<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

霊界映画『奇蹟の輝き 』



『奇蹟の輝き』
アメリカ 1998年 ‧ 1時間 56分

愛の強さを描いた人間ドラマ。
天国の世界を油絵タッチのCGで表現し、話題を呼んだ。
VFXを担当したのはデジタル・ドメインとPacific Ocean Post。
この作品は
アカデミー視覚効果賞を受賞した。 ウィキペディア

初公開: 1998年9月28日
監督: ヴィンセント・ウォード
原作者: リチャード・マシスン
音楽: マイケル・ケイメン
原作: 奇蹟の輝き

  
医師のクリス(ロビン・ウィリアムス)は愛する子どもを亡くして悲嘆に暮れていたところ、自分も事故で命を亡くして天国へ。

しかし、地上に遺してきた
愛妻アニー(アナベル・シオラ)が悲しみのあまり自殺して地獄に墜ちてしまったことを知った彼は、妻を救出しに地獄へと向かう…。

油絵タッチを巧みに活かした
天国のCG描写など技術的にも観るべきところは多いが、あくまでも夫婦愛に焦点を絞った展開が潔くもハートフルでよい。

監督は『ビジル』『心の地図』などニュージーランド映画界の俊英ヴィンセント・ウォード。(的田也寸志) Amazonレビューより


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最近、死後世界にどっぷりの私です。(^▽^)

以前探したときは、ツタヤで見つかりませんでした。

今度、知人に教えられて、YouTubeのレンタル(日本語吹き替え版 300円)で見ることができました。
電子書籍のように購入ボタンを押して、クレジットかペイパルで支払えば、すぐに見られて楽ちんでした〜

ストーリーも映像も大満足♪
ロビン・ウィリアムスの演技も良かったです。

こういう映画は終わりが大事ですね〜
ネタバレになるから見てのお楽しみ。

霊界の仕組みがわかりやすくて、為になります。
ブルース・モーエンもお勧めの映画です。

奇蹟の輝き (日本語吹替版) - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=3GPFQJcykAg

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内

 詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

 
2016.04.19 Tuesday 22:02 | comments(0) | - | 

映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』を観ました。


【『黄金のアデーレ』予告編】

 大阪で時間つぶしに観た映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』がとても良かったです。
行方不明になった名画の数奇な運命を扱った作品はいくつもありますが、この映画もトップクラスだと思います。

クリムトの名画『黄金のアデーレ』にまつわる実話の映画化です。
正式名称は『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I』グスタフ・クリムト画、1907年です。

クリムトの絵は前から好きだったので、絶対観たいと思っていました。

花 花 花 

舞台は、1998年。
82歳の女性(ヘレン・ミレン)が、第二次世界大戦下でナチスに奪われたクリムトが描いた伯母の肖像画返還を求めた真実の物語。

彼女は、あの略奪から30年あまり、大切な家族を取り戻すべく母国オーストリアを訴えたのだ。

実際にこの女性とともに裁判に立ち向かった弁護士のランディ・シェーンベルク本人は、映画を観て「本当に僕らが経験したものが描かれた作品だった。だからすごく満足しているよ」と太鼓判を押す。

主人公となるマリアが若きころ、ユダヤ人迫害が高まる中、医者の診断を受けるフリをして逃亡する場面や、最高裁の裁判が終わった後にある記者から「僕は記者として35年仕事してきたけど、君たちが勝つチャンスはまるでない」と言われたことなど、「内容があまりに劇的だから、本当にこんなこと起こったのだろうか? と思う人がいるかもしれないけど、でも、本当に起きたんだ」と明かしている。

本作完成前に、マリア本人は残念ながら他界してしまったが、劇中には確実にマリアの驚くべき人生が収められており、クリムトの名画と1人の女性が辿った数奇な運命が描かれている。

引用先
http://www.cinemacafe.net/article/2015/11/11/35587.html

花 花 花 

伯母のアデーレの物憂い雰囲気、きらめく黄金の輝き、裕福で幸せなユダヤ人一家を襲ったナチスの迫害

どんなに幸せでも、あっという間にどん底に転落することもある世の中のはかなさ、家族との愛や絆についても感じさせられました。

映画の場面がはなやかで美しいし、女主人公マリアの毅然とした美しさ、強さも見所です。両親や兄弟、友人を収容所で殺され、無一文でアメリカに脱出したマリア夫婦。

忌まわしい過去の記憶を思い出したくないと、最初はウィーンに行くことを拒否していましたが、思い切って行ったウィーンでの滞在中に心が癒されていく様子も良かったです。

甥の若手弁護士シェーンベルクがユダヤ人である自分のルーツを知って衝撃を受けているところも感動しました。

現在、この絵は、アメリカ・ニューヨークのノイエギャラリーに展示されています。
一度見に行きたいです。

久し振りに満足した私好みの映画でした。
.。.:*・゚゚・(´ー`).。*・゚゚・*:.。.。。


☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内

 詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

 
2015.12.11 Friday 11:03 | comments(0) | - | 

映画『アントマン』と私の前世



映画『アントマン』見てきました。
別の映画を見るつもりでしたが、時間が合わなくて『アントマン』にしました。

全然期待していなかったのですが、いやあ〜面白かったです。(^▽^)

超くだらなくて、おかしくて、
家族で楽しめる映画でした。
原作はアメリカの人気コミックです。

なぜか、こういった映画のパパは現実社会では無能ですが、ヒーローになると俄然格好良くなりますね。

アントマン1
【アントマンポスター】

ストーリー

やる気も能力もあるのに、なぜか空回りばかりの
スコットは、仕事も家庭も失い絶体絶命…。
彼にオファーされた最後にして唯一の“仕事”は、身長わずか1.5cmになれる驚異の“スーツ”を着用し、想像を絶する特殊能力を持つ
“アントマン”となることだった。
最愛の娘のために猛特訓を開始した彼は、本当のヒーローとなり、人生のセカンド・チャンスをつかむことができるのか?
そして、アントマンに託された
決死のミッションとは…?


アントマン2
【羽アリに乗り空を飛ぶアントマン】

ダメ男のスコットがやむにやまれず、身体を小さくする特殊スーツを着て“アントマン”になるところから笑えます。
そして、ピム博士の娘ホープから特訓を受けて、アリ軍団を自由自在に操るようになるのです。

アントマン4
【なぜか、ファルコンと闘うことに】

アントマンはなかなかカッコ良いです。
羽アリに乗って空を飛ぶシーンや、ファルコンと闘う場面ではワクワクしました。
さまざまな種類のアリの特性を利用して、どんなところにも侵入できます。
娘のおもちゃの上で、悪役のイエロースーツと闘う場面も楽しいです。

アントマン3
【悪役イエロースーツ】

ここまで書いて、私はなぜアントマンに惹かれるのだろう?と思いました。
実は、私は古代中国虫使いだったのです。

この話は別の機会にしたいと思いますが、人生の重要な場面でよく虫が出てきます。
そして、去年のブルース・モーエンのワークでも、出会ったのが昆虫型宇宙人でした。

上からも、虫との関係についてよく見るようにというメッセージが来ています。

その前に、ランキングにクリックお願いします。heart

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

アントマン公式サイト

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内

 詳細はこちら
ハロウィン
 
2015.09.21 Monday 08:32 | comments(0) | - | 

DVD「ザ・ホスト 美しき侵略者」


 

お正月にツタヤで借りました。
あまり期待していなかったのですが、良かったです。
思いがけず得した感じの良い映画でした。

ザ・ホスト 美しき侵略者
2013年 アメリカ
http://eiga.com/movie/78535/

解説
全米で大ヒットを記録した「トワイライト」シリーズのステファニー・メイヤーによる小説を、「TIME タイム」「ガタカ」のアンドリュー・ニコル監督、「ラブリーボーン」「ハンナ」の
シアーシャ・ローナン主演で映画化。

戦争も飢餓もなくなった近未来の地球に対し
、「ソウル」と呼ばれる地球外知的生命体が侵略を開始する。

ソウルは人間に寄生して宿主の意識を奪っていき、逃げ延びたわずかな人類は、逆襲の機会をうかがいながら地球の片隅で生きながらえていた。

そんな人類の生き残りのひとりである
少女メラニーは、ある日ソウルに寄生されてしまうが、消えたはずの意識がよみがえり、ひとつの体に人類とソウルの2つの魂を宿した存在となる。

ソウルと滅亡の危機を迎えた人類との戦いが続く中、両者の魂を宿すメラニーはある決断を下す。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

host
【メラニーとワンダに惹かれる青年達】

宇宙人侵略ものですが、今までの映画とはちょっと違います。
派手なアクションやハラハラドキドキはありません。

寄生宇宙人はよくあるテーマですが、よく考えたら私たち魂だって地球人間に寄生しているようなものですよね。
これからの未来は、みんなで共存、共生が大切なのかもしれません。

こういう映画が作られたのも、宇宙からの意志を感じます。
もう、暴力的な宇宙人映画は古い考えになるのでしょうね。

メラニー/ワンダ役(一人二役)のシアーシャ・ローナンが美しいです。

☆ . ::・’゜☆ . :
個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内

 詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

2015.01.03 Saturday 13:43 | comments(0) | - | 

映画『LUCY/ルーシー』を観ました。

ルーシー4
【『LUCY/ルーシー』ポスター】

 話題の映画『LUCY/ルーシー』を観てきました。
この頃、映画やDVDにはまっています。
しばらく観ていなかったからでしょうか。

ルーシー3
【普通のこわがりの女性だったのに】

あらすじ

 ごく普通の生活を送っていた女性ルーシー
ある日、マフィアの闇取引に巻き込まれてしまい、そこで起こったアクシデントによって彼女の脳は異変をきたす。
「人類の脳は10%しか機能していない」と言われるが、ルーシーの脳は覚醒し、次々と人智を超えた能力を発揮し始める。
脳科学者ノーマン博士は彼女の脳の可能性を信じ、落ち合う約束をする。

一方、マフィアは行方をくらませたルーシーを巨大な組織全体で追い詰めていく。
マフィアの裏をかき、博士の元へ向かうルーシーは次第に人間性を失い、自分自身でさえもコントロール不能な暴走状態へと陥ってしまう。
覚醒の勢いは誰にも止めることはできない――彼女の存在は、人類を破滅に導くのか、それとも、救いとなるのか。

公式サイトより

ルーシー2
【メチャメチャ強くなりました】

面白かったです。o(^o^)o

気の弱い女性ルーシーが、だまされてマフィアのアジトに連れ込まれ、ハラハラドキドキの出来事の後、どんどん脳が覚醒して、頭の回転の早い強い女性に大変身していきます。

科学的根拠は考えずにスピーディなアクションやルーシーの大活躍を楽しむのが一番だと思います。

ルーシー役のスカーレット・ヨハンセンが魅力的でかっこ良かったです。



「人間は脳の1割ほどしか有効に使っていない」
という俗説があるが、これはグリア細胞の機能がよくわかっていなかった時代に、働いている細胞は神経細胞だけという思い込みから広まったものと言われる。

最近では脳の大部分は有効的に活用されており、脳の一部分が破損など何らかの機能的障害となる要因が発生した場合にあまり使われていない部分は代替的または補助的に活用されている可能性があると考えられている。

ウィキペディア「脳」より引用


ルーシー1
【携帯の電磁波が読めるように】

 もし、脳が10%から100%に短期間で機能するようになったら、どうなっちゃうのでしょうか?
人格が壊れちゃうのじゃないかしら?
それに、脳はとてもカロリーを消費するので、食べるのに忙しくてアクションするヒマがないとか、身体がついていけないとかのような気がします。
(現実的で夢がないなぁ〜)

映画の中では、脳が覚醒してゆくに連れ、こんな能力が現れるという設定になっています。

10% ごく普通の能力
20% 1時間で外国語をマスターできる(中国語を覚えた)
30% 自分の細胞をコントロールできる(髪の色や長さ、顔まで変えたり・・)
40% 目に見えないものが見える(電磁波、遠隔透視、土地の中を流れるエネルギー、電気製品のコントロールなど)
50% 自分自身の制御が困難になり、人間性が失われていく
60% 人間は脳を半分以上使うと○○や○○まで出来るようになるのか


100% もはや、制御不能のとんでもない状態に!

サイキックな人なら、今でも出来そうなことも・・・
こういうテーマは以前からアニメではよくありましたね。

 それでも、脳科学者ノーマン教授の講義とルーシーの変化が交互に映し出されて、途中に挟まれる自然界の映像やコンピューターグラフィックも美しくて、まるでドキュメンタリーのようでした。

監督の言いたいことも大体わかります。

・疑問:脳の機能が100%全開することを覚醒というのかしら?
肉体脳が100%機能することが覚醒とはいえない気がします。
覚醒とは意識の状態だと思います。

・覚醒の途中で様々な超能力が現れるのは納得ですが、その辺の本人の驚きや葛藤を見たかったです。
100%より、30%とか50%くらいの方が周りの人との関係性が面白いのにと思います。

ベンソン監督は、脳が全開すれば何でも出来て、全ての情報にアクセスできると考えているようです。

私は、情報は、アカシックレコードとかステートスペシフィックメモリーに保存されているので、脳はその記憶にアクセスするために送受信機だと思います。

ただ、脳機能が発達するだけでは難しいんじゃないのかな〜?
監督の考えをよく聞いてみたいですね。

脳の機能が100%発達した先に何があるのか?

最初の類人猿の化石ルーシーというのが、主人公の名前のヒントのようです。

しかし、脳が発達したのに、ますます戦争や犯罪が増えています。
果たして、人間の脳の発達が地球や人類のためになるのでしょうか?

最近、意識をテーマにした作品が多いのも、人類の意識の転換点なのでしょうね。

いろいろ考えさせる映画でした。
(^−^)

映画『LUCY/ルーシー』公式HP:予告編有り
http://lucymovie.jp/

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内
 
詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

2014.09.11 Thursday 07:50 | comments(0) | - | 
<< | 2 / 13 PAGES | >>