<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『プリズム・オブ・リラ』7 アルクトゥルスの扉

銀河系宇宙

こんにちは〜HAPPYリマです。(*^-^*)
私がはまっていたブルース・モーエンの
死後探索の世界のことがこの章に書いてあって、驚きました。

ブルース・モーエン・メソッド
 

 

第七章 アルクトゥルスの扉

 

「おおいなるすべて」の一部が琴座のプリズムを通過して分裂したとき、一部の意識たちは非物質の状態奉仕することを選択した。
こうした非物質な奉仕は、アーキタイプ、天使、指導霊、インスピレーションなどの形で現れる。
奉仕を目指すこれらの意識たちは、アルクトゥルスの周辺に集まった。

この周辺には「時空の扉」、「時空の交差点」と呼ばれるところがある。
ここからは、ほぼ全ての銀河系の領域に通じていることがわかっている。
アルクトゥルスの意識たちは自分たちの使命は、様々な気づきのレベルで宇宙ファミリーたちの意識を援助することだと理解した。

その使命の一つは人間型の存在に対して理想像を示すことである。

彼らは個々人や社会の未来像を指し示す。


地球人類が非物質レベルまで進化したときの理想的な状態とは、アルクトゥルスの集合意識に近い状態になることである。

アルクトゥルスの意識は天使の姿で人間の前にしばしば現れる。
天使の役割の一つが人間への奉仕であるからである。
また、宇宙人やフューチャーセルフとして認識されることもある。


彼らは、真の愛に満ちた存在であり、肉体的な存在、ひいては大いなるすべてに献身する者たちである。

アルクトゥルスの意識は、人間型生命体だけでなく、鉱物、植物、動物王国の意識エネルギーたちから成るデヴァ界とも交流している。
アルクトゥルスの意識が肉体を持つ存在に対して行う主要な奉仕は、感情の癒しである。
地球上で極度の苦痛を伴う死を経験した人間の魂は、この領域内に置いて癒され、生気が与えられる。
アルクトゥルスと地球は「次元の扉」で結ばれているため、地球に誕生する魂は必ずアルクトゥルスの領域を通過することで癒しを受け、新しい人生の選択や願望が強化される。


アルクトゥルスのエネルギーは、幼児期や成人になってから受けた性的虐待を始めとする性的な苦痛の癒しに特に功を奏する。
またこの種の苦痛の癒しには、シリウスとアルクトゥルスの複合治療エネルギーが大きな効力を発揮する。

鯨類、特にイルカが、シリウスとアルクトゥルスの複合治療エネルギーの媒体となる。

死後、人の意識はアルクトゥルスの領域を通過する。
ここで意識は手厚く介護される。
苦痛を伴った死を経験した魂には大いなる癒しと深い愛が与えられ、来世への移行が進むように援助される。

臨死体験で人が見るトンネルの出口の光は、アルクトゥルスの波動を示している。
アルクトゥルスの波動は主に第6波動レベルにあるため、よくキリストやブッダの波動として完治される。
人の意識は、死後、アルクトゥルスとほぼ同等の波動帯にある自己のハイヤーセルフに回帰すると言える。
そして、ここで癒しが起こるのである。


アルクトゥルスの波動ほど完璧に人間の魂を癒し、手厚く介護し、生気を与えてくれるものはない。

アルクトゥルスの波動は、創造性の波動でもある。
創造行為に関わるとき、人は多いなる創造主のエネルギーと一体となる。

 

アルクトゥルスは単なる星以上の存在である。
我々一人一人の内にある創造、癒し、そして進化の波動である。

円盤型のレンズ雲の形は空飛ぶ円盤に似ているが、これは地球の大気がアルクトゥルスのエネルギーを読み取り、その結果としてできるものである。

 

アルクトゥルスの進化的特質の別の側面を反映する、いわば対の片割れとも言うべき領域がある。

それはアンタレスと呼ばれる領域である。

次元の扉、次元の交差点には、アンタレスとアルクトゥルスとを結ぶ点があり、これが次元の扉における一つの主要なエネルギー点となっている。
またアンタレスは、銀河系宇宙の領域とアンドロメダ銀河と結ぶ次元の接点でもある。

 

アルクトゥルスとシリウスは常に連携関係にある。
アルクトゥルスが感情への癒しを行う一方、シリウスは肉体への癒しを与える。
古代エジプト人は、こうしたアルクトゥルスとシリウスの関係を理解しており、これらのエネルギーを呼んで儀式に参加させていた。
アヌビス神(冥界の神)はシリウスの直接的なアーキタイプである。

オリオンが人類の二極性や葛藤を象徴するのに対し、
アルクトゥルスは統合を象徴している。
マーリンと呼ばれるアーキタイプはその架け橋として位置づけられる。

アルクトゥルスの意識たちは、レムリアと呼ばれた太古の文明と交流し、治療技術を教えた。

レムリア人が地球上の各地に移住した時、彼らはこうした記憶を携えて行った。

 

自分の内に目を向ければ、そこに必ずアルクトゥルスのエネルギーを見出すことができる。

アルクトゥルスの意識は、人類が到達しうる最高の理想を表している。
真の故郷は心の内にある。
そして、この心こそ、アルクトゥルスへと至る道である。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

リマ:びっくりしました。
ここに書いてあることは、ヘミシンクの
Focus27の光景にそっくりです。
F27 には非物質な存在がたくさんいて、死んだ人たちを受け入れ癒し、生まれ変わる準備を手伝ってくれます。
F27 は
アルクトゥルスの意識領域だったのですね。
あそこのガイドやヘルパーたちは、アルクトゥルスの意識存在だった!

天使ハイヤーセルフとかも!
 

な〜んだ、結構身近にいるんじゃん。
安心しました〜
(´∀`)

 

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HPアイコン

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←応援のぽちお願いします。

 

2016.10.30 Sunday 14:52 | comments(0) | - | 

『プリズム・オブ・リラ』6 プレアデス星人 地球人の同胞

プレアデス星人

【プレアデス星人とされる画像】

 

ひさしぶりに『プリズム・オブ・リラ』の続きを更新しました。
簡単な覚え書きメモです。

 

第六章 プレアデス星人 地球人の同胞

 

琴座文明は女性性(内的統合)と男性性(支配)の考えに二極化して軋轢が生じた。
そこから逃れて新たな新天地を求める集団がついに見つけた若い惑星が地球であった。


最初の琴座星人は数世代にわたって進化過程の土着の霊長類と平和に共存していた。

次に琴座から別の集団が地球にやってきた。
両者の間に再び軋轢が生じ、最初の琴座星人たちが新しい移住先として選んだのが、青く輝く若い星団、プレアデス星団(すばる)だった。

 

彼らが望んだのは「調和」「真理」「無条件の愛」を基礎とする文明の構築だった。
しかし何世代もの間、平和と静寂に愛着しすぎて、ネガティブを拒絶したために言いようのない虚無感に襲われるようになった。

その間、いろいろな戦いがあったが、オリオンの紛争解決に情熱を燃やしたりもした。


やがて、プレアデス星人のDNAを地球霊長類に組み込み、新しい人間型種族を作ることとなった。

プレアデス星人は、こうして誕生する地球人種に血統的に最も近い関係になることから地球人の発展に関与することを許されることになった。
プレアデス星人は地球人の発展を観察し、彼らが所定の道を踏み外さないように時おり接触する一方で、地球人のネガティビティーについて学ぶ機会を得た。

 

こうしてプレアデス星人は、何千年もの年月を通して、地球上に存在するおよそ全ての未開文明と交渉を持つことになった。
宇宙人や宇宙船を描いた洞窟壁画や、空からやってきた神々について記した古代文献が、数多く残されているのはこのためである。
神々と言っても、当時のプレアデス星人は、現在の人類となんら変わるところのない存在であった。
しかし当時の未開民族の目には、確かに彼らは神々のように映ったに違いない。

 

20世紀に入ると、地球は様々な時間軸上に存在するプレアデス人の接触を同時に受けるようになっている。
地球人とプレアデス星人の接触は現在に至るまで断続的に続いてきたが、最近はかつての時代よりも、コンタクトの頻度が減少してきた。


大半のプレアデス星人は、もはや地球人を「子供」とは見なしておらず、地球人に独自の選択を下させようとしている。

プレアデス星人は善意に根ざした肉体レベルのコンタクトを地球人に対して開始した最初の宇宙種族である。

 

スイス人のビリー・マイヤーは、セムヤーゼというプレアデス星人の宇宙飛行士との数百時間に及ぶコンタクト記録を残している。
また、プレアデスの宇宙船を写した膨大な枚数の写真を所有している。

 

1980年から82年の間に、地球人の集合意識に大転換が起こった。

 

現在のプレアデス星人と地球人のコンタクト(肉体レベルとテレパシー)はかつてのコンタクトと性質を異にしている。
彼らは、プレアデス星人の苦悩に満ちた過去の歴史について、また、かつてなぜ彼らが地球人と接触する際に、特定の戦術をとる必要があったのかなどについて素直に述べている。

 

プレアデス星人は、地球人が地球レベルだけでなく、銀河系宇宙レベルの視野も持てるように、あらゆる手段を講じて地球人を援助している。

現在プレアデス星人ある理由があって、あえて地球人と一過性のコンタクトしかしていない。

彼らは何千年にわたり、地球人を危険から守ったり、まるで親のように地球の出来事に介入してきた。

 

今後もプレアデス星人と地球人とのコンタクトが続くのだろうか。
プレアデス星人ほど地球人と酷似した外観を持つ宇宙人はいない。
このため、彼らこそが友人として交流できる最初の宇宙人となっても不思議はない。

 

しかし、地球人がいかに宇宙の兄弟たちとの出会いを望んだとしても、地球人が自分たちの地上の同胞を受け入れないかぎり、プレアデス星人たちは地球人との公的なコンタクトを始動しないと強調している。

 

全ては人類の手に委ねられている。
人類こそが、それを決定すべき存在である。
果たして人類は真実を過去を知ることへの恐れをぬぐい去り、宇宙の同胞達が差し伸べる手に触れることができるのだろうか。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

リマ:プレアデス星人と地球人は親子のような関係だったのですね。
プレアデス星人が
DNAを操作して、地球人類の進化を促したのです。
また、
ギリシア神話や他の神話に出てくる嫉妬深い神や不倫や裏切りをする神もプレアデス星人だそうです。
いろいろなサイトでプレアデスのことが書かれていますが、
プレアデス星人がみんな愛と善意に満ちているわけでもなさそうです。
地球人に善人も犯罪人もいるように、どの星にもいろいろいるのです。

 

つづく

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HPアイコン

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←応援のぽちお願いします。

 

2016.10.25 Tuesday 16:58 | comments(0) | - | 

『プリズム・オブ・リラ』5 オリオンの風

オリオン大星雲

【オリオン大星雲 (M42)】


『プリズム・オブ・リラ』もやっと第五章まできました。
銀河系の長い長い歴史がとても短く紹介されています。
地球時間にしたら何兆年なのでしょうか?

 

第五章 オリオンの風

 

あなたは、プレアデスの鎖を結ぶことができるか。
オリオンの綱を解くことができるか。
旧約聖書「ヨブ記」

 

琴座での争いは、世代を重ねるうちに、とうとうオリオンにも飛び火した。
オリオンでは、陰陽両陣営の考え方は極端だった。

ネガティブ陣営は極端な自己中心主義にに凝り固まっていて、その時代は暗黒時代だった。

黒魔術が当たり前に行われ、恐怖が支配していた。
我々地球人の剣や魔術の伝説は、オリオンの暗黒時代のかすかな記憶に由来している。

 

一方、ポジティブ陣営は、他者への奉仕、自己犠牲に徹していた。
この時代は、熾烈な争いが展開されていたが、高度な技術を発展させた数少ない文明の一つだった。
オリオン文明に生きた魂たちは、ネガティブとポジティブと代わる代わる転生して、陰陽のバランスを取る方法を学んでいった。

 

この時代は、地下抵抗組織「ブラック・リーグ」が存在し、シンボルは「黒い龍」だった。

オリオン帝国に徹底的に抑圧され絶望した人々の中には、霊的師匠について、意識の次元旅行の方法を学び、オリオンから脱出することができた。(このとき肉体は死ぬ)

 

「帝国」側はアストラル体のコントロールも出来たので、死すらも魂の解放ではなくなっていたのだった。

彼らは地球の輪廻転生のサイクルに入ることができた。
彼らは無意識のうちに再びオリオンから持ち越された葛藤のドラマを演じるようになった。

脱出者を追ってきた帝国の追っ手も、地球の輪廻転生のサイクルに囚われて地球人として生まれ変わるようになった。

 

アトランティス文明ローマ帝国の衰亡、今も進行中の宗教的争いは、オリオンの記憶パターンが現れてきた結果である。

「犠牲者」「加害者」「レジスタンス」という旧来の三者間ドラマを演じ続けている。
しかし、オリオン文明では、すでに平和を目指す種族が現れて、戦いの傷跡を癒し終えている。

地球では、現在もオリオン文明の過去のドラマが演じられているのである。
黒服の男たちイルミナティなどは、オリオン帝国の過去のエネルギーの反映である。
(シリウスなどの影響もある)

 

地球は、オリオンほど醜悪で悲惨な状況ではない。
現在、地球は重要な段階にさしかかりつつある。
これは何百万もの魂たちが、大いなる霊的な目的を悟る段階である。
人類が目覚めれば、必ずや「大いなるすべて」と「自己」に対する責務を果たすことが可能になるだろう。

 

マーリン」として知られる意識、オリオンのドラマの両極間の摩擦がこの眠れる魔術師を呼び起こした。
マーリンの意識は、物理的および非物理的なレベルの統合の導き手となった。
マーリンの意識の断片たちは、さまざまな名前で呼ばれ、地球に転生してきた。
それは、常に我々の心の内なる美醜を映し出す鏡の役割を果たしてきた。

地球に転生する魂のほとんどは、程度の差こそあれ、このオリオンのドラマに参加している。

これらのドラマは成功裏に終わることを前提として展開されている。

 

〜〜〜〜〜〜〜

 

リマ:うんとはしょってオリオンの部分を紹介しました。
詳しく知りたい方は、この本や、これ以外のリサさんの本をお勧めします。

スターウオーズは、オリオンのことがモデルだそうです。

しかし、この本にあるように霊的にも支配されるのは超コワイ話です。
その地獄のようなオリオンから逃れた魂が地球で転生しながら、争っているのですね。
それも、近々終わりに近づいてきたようです。
それは一人一人の
自覚にかかっているのです。
そのことについては、「第八章 地球人種の創造」に書かれています。

 

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HPアイコン

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←応援のぽちお願いします。

 

2016.10.03 Monday 15:00 | comments(0) | - | 

『プリズム・オブ・リラ』4 シリウスの役割

冬の大三角形

【おおいぬ座のシリウスとオリオン座のベテルギウス、こいぬ座プロキオンは冬の夜の大三角形を作っています。】

 

第四章 シリウスの役割

 

琴座のプリズムを通過した意識が「創造の礎たち」となり、さらに分裂した意識たちが探索を試みた領域の一つがシリウスだった。

シリウスは実は三つの恒星からなり、統合の三角形を象徴している。
(現代天文学ではシリウスは2重恒星と考えられています。
シリウスは地球から見える最も近い恒星で、夜空で最も明るく輝いています。)

 

シリウス星人は遺伝子工学と、エーテルレベルにおけるエネルギー操作の先駆者となった。

非物質な存在のシリウス星人は、エネルギーを物質に変換して、第三波動レベルの世界を創造した。
同時に非物質的な複数の世界も創造した。
彼らは「シリウスの長老たち」として知られている。

 

彼らは支配欲的な物質文明を築いていった。
そして、ある惑星の土着の霊長類の肉体に転生し始めた。
(地球のことではありません。)

肉体を持ったシリウス星人は、もともと自分たちがベガ星人だったことをすっかり忘れてしまった。

 

一方、ポジティブ思考の癒しのエネルギーを持つ琴座からの意識集団と、ネガティブ思考のシリウス星人の間で紛争が起きた。

彼らはそれぞれの立場から、舞台をオリオンに移すことにした。
こうして、銀河系宇宙の壮大な歴史が始まった。

肉体の治療を目指すポジティブシリウス星人と、感情の治療を目指すアルクトゥルスは互いに協力することになった。

また、ポジティブシリウス星人の中には、地球に肉体を持って転生するものがあった。
彼らは、人間ではなくクジライルカの肉体を選んだ。

古代エジプトの神々、イシス、オシリス、アヌビスなどはシリウス星人の化身であった。
また、古代マヤ文明もシリウス星人から文化や技術を教えてもらった。
水晶ドクロもシリウス星人が残した物である。


黒魔術」「暗黒の秘儀」と呼ばれるものはネガティブ志向のシリウス文明の哲学が起源である。
イルミナティはややネガティブ志向のシリウス星人の影響を受けたものだ。
古代シュメールの粘土板を見ると、シリウスからさまざまなグループが地球にやって来たことがわかる。


太古のシリウス星人は遺伝子工学にたけていて、初期の地球人のDNAに、ある遺伝情報を組み込んだ。

それはまだ休眠中だが、地球人全体の波動がある特定のレベルに達すると、引き金が引かれて起動する。
それは、人類が宇宙起源に関する記憶を思い出すことを助ける。
ネガティブなシリウス星人はそれが実現することを非常に恐れている。

イルミナティには、オリオン星人や他の宇宙からの影響もある。
多くのシリウス星人は、地球人の味方であり、心強い支援者である。

 

つづく

 

リマ:シリウスはこんなにも地球と密接に関わっていたのですね。
太陽系から最も近い恒星系ですので、往来も頻繁だったのでしょう。
シリウス文明と言ってもひとつではなく、多次元に多くの集団があったようです。
古代エジプト文明、古代マヤ文明、古代シュメール文明など多くの文明に影響を与えました。

 

まだ、思い出せていませんが、私もシリウスに深く関わっていたようです。

ただ、ただ、すごい話だなあ〜と驚くばかりです。

\( @o@;)/

 

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン


ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←応援のぽちお願いします。

 

2016.09.19 Monday 09:15 | comments(0) | - | 

『プリズム・オブ・リラ』3 琴座 人間型生命発祥の地

夏の大三角形

【琴座はギリシア神話の竪琴の形(リラ)です。夏の夜の大三角形】

 

第三章 琴座 人間型生命発祥の地

 

 前回出てきた「創造の礎たち(いしずえ)」はエネルギー的に見ると深い叡智と太古の記憶をたたえる二つの大きな目を持つ繊細な手足の背の高い昆虫のようです。
彼らが琴座のいくつかの惑星に人間型生命体(ヒューマノイド)を作りました。
これらは炭素をベースとした環境で発生しました。
何世代にもわたってのDNAの改良が、人間型生命体が第三波動レベルになるまで、続けられました。

 

やがて、琴座ではさまざまな文明が起きて発達してきました。
宇宙旅行の技術を持ち、惑星間の文化交流も始まりましたが、次第に二極化していきました。
中でも、恒星ベガはとても好戦的でとうとう戦争が起こるようになりました。


そのため、陽性の琴座文明と陰性のベガを統合するために、アペックスという惑星に第三の文明が生まれ、複雑なドラマが展開されることになりました。
アペックスは、琴座とベガの両方の特徴を持ちましたが、平和的に共存できず、とうとう核戦争により滅亡してしまいました。

 

人間型生命体の遺伝子はほとんどが琴座起源です。
地球人類のエーテル体にその当時の記憶が残っているのです。

 

つづく

 

リマ:そんな遙かな昔のことがわかっちゃうのですね。
宇宙の歴史の長さから見ると、人間の歴史の短さが悲しいほどです。
琴座で起きた
戦争の記憶が、未だに人類の遺伝子に残っていて影響があるというのも衝撃的です。

 

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン


ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←応援のぽちお願いします。

 

2016.09.18 Sunday 15:27 | comments(0) | - | 
<< | 2 / 3 PAGES | >>