<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き」

母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き
母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き

おすすめ平均
stars主張がわかりにくい
stars愛情を感じないで育つと自己否定に苦しみます。
starsだけどその重さは人それぞれ
stars母親もかつて誰かの娘であった
stars母を捨てざるを得ないということ
Amazonで詳しく見る by G-Tools

信田さよ子さんの本を何冊か読みました。
女性の視点にたっているので、すごく共感できます。

この本では母と娘の関係について書いています。
母親たちは娘にいろいろな期待をかけてきました。そして、中高年になっても成人した娘を巧妙にコントロールして自分の思いを実現するのです。

実例をあげて、母親が娘をどのように思い通りにコントロールしているかを説明しています。
どこにでもいるような母と娘の関係が、実は依存と支配なのです。

いくつかのタイプに分けてあります。
解説を読むと、ああなるほどと思えます。

1.独裁者としての母と従者の娘
2.殉教者としての母と罪悪感にさいなまれる娘
3.同士としての母と絆から離脱不能な娘
4.騎手としての母と代理走者の娘
5.嫉妬する母と芽を摘まれる娘
6.スポンサーとしての母と自立を奪われる娘

このような母親があらわれた背景には、社会的構造としての母性信仰があるのです。それは日本が近代化して、戦争が起きたとき、経済成長期に母性愛が強調されたときでした。

母性愛がなぜ問題なのかというと、たとえば自己犠牲の場合、「あなたのためなのよ」「ママはどうでもいいの、あなたさえよければ」「あなたの幸せがママの幸せなの」となります。

自分を後回しにしてどうでもいいと考えることは、自分を空虚にすることである。空虚になるということは、何者でもなくなり、目の前にいる子どもにそのまま空気のように一体化することだ。のり移る、憑依する表現することもできるが、重要な点は、一体と感じているのはあくまでも母のほうであるということだ。

それは子どもの合意がなく一方的である。
そもそも親は子どもに自分と違う意志があるなどとは考えていないのだ。

子どもにとっては、あたかも母が自分に乗り移り憑依し、最後は自分を飲み込んでしまうように見えるだろう。
犠牲者・被害者である母は、絶えず「あなたのために」を唱え続け、子どもは自分のせいで母は被害を被ったのだと思いこんでしまう。母の自己犠牲的態度は、こうして子どもの根深く理由のない罪悪感を喚起する。

なぜ母は自己犠牲的なのか。「ママはどうでもいいの、あなたさえ幸せなら」という自己犠牲的発言の裏によどんでいる欲望の存在を明確にすること。そうすることでしか自分の欲望を実現することができなかったのである。

では、どのようにすれば、こんな母のがんじがらめの関係を脱出することができるのでしょうか。
娘に問題が起きると母親は娘をなんとかしなきゃとカウンセリングを受けにきます。

信田さんのカウンセリングでは、まずそんな母親には親子関係やカウンセリングの基本などの教育プログラムを受講させます。
その後、母親たちはグループカウンセリングに参加します。
子どもの問題で困っている母親たちのグループです。

このミーティンググループで話しているうちに、思いもかけなかった問題が浮かび出てくることがあります。それは父親(夫)の問題です。

こうして、子どもの問題だと思っていたことが、実は夫と妻の問題が根っこにあることがわかってくるのです。

ズバズバとはっきりした語り口が実に爽快です。
母娘関係を見直したい人におすすめです。 (^^)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
   電話リーディングのご案内

  
ランキングに参加中 
応援のクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 ←ぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

2010.05.06 Thursday 00:24 | comments(0) | - | 

インナーペアレンツ

 
「アダルト・チルドレン」完全理解
「アダルト・チルドレン」完全理解  信田さよ子

おすすめ平均
stars記憶のおもりを知る方法とは?
starsためになった
stars哲学書と勘違いしてるようである。
stars日本のアダルトチルドレン
starsピタっとくる

Amazonで詳しく見る by G-Tools


信田さよ子さんの著書「アダルト・チルドレン完全理解」を読んでいたら、実に興味深いことが書いてありました。

第六章 インナーペアレンツ 
(適当に要約してあります。) 

アメリカのAC(アダルト・チルドレン)と日本のACは性格や質が違います。

アメリカでは、親からの暴力や性的虐待が非常に多いのですが、日本の場合は共依存的な親との関係で、「あなたを愛しているわ、期待しているわ」という親の支配によって生み出されたACが多いのです。

いまだに自分の中に親が棲みついていて、愛情という言葉で私を縛っている、と言えます。

インナーペアレンツの定義

インナーチャイルドとは、心の傷(トラウマ)を負った内なる子どもを今の自分が癒す、というように使います。

自分の中に傷ついた子どもがいるとします。私が三歳ぐらいの子どもで、傷ついて泣き叫んでいますが、だれも癒してはくれません。だからそれに気づいて、いまの私がその三歳の子どもを癒してあげなければ、だれが癒してあげられるかという発想です。

それは男にとっても女にとっても言えることで、自分以外にだれが自分をかわいそうと嘆いて抱きしめてくれるのか。だから自分で自分を抱きしめようというように。

インナーチャイルドは私の中にいる三歳の私ですが、インナーペアレンツというのは、いま私の中にいる親のことです。

それが清算されていて、もう親が私の中にいなければ、もしくはおとなしく座っていればいいのですが、いまだに私の中にいて私を支配し、私の人生に関わりつづけていると苦しいのです。だから、いま私の中にいるインナーペアレンツを、つまりは私と親の関係を清算しましょうということです。

これは、心の中にいる親を、外に出してしまえということではなく、たとえでいうと、料理するということです。自分と親のストーリーを語ることで料理し、整理しなおしていくのです。

「内在する親との訣別」と言ったほうが、もっと個の確立への方向を示し、日本社会のベタベタを脱するきっかけになるのではないかと思います。

原因を除けばすべてが解決するでしょうか。
私は”親が原因”と言いたいのではありません。親を抹殺すれば解決するわけではありません。親との関係で苦しんできたのですから、親との関係を変えればいいのです。

今の自分をむりやりインナーチャイルドとして対象化せず、今ここに棲みついている親との関係を整理してゆくことのほうが現実的でしょう。

そして、親の人生と自分の人生の間に線を引けるようになることです。親もあれでよかった、私もこれでいいと思えるようになることがACの回復だと思います。

そのためには、グループカウンセリングなどで、思い出すままに自分の親のイメージや自分と親の関係を語っていきます。言語でストーリーとして語ることで、自分と親との関係が「言葉」になり、自分の外に出て行きます。感情も伴いますから、怒り、悲しみなどの感情も放出されていきます。

何度も何度も語ることで、”怪物のように大きな存在”だった親が縮んで小さくなっていきます。子どもは”怪物のように大きな親”が演ずるドラマの脇役だったのが、親のドラマの舞台から降りて、自分が主役のドラマを作り直し、親と訣別することができます。
これがインナーペアレンツの駆逐です。

親と訣別するといっても、親を捨てろということではありません。親が主役であるストーリーが変わって、そのドラマの舞台から降りるのです。

親と和解しなくてもいい、許さなくてもいい、憎んでもいいし、闘ってもいいし、折り合いをつけてもいいし、駆逐してもいい。自分が主人公になるには、親を「自分のストーリーの一登場人物」として整理できればいいのです。

ACが回復するとは、楽になればそれで良いのです。
摂食障害やアルコール依存症のように困った行動があれば、それがなくなることが回復だというのはわかりやすいです。
しかし、ACにはそれがないのです。
回復は親の清算で7割達成されます。


信田さんは日本人はもともと個の確立がはっきりしていないので、インナーチャイルドの問題に取りかかる前に、親から分離することが必要だと言っています。

親から受け継いだり押しつけられた考えに気づき、それを切り離して清算するのです。
それには、安心して話せる場所で何度も何度も、親との関係を話していくと、だんだん内容や親のイメージが変わってきて、初めは親が主人公だったストーリーが自分が主人公で親は脇役になってきます。
そうすると、気持ちが楽になってきます。

でも、安心して話せる場所なんてあるんでしょうか?
一人だけでぶつぶつ言っていても効果あるのでしょうか?

つづく

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
   電話リーディングのお知らせ

  
ランキングに参加中 
応援のクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 ←ぽちしてね。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

2010.04.22 Thursday 22:55 | comments(0) | - | 

共依存を癒すには インナーチャイルドを癒す

ディズニープリンセス
【ディズニープリンセス】

またまた「共依存かもしれない」からです。

共依存を癒すには、次のステップで自分を癒していきます。

A.インナーチャイルドを癒す
B.自己否定のゲームに打ち勝つ
C.自分の感情に向き合う
D.気持ちを伝える
E.信頼することを学ぶ
F.境界線を設ける
G.自分の人生を引き受ける


順番に簡単に説明していきます。

A.インナーチャイルドを癒す

親が子どもの要求にちゃんと応えられないと、子どもは本来の成長のチャンスを失います。子どもが成長しながら学ばなければならなかった重要な課題とは次のようなことです。

・自分の世話をしてくれる人を信頼すること。
・自分をとりまく未知の世界を安全に探検すること。
・自分の気持ちを満たす方法を知ること。
・自分を表現すること。
・自分はこの世界でたった一人しかいないと知ること。
・自分を肯定すること。

あなたの中のインナーチャイルドは、あなたが本当は何を欲し、何を必要とし、何を感じているかを知っている存在です。
しかし、共依存の人はずっとインナーチャイルドを無視して傷つけてきました。ありのままの自分を受け入れてもらえなかったので、真実の自己であるインナーチャイルドを受け入れられずに、自分の敵だと考えています。

インナーチャイルドを味方にすることが、共依存からの回復と、真の自分自身を見つけ出すことにつながります。

本来、インナーチャイルドとは次のような子どもです。

楽しさで満ちている。
喜びにあふれている。
愛に満ちている。
冒険家である。
のびのびしている。
創造的である。

いつもこんな気持ちで暮らせたらどんなに幸せでしょうか。
これから、インナーチャイルドと仲直りをしたいと思います。 (^ - ^) 

しかし、今まで心の奥底に閉じこめて無視したりいじめていたので、「これからは仲良くしようね。さあ、出ておいで」と言ってもなかなか出てきてくれません。

心の中で幼い頃の自分を呼び出して対話しながら、インチャのしたいことを一緒に体験していきましょう。
子育てを自分でやり直すのです。


・家族のアルバムをながめて、幼い頃の写真をながめ、当時のことを思い出します。
あなたは当時何を感じていたか。
何をするのが好きだったでしょう。

・目を閉じて幼い頃の自分を思い描いてみましょう。
思い出せる一番幼い自分です。
その子に呼びかけてみましょう。
「あなたをもっと知りたいの」
「私があなたを守るから出てきても安心だよ」
「あなたのことを愛しているよ」

・ノートに「私は〜を覚えています」と書いて文章を作りましょう。
思い出すかぎりどんどん書いていきます。

・インチャの姿を想像して、クレヨンで絵を描いてみましょう。

・インチャに当てて、手紙を書いてみましょう。
幼い自分にどんなことを言ってあげたいですか。

・今度はインチャからその手紙の返事をもらいましょう。
成長した今のあなたに何を言ってあげたいか、考えてみましょう。

もっとも大切なことは、よく話を聞いて、その存在を認めることです。
毎日、静かな時間を少しでもとって、インチャの声に耳を傾けましょう。

インチャと結びついて信頼を得れば、真実の自己と健康的な関係を築くチャンスがきたのです。
インチャと共に時間をすごし、すばらしいことをしてあげられます。
。.:*・゚゚・(´ー`).。*・゚゚・*:.。.

・ほめられたらじっくりと耳を傾ける。
・自分をすてきに見せる色を身につける。
・楽しむ。笑う。
・観たい映画を観る。
・抱きしめてくれるように友だちに頼む。
・夕食に出かける。

あなたのインチャを喜ばせることは、あなた自身が喜ぶことです。
罪悪感を感じないで、たくさんの楽しいことを見つけましょう。

私は昨日、ディズニープリンセスのカラフルなメモ帳と塗り絵を買ってきました。
ツタヤで「美女と野獣」のDVDを借りてきて、インチャと楽しみました。
お店の人は孫にあげるためだと思ったかもしれません。
そんな想像すると可笑しくなります。

でも、子どもに返って楽しむことはとても良い気持ちです。
ヽ(愛´∀`愛)ノ


つづく

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
   電話リーディングのお知らせ

  
ランキングに参加中
応援のクリックありがとうございます。
^0^v
精神世界 ←ぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。


 

2010.04.22 Thursday 09:49 | comments(0) | - | 

共依存をやめる決心をする。

ヴィーナスとマルス
 【ボチチェリ ヴィーナスとマルス】
(私がこんなに尽くしているのにといいたげに見えるヴィーナスの表情)

共依存の状態から健康な状態に変わるとどうなるのでしょうか。
わかりやすいように、「共依存かもしれない」から書き出してみます。

共依存の状態 → 健康な状態

現状維持 → 成長する
人の世話をやく → 人に関心を持つ
人を必要とする → 一緒にいることを選ぶ
自己嫌悪 → 自己愛
依存的 → 自主的
混乱している → 自分が感じていることがわかる
感情を押し殺す → 感じていることを言う
心を読む → たずねる
操る → 気持ちを伝える
憤慨する → ノーと言う
消極的 → 積極的
自分の力を手放す → 自分に力を与える
本当の自分をかくす → 本当の自分を伝える
人に踏みつけられる存在だ → 人との間に境界を設ける
否認していて不正直 → 現実に立ち向かう
偉そうに支配する → 寛容
恨む → 許す
柔軟性がない → 柔軟
自己否定感 → 自己肯定感
悩む → 決定する
非難する → 責任をとる
助けてもらうのを待つ → 責任を引き受ける


これを書きながら、以前の自分のことを思い出しました。( −ω−)

私は、グループで何かを決めるとき、自分からしたいことが言い出せなくて、誰かが言ってくれるのを待っていました。

いくつかの提案から一番自分の気に入った案に賛成するのですが、それは自分がすでに考えていたことでした。

そして、あとで陰でグチグチ文句を言って、実行するときは積極的に協力しようとしません。
頼まれると偉そうに渋々手伝います。


こんな人が友だちだったら、いやですね。 (;^_^ A

気むずかしくて、プライド高くて、おだてないと一緒にやってくれないのです。
そして、いつも陰で文句ばかり言って、ウジウジしています。
自分で決めることができず、他人を頼ってばかりいました。

過剰に人の世話を焼き、感謝してくれないと言って恨んだり怒ったりします。
自分の気持ちをはっきり言わず、それとなく態度で示して、わかってくれないと怒ります。

共依存の人と友だちになれるのは共依存の人だけです。
普通の健康な心の人は、うっとおしくていつの間にか去っていきます。

同じく、共依存の女性と恋愛する男性も、共依存であることが多いのです。
健全な男性は共依存の女性とは波長が違うので、一緒にいても楽しくないので、だんだん遠のいていきます。

いつも同じようなパターンの恋愛で失敗する人は共依存かもしれません。

早く共依存をやめて、本当の自分になりたいです。(^ - ^)

つづく

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
   電話リーディングのお知らせ

  
ランキングに参加中 
応援のクリックありがとうございます。
^0^v
精神世界 ←ぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

2010.04.17 Saturday 16:06 | comments(4) | - | 

共依存の人の特徴

ミランダと嵐 ウォーターハウス
【ウォーターハウス ミランダと嵐】

日本では昔から、女性は自分を殺して夫や家族に尽くすことが美徳とされてきました。
女三界に家なしと言われてきました。

女(おんな)三界(さんがい)に家なし
 〔補説〕 「三界」は仏語で、欲界・色界・無色界、つまり全世界のこと
女は三従といって、幼い時は親に従い、嫁に行っては夫に従い、老いては子に従わなければならないとされるから、一生の間、広い世界のどこにも安住の場所がない。女に定まる家なし。
 
偉人の母や妻の話が子ども向きの本や教科書にも取り上げられました。

しかし、現代ではこのような女性たちは共依存と言われてしまいます。
時代が変わると、女の鏡も評価が変わるようです。

アルコール依存症者や薬物依存症者のいる家族、家族として必要とする条件が整えられない家族のことを、機能不全家族と呼びます。

近親相姦やドメスティック・バイオレンス(家庭内暴力)、うつ状態の家族がいる、離婚により心が傷ついている、仕事中毒で家族を顧みない、家庭内別居であるなども機能不全家族です。

家族間で心が満たされない、求めても満たそうとしない、互いに感情をはぐくめない家族です。

彼らは自己否定感や怒り、深い悲しみを抱いています。
カウンセラーはこの人たちのコミュニケーション方法共依存行動と名付けたのです。

その後、多くの事例を研究した結果、依存症者がいなくても共依存行動をとる人がいることがわかりました。

深刻な問題がなくても、親が仕事に夢中だったり、子どもを無視すれば、子どもに共依存行動が生まれることがわかっています。

いつも殴っていなくても、しょっちゅう大声をあげていれば、子どもは共依存行動をします。

親が愛情を注いでいても、家族内でストレス状態が長く続くと共依存行動が生まれやすくなります。

こうしてみると、現代家族の多くは機能不全家族で、かなりの人は共依存だということになります。
問題となるのは、それが生きるのにどのくらい障害となっているかです。

以下に共依存の人の特徴をあげます
「共依存かもしれない」より

○自己否定感「自分は不十分な人間だ」

どんなに褒められても、自分がすぐれていると感じられません。自分はまだまだ不十分で、人間としても不十分だ。だから、本当の自分をかくそうとします。


○感情の否認「私はなにも感じていない」

自分の怒りや痛みから逃れるのに精一杯で、自分が感じていることを知ることができません。どんなときでも、笑みを浮かべ、無関心を装っています。
しかし、心の中にしまいこまれた痛みは消えることなく溜まっていきます。
そして、「こんなこと何でもないよ。なにもかもうまくいっている」と答えるのです。


○コミュニケーション不足「そのことはしゃべりたくない」

自分が感じていることや、望むこと、必要としていることに気が付きません。
また、気づいていても、自分の本当の気持ちを知ったら嫌われるかもしれないとおそれ、反対のことを言ってしまいます。
たいていは、自分の気持ちを表に出さず、察して欲しいと思っています。


○人と親密になりたくない
「もっと近くに来て、でもあっちに行って!」

傷つけられたり、見捨てられることを怖れているので、人と親しい関係を持つことがむずかしいのです。「いつも陽気で楽しい人間」の仮面の下に本当の自分を隠しています。子ども時代に信頼することは傷つけられることだと学んでしまったのです。


○人のために生きようとする
「誰かが私を愛してくれなければ私はいないも同じ」

自分の価値を他人からの感謝や評価で決めています。
愛情と同情の区別がつかず
、可愛そうだと思う人や助けてあげられる人と関係を作りたがります。


○無力感「がんばって何になるの?」

人のために生き、人からの評価ばかり求めていると、無力感を抱くようになります。
自分の生きる力や決定権を他人に渡してしまうと、自分が被害者のように感じるようになります。自分のやりたいことをするより、操り人形のように何をしたら良いか決めてもらいたくなります。


○モノや行動にのめりこむ
「まちがった方法で空虚感をうめようとする」

買い物や勉強、ギャンブルなど、外側にあるものにのめり込み、一時的に気分をよくしますが、効果はすぐに消えてしまいます。


○極端から極端へ走る
「いいときはすごくいいけど、ダメなときは全然ダメ」

人から認めてもらいたくてしゃかりきに頑張ったり、燃え尽きて何もできなくなったりします。気持ちや態度、信念を突然変えるので、他人も驚きますが、自分も困惑しています。外側にばかり焦点をあてているので、自分自身のことを知らないのです。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こうやって要約していると、うわあ、全部自分に当てはまるわ!と驚きました。(◎o◎)
今まで、自分に起きた問題はこれらの考え方にすべて起因していると思います。
何年もスピをやってきて、随分自分のことがわかってきたと思っていましたが、まだまだわかっていなかったのです。(>_<)
やっと、共依存について知り、今までの生きにくさの根本原因がわかりました。


つまるところ、共依存とは「関係性の病」なのです。人やモノや行動といった、自分の外側にあるものに、自己愛のかわりに強迫的にのめり込む関係を持つのです。

自分が何者であるかという確信にもとづいて行動するのではなく、人が自分をどう思うかにもとづいて生き、自分自身の要求に応えるのではなく、いつでも人の要求を満たそうとして行動します。

自分自身を愛するのではなく、人からの愛を求め、自分自身をコントロールするかわりに、他人の人生を操ったり、コントロールしようとします。

共依存という関係性の病を治すためには、生きる焦点を自分にあて、自分が何者であるかを見つける必要があります。

自分自身を愛し、自分の要求を満たし、自分の人生で起きたことに自分で責任をとるような生き方を学び直さなければならないのです。同書より


これから、生き方を学び治さなければならないとは大変だ〜!
一体どこから手をつけていったらいいのでしょう。(☆_☆)

しかし、私たちはもう小さな子どもではありません。
本も読めるし、字も書けます。
セミナーにも出かけられます。
何冊かの本を参考に、どうやったら失われた子ども時代の感情を取り戻せるか考えてみたいと思います。(^^)

つづく

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
  ぴかぴか 
ランキングに参加中ぴかぴか 
応援のクリックありがとうございます。
^0^v
精神世界 ←ぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。


2010.03.29 Monday 23:44 | comments(0) | - | 
<< | 2 / 3 PAGES | >>