパックさん ヴォイスのHPから】

緊急チャネリング 
東日本大震災スペシャル 
エクトンからのメッセージ
スピリチュアルテレビ(約1時間半)
http://www.ustream.tv/recorded/13353915

メッセージを簡単にメモします。

エクトンからのメッセージ

・今回の地震は、どうしても起きなければいけないことだった。
・地球の中心にこもった熱を放出するために、4つのプレートが重なり合っている場所を動かす必要があった。
・それは彼女(地球)が生きていくために必要なこと。
・プレートの動きは誰にも予知できない。

・カルマだとか、地球が怒っているということはない。
・地震地帯に原発を作ったことを罰しているのではない。
・地球自身が自分に必要な事をしているだけ。
・「2012年に大きな破壊が起きてこの世の終わりが来る」と考えるのは建設的なエネルギーの使い方ではない。

・核反応炉は今のみなさんのテクノロジーでは安全だろうかと考えてください。
・この会場の中に、放射能汚染を受けることで何かを学ぶと決めてきた人は一人もいない。
・早く国外に脱出しようとするのは恐れにもとづく行動だ。
・放射能で肉体的に汚染されることで、ソウルレベルで学ぶことがあるだろうか、ほとんどの人はNO
だ。この考えを他の人たちにも広めて欲しい。
・犠牲者だ、絶望だと考えるのは非生産的だ。

・自分にはパワーがあると考える選択をして、ベストを尽くしてこの惨事に立ち向かうことで、魂が進化する。
・日本は世界のお手本になる。
・日本の助け合う心、冷静さ、穏やかさに世界は驚いている。それを誇りに思う。
・日本は大惨事が起きたにもかかわらず、それを乗り越えてより豊かになれる。この世界で本当に大事なものは何かを世界に示す。それは愛であり、協力し合うこと、助け合うことである。

・みなさんがこの国に生まれることを選択した理由の一つは、戦いや葛藤の少ない生き方を世界に示すことだ。それは意識しなくてもDNAに入っている。
・大惨事を乗り越えることで、魂の進化を促すだろう。

最後に、核反応炉がコンクリートで埋められてモニュメントになっている光景が見えたそうです。これが確実だというのではなく、最後の手段になるかもしれないということでした。

まるで、日本をはげますために来日されたようです。ありがとう、エクトン、リチャードさん、チャンパックさん。
(このメッセージだと陰謀はなかったのでしょうか? エクトンはあれこれ結論の出ないことにエネルギーを浪費するより、現在に集中することを奨めているのだと思います。)


:・’゜☆ . : * :・’゜☆ . ::・’゜☆ . : 

    ☆ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。 

2011.03.22 Tuesday 22:06 | comments(5) | - | 

EMは放射能汚染の希望の星か

比嘉教授と巨大大根
【EM栽培の大根と比嘉教授。松山市の知的障害者の施設の子供たちが巨大大根に挑戦して作ったもの。大きいのは17キロありました。】

 私は10年ほど前に化学物質過敏症になったときにEM(有用微生物群)に出会いました。化学物質過敏症とは、ありとあらゆる化学物質に超過敏になる病気です。

 たとえば、収穫が終わり稲株だけの田んぼをそばを車で通っただけで、地面に残留している農薬で具合が悪くなりました。

 また、スーパーの野菜売り場へ行くと、ほとんどの野菜はポリ袋に入っているのに、わずかに空気中に漂っている農薬で顔がヒリヒリして息が苦しくなりました。

 保存料添加物が使ってある食品は、口の中がヒリヒリ痛くなり、胃が冷たくなって食べることができませんでした。

 建築中の住宅のそばを歩いただけで、頭がガーンとなぐられたような衝撃を受け、目の前が真っ暗になりました。これは新建材接着剤、塗料などの化学物質を曝露(ばくろ)したからでした。

毎日生きているだけで苦しくてたまらなかった時、EMのことを知りました。本やネットで調べて、遠くの自然食品店までEM原液を買いに行きました。

そして、自分で培養して、室内空気の浄化、消臭、洗濯、化学物質の無害化などに大いに役立ちました。

山小屋を建てるときは基礎のコンクリートに入れ、外壁にも大量にスプレーして住むことができました。(EM菌を応用した建築用製品がたくさんあります。)

当時のEM雑誌に、チェルノブイリの放射能汚染地域にEMが使われているという記事があったのを思い出しました。

これが事実なら、たとえ死の灰で汚染されたとしても日本列島は蘇ることができるでしょう。放射能汚染された農地も安全な畑に生まれ変われます。人体に蓄積された放射能も排出できるようです。夢物語のようです。

早速ネットで調べてみました。
ありましたよ〜ヽ(´∀`)ノ

EM開発者嘉照夫教授の講演録が見つかりました。

その中から放射能に言及している部分を抜き出してみました。


http://www.emro.co.jp/interim/data/2003/HIGA/index.htm
EMフェスタ2003  比嘉照夫教授 講演会 2003.11.16

 いろいろ試しているうちにEMには非イオン化作用すなわち、電気を帯びさせない力があるとか、いろんな有害な波動が消えてしまう、放射能さえもコントロールするという重力波が関与していることが分かったんです。

 しかし、これもチェルノブイリの原子力発電所の事故が起こらなかったら、こういうことにはならなかったんです。

 私はEMで放射能の対策をやろうと思い、日本国内でいろいろ試したんですが、厳しい条件ばかりで思い切り実験できないんです。それなら困っているベラルーシに直接乗り込んでやろうと考えました。結果として、昨日EM医学国際会議でコノプリヤ先生に発表いただいたような、原爆症、要するに内部被爆対策にも使えるようになったんです。



http://www.emro.co.jp/interim/data/_expo03/HIGA/index.html
シンポジウムプログラム 2003.1.29  琉球大学農学部教授 比嘉 照夫講演

 どんな汚染でもと言うと「じゃあ放射能はどうなんだ」と言われます。私はベラルーシ、ウクライナでその実験をずっとやってきました。

放射能が多少残ってる所は生育も収量もいいし、味も良いのですよ。EMをしっかりやっておくと、放射能を吸わないんです。これは物理学者、誰も絶対信じません。

でも私がやったのではなく、その国の化学アカデミーの研究機関がやっている。ようするに放射能と言えどもEMにかかったら最後、土の中の太陽に変わってしまうのです
。土の中のエネルギー。ですから世界のどんなひどい状態でも対応できるのです。


http://www.emro.co.jp/interim/data/98/P/P.html
1998-11 EMフェスタ98 パネルディスカッション 

比嘉 EMを総合的に使えば、ダイオキシンはもとより環境ホルモン、重金属、有害化学物質などは、すべて無害化できると私は言い切っています。

 これはなぜかと言いますと、この7月にチェルノブイリの風下になったベラルーシ放射能汚染地帯での過去3年間の総括を行い、放射能の被害は確実にEM-Xで押さえられるという発表も頂きました。

そこで、核種をある程度動かせるとの報告もありました。核種とはストロンチウムなどの物質のことで、この核種が動くということは今の物理学では絶対ありえない事なんです。これをよく承知した上での話なのです。

 来年からの新しいプロジェクトして、この問題点の解決を考えています。まとめますと、放射能であれ、紫外線であれ、ダイオキシンであれ、重金属であれ全ての有害作用は強烈な活性酸素、フリーラジカルが基になっている事が分かります。


 放射能を受けると体の中で物凄い量のヒドルキシラジカルなどができて体が焼けて死んでしまいます。これが強いか弱いかの差であり、結果的にすべての有害作用が強烈な酸化作用で引き起こされているんです。ですからEMの効果を根源から考えた場合、この強烈な酸化作用を起こさせないことにあります。


http://www.emro.co.jp/interim/data/97/p11/p11.html
1997-11 EMフェスタ97 発表大会 
ベラルーシにおけるEM利用の第1次評価とチェルノブイリ災害の問題解決について
E.F.Konopiya
ベラルーシ科学アカデミー放射線生物学研究所所長

C:チェルノブイリ原発事故をはじめ、原発事故の被害処理にEM−1を利用する可能性

 チェルノブイリ原発事故が起こした被害を抑えるために、EMが役にたつかどうか、このことを解明するために研究を進めています。
 まず土壌から農作物への放射性核種の移行を防ぐ、つまり人間の内部被ばくをおさえるために、EM-1を土壌にまくこと。

 EM-1を土壌にまくことは、Cs(セシウム)137の植物への移行を促進します。
 そのさいに、小分量のEM−1を土壌に入れたときに、最大の効果があげられました。イネ科とマメ科植物の双方で、この法則性が見られます。

 強調したいのは、Cs(セシウム)137とSr(ストロンチウム)90は半減期の長い放射性核種であって、放射能の状況を規定するものだということです。

 Sr90に対するEM-1の作用については、逆の依存関係があきらかになりました。EM-1の適用は、原則として、Sr90の土壌から植物への移行を低下させます。このプロセスには様々な要素が影響を与えますので、EM-1の効果はハッキリしていませんし、さらにこのメカニズムの解明が必要です。


http://www.pleiades15.net/garden/emkinn.html
EM菌の使い方  EM菌の切り開く未来 

 EM菌(などの良性のバクテリア)は、工業・医療・環境衛生始め多くの分野に無限の可能性を広げ人の生命にかかわるだけに半導体以上に世界を変えていくと予感している。

 最近は、EM菌が放射線を消去する事が証明されている。ロシアのチェルヌブイなどの放射能に汚染された土地にEM菌を散布すれば放射線が消去されるだけではなく逆に今まで以上に素晴らしい野菜が、育つ事が証明されている。水銀、ダイオキシン、カドミウムなど金属で汚染された土壌の浄化にも成功しています。

 付き合えば付き合うほどバクテリアの持つ不思議な力に感動する。大自然や生命は,見えない世界で働くバクテリアによって生命活動が維持されています。それは人の知性をはるかに超えた超能力のような感じです。詳しくはその分野の本などを読まれることを薦めます。


・・・・・・---−−−★・・・・・・---−−−★

リマ:今まで、EM技術はニセ科学と非難され、農業・畜産などで細々と利用されてきました。これは物質主義の現代科学では解明されない現象でしょう。顕微鏡でしか見えない小さな生命たちが環境のために賢明に働いてくれているのです。

今日、TVで宮崎駿のアニメ番組を放映していました。その中で「風の谷のナウシカ」のアイデアについて解説していました。

水俣病では海水が水銀で汚染されたのですが、数年経つと海中にサンゴやヒトデが増え、たくさんの魚がいました。調べると水銀を食べてしまう菌が発生して海をきれいにしていたのでした。ダイオキシンを食べる菌も発見されました。これが腐海のイメージにつながったのでした。



もっと知りたい方はこちらをどうぞ

http://blogs.yahoo.co.jp/yume_kokoro_mirai/38100874.html
≪放射能汚染≫EM≪放射能対策≫EM≪放射能≫
●EMがあれば、大丈夫だね‼

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

 

ランキングに参加中 

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←応援のぽちお願いします。

2011.03.21 Monday 23:25 | comments(11) | - | 

地震から一週間経ちました。

地球

 震災から1週間経ちました。まだ混乱は続いていますが、少しずつ何とかなりそうな前向きの感じがしてきました。

 今日は久しぶりで都内の経済関係のセミナーに出かけてきました。こんな時なので参加者は少ないだろうと思っていましたが、たくさんの方が遠方からも来ていました。

 講師の方が、こんな時こそ我々が経済の活性化に向けてがんばるしかないと話していました。自粛しすぎて日本経済をしぼませないように、大いに稼いでそれを復興にまわそうではないかと呼びかけていました。こういう前向きな若い人がたくさんいて頼もしいかぎりです。

 帰りは計画停電の余波で電車が止まっていて、暗い夜道を1時間半歩きました。電気のありがたさをつくづく感じました。

 世界で、日本で、多くの人々が被災地に向けて祈ってくれています。本当にありがたいことです。いつも感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思いました。

 19日には、ヘミシンクを学んだ世界中の人が被災地で犠牲になられた方々のリトリーバルをするそうです。

 突然何が何だかわからないうちに亡くなると、自分が死んでいることに気がつかないことがあります。そういう方を見つけて、上手あの世に誘導するのです。私も毎晩していますが、一人でするより大勢で集中して行うと大きな効果があります。

 主に19日22~24時の間に集中して行うなので、ヘミシンクできない方も愛の祈りで参加することができます。どうか、被災地に向けて愛の波動を送ってください。10分でもよいので、よろしくお願いします。

 また、ここ数日の福島の風向きは海へ向かって吹いています。やはり天使や宇宙ファミリーが守ってくれているのだと感じます。専門家たちも、もっと放射能のレベルは深刻になっているはずなのに・・・と首をかしげているそうです。


最後に越智啓子さんの今日のメルマガから素敵なメッセージを紹介します。

***************************************

今回の地震と津波の被災者の皆さん、雪の寒い中よく耐えられました!
本当に心から尊敬します!
寒くて大変なのですが、雪は浄化力が強いのです。
不安と恐怖を落ち着かせてくれます。

原子炉を冷やす効果もあります。原子炉が冷やされて落ち着いたら、
もうすぐぽかぽかの春がやってきます!もう少しの辛抱です!
やっと大量に愛の物資が届き出しました。
これからは復興の感動の流れになります!

福島原発への愛と感謝と花束の祈りが届きました!
福島第一原発の3号機と4号機のプールが愛と感謝と花束で
美しく囲まれました!
もちろん、自衛隊や消防隊の命をかけた愛の働きにも大感謝です。
皆さんにもハグと花束を差し上げたいです!!
嬉しいことに、原子炉のまわりの放射能濃度がどんどん下がってきています!

昨日、プルトニウムとウランの意識がもとの鉱脈に愛の花の馬車で
故郷に帰りました!
燃料の中心の意識がもとの場所に戻ったので、もう大丈夫です!!!
地球の大切なハートチャクラが美しい淡いピンク色に輝いています。
地球がとても喜んでくれています!
もうこれからは地球の大切な心臓部分を掘り起こさないで、別の方法で
エネルギーを使えるようにしたいと思います!
もっと自然な優しい生活を作りたいと思います。

これから電源が別ルートで引かれて、もとの冷却装置が作動するように
祈りましょう!
作業する勇気ある方々を、私たちの愛と感謝で守りましょう!
原子炉の冷却装置に「あなたは大丈夫、蘇るから、いつもありがとう!
これからもよろしく!」と愛の呼びかけをしましょう!
引き続き私たちは、愛の祈りを続けたいと思います。

今、被災地に新しいシンプルで環境に優しい理想郷がこれからできるイメージ
が湧いてきて、涙がとまりません。
宮澤賢治さんが唱えてきたユートピアが出来ます!!
賢治さんのエネルギーが応援しているのを感じます!
東北が、日本が、地球が平和な世界になっている美しい未来をイメージして
引き寄せましょう!!

必ず、日本は蘇ります。地球は大丈夫です!
私たちには乗り越えるパワーがあります!

それでは、また!
                       笑いの天使・啓子より

************************************************

 今日のセミナーで会った方も、これから日本人の考え方が大きく変わるような気がすると言っていました。もっとスピリチュアルに目覚める人が増えて、スピリチュアルな見方が当たり前になると思います。

:・’゜☆ . : * :・’゜☆ . ::・’゜☆ . : 

    ☆ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

2011.03.18 Friday 23:50 | comments(0) | - | 

アメリカで地震前の音を聞いたチャネラー

2009 海上保安庁の資料
【日本周辺のプレート及び海域火山の分布と海底地殻変動観測結果2009 海上保安庁の資料】

 以下は mixiで紹介された話です。アメリカのチャネラーさんが東北大震災の前、不可解な地下の音を聞いたそうです。(すいれんさんが翻訳してくれました。ありがとうございます。)

長文なので、前半は短くしてあります。


・・・・・・・・・・・・・

日本の震災・津波・原子力事件
チャネラー:Denise Le Fay  2011年3月12日 

 ロス在住のチャネラー、デニーズ・ルファイさは何十年も前から地震の起きる前に地球内の音を感じ、聞こえていました。

 2011年3月9日、デニーズさんは今まで経験したことのない体験をしました。彼女は地下の圧力とストレスが悲痛なほど高まっており、どこかで巨大マグニチュードの地震が起きる準備が出来ていることを感じました。

 しかし、今回の音は、今までの地震とは全く違う聞いたことのない音でした。あとで、デニーズさんのお母さんも同じ音を聞いていたことがわかりました。それはまったく理解不能な音で、空中の様々な方向から聞こえてきましたが、地下からではありませんでした。その謎の音はどうにも表現することができませんでした。

 その日、二人が聞いた音は、文字通り一度ずつ針がうごくみたいな感じで、それが一日に6〜7回ありました。

 デニーズさんは外国での地震を数日あるいは数週間前に感じた経験が何度もあり、典型的な地震では、揺れ、揺すられ、ぶつかったり波打ったりするような感覚でした。過去に聞いた地震の音は地殻の下でマグマが押し合い流れる、大きなとどろきのような音でした。

 しかし3月9日に感じたものは今までとはとても違っていました。クリック、ザー、パチン、クリック・・現実が少し引っ張られ、パチッとなり、クリックと修正され、いっときに一度ずつ動いていく感じでした。 それは、人生で聞いたことのなかった音を聞いたり、エネルギーを感じたりした異様な日でした。

 3月11日金曜の早朝、デニーズさんは腰、骨盤、脚に特に痛みを感じながら起きた時、日本でのマグニチュード8.9の地震と津波のニュースが飛び込んできました。

 上半身は銀河・宇宙・太陽エネルギーを受け、下半身は地球の中へと突き刺さり、固定し、地球が経験していることを同時に経験しました。

 日本の多重災害に関するニュースを見てから、眠るとき、なぜ日本の原子炉がこのようになっているのか、もっと洞察がほしいとリクエストしました。より深い洞察をお願いしたところ、次のようなことを感受したのでした。


以下はデニーズさんの文章です。(読みやすいように改行しました。)

地震によって日本で原子力設備が故障し、大変なことになっているのは、中東で起こっていることの別の側面であり、アメリカが石油・ガソリンを持つことが益々複雑になってくるという意味だと知覚しました。

この二つの事件は、本当は魚座の時代の出来事で、家父長制の「終りの時代」を示すものです。物理的な災害や何億ドル(さらなる借金)もの金額をかけてやっと変化について人が考えるようになったのですが、この二つの事件によって人類全体が、古い家父長制の魚座時代のやり方、道具、考え方を手放す時が来たと、気付くでしょう。

これらの事件によって私たちは、地球を虐待してきた狂気と危険を強制的に知ることになり、その2次元的な要素に加えて凶暴な家父長の支配時代に危機に陥った人類の姿に気付くでしょう。

日本での大地震による原子炉問題のもう一つの側面は、アメリカが2つの原爆を日本に落とした(1945年8月6日に広島、8月9日に長崎)ことにさかのぼります。今日は冥王星が山羊座の7度にあり、第9波にあって、この過去の戦争によるカルマ上の惨事は日米間で全レベルにおいて変容します。

完全な変容によって、両国とその国民が進化し、燃料問題でも、冷却・暖房、運転、走行、光、電力など・・戦争の狂気や「大量破壊兵器」は言うまでもなく・・新しく安全で正気で人間的で地球にやさしい方法をじっくり考えやすくなってくるでしょう。

簡単に進化する方法はもっと早く手に入れることもできたのですが、人々が突然ひどい死に方をすると、大衆の目覚めが早まり、ハートが引き開けられるので、より高い周波数の感情エネルギーを感じる結果、ついに古い家父長的なやり方を手放さなくてはならないと熱望するようになるのです。

そしてもちろん、災害が起きるたびに、世界はその前日よりも借金をかさねることになり、それは大衆の思い込み・・金、金、$$$への強迫観念と中毒・・から目覚めさせるというもう一つの側面があるのです。多くの災害や世界的な事件に加えてあらゆるものをしょっちゅう取り替えたり修理したりする費用がかかると、やがて大衆はお金(と借金)は必要ないということ、借金はもう永久に手放していい、と気付くでしょう。

ただ行動する、ただ与える、ただ助ける、ただ供給する、ただ分け合う、それもすべて無料で・・なぜなら、それこそエネルギーが自由に絶え間なく流れる、オープンマインドのシステムだからです。

でも、それを実現するには、眠れる大衆がこの地球上で危険で怖いことを直接経験する必要があるのです、それも2010年から2011年にかけてです!そういうことによって、人々は古い家父長的な箱から出て物事を考えるようになり、周波数も上がり、人を助けたい、そして自分もいい気分になりたいという感情も湧いてくるのです。

五次元のプレアデス系家族で友達でもある人が昔「鍵はハートにあるよ」と言ったように。本当にそのとおりです。

Denise


:・’゜☆ . : * :・’゜☆ . ::・’゜☆ . : 

    ☆ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

2011.03.17 Thursday 19:49 | comments(0) | - | 

原発が心配です

天使の軍隊
【Guariento di Arpo 14c  天使の軍隊】

読者からのメールです。

 私は原発のことが心配で心配でたまりません。
マシュー君の言葉も読みましたが、本当に大丈夫でしょうか?
先ほど高濃度の放射能が放出したとのニュースがありました。
日本が心配です。 M子さん


リマ:霊視すると、原発の上に大きな明るい光が見えました。その光は原発全体をすっぽり覆っています。まるで、目に見えないシールドが掛けられているようです。


天使:大丈夫です。
たくさんんの宇宙存在や高次の存在が全力で守っています。

動揺すると、あなた方のネガティブなエネルギーが彼らの活動を阻止します。
心配しないでください。

「原発は安心だ。私たちは守られている」としっかり確信してください。

TVニュースからはネガティブなエネルギーが出ています。
長時間続けて見てはいけません。

常に愛と感謝の祈りを忘れないでください。


:・’゜☆ . : * :・’゜☆ . ::・’゜☆ . : 

    ☆ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

2011.03.15 Tuesday 22:59 | comments(8) | - | 
<< | 2 / 3 PAGES | >>