<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ラマナ・マハルシ『私は誰か?』はじめに

マハルシ2

【ラマナ・マハルシ】

『私は誰か?』pdfは、ある税務署職員がラマナ・マハルシに尋ねた問答集です。


1902年、シュリー・シヴァプラカーシャム・ピライが、アルナーチャラの丘の洞窟にこもっていたマハルシに霊的な指導真我探求の疑問に対する解答を求めました。

以下、「はじめに」をもっと簡単にまとめてみました。

簡単そうですが、奥が深いです。 (´∀`)


マスターゲート氏の教え一切唯心造と通じるものがありますね。

〜〜〜〜〜〜〜〜

はじめに

当時のマハルシは語ろうという衝動が起きなかった。
それゆえ、バガヴァーン(マハルシ)は答えを指で砂の上に書き、それを手でかき消すと、また次の答えを指で書いた。

シュリー・ピライは、全部で十三あった問答を記憶し、それを紙に書きとどめた。
この記録は後に出版された。
この本は版を重ね、二十八の問答が収録された。

その後バガヴァーンは自分自身でこの質疑応答集の中の質問や答えの文章を練り直し、いくつかを削除して、散文体に書き直した。

現存する英訳はこの散文体のものである。

『真我探求』とともに、『私は誰か?』は
師自身の言葉による教えの最初期の記録である。

どちらも真我探求が解脱の道への王道であることを明記している。

特に『私は誰か?』では、探求に関する分かりやすい説明が見られる。

心は想念から成り立つ。
心の中に最初に現れるのは「私」という想念である。
「私は誰か?」という探求を忍耐強く繰り返したとき、その他すべての想念は破壊される。

そして最終的には「私」という想念自体も消え去り、
至高なる非二元性の真我だけが後に残る。

そのとき、真我ではない身体や心という現象と真我との偽りの自己同一化は終焉し、直接体験としての啓示が起こるのである。

「私は誰か?」と探求を始めるやいなや他の想念が起こる。
だがその想念の後を追うのではなく、
「この想念は誰に起こったのか?」と尋ねるべきである。

なぜなら精神集中に熟練した心にとって、真我探求は容易になるからだ。
絶え間ない探求を通して想念が破壊されたとき、「私」という想念さえ存在しない「沈黙」の体験の中で、究極の実在である真我は実現されるのだ。


これがバガヴァーン・シュリー・ラマナ・マハルシの『私は誰か?』の教えの要諦である。

T.M.P.
マハーデーヴァン
マドラス大学

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・直近個人セッション可能日

4月22日(土)

4月23日(日)

4月25日(火)

4月26日(水)

4月27日(木)

4月28日(金)

4月29日(土) お申し込みは→HP☆☆☆

4月20日(木)セルフ前世練習会 まだ受付中です〜

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2017.04.19 Wednesday 09:28 | comments(0) | - | 

インドの聖者ラマナ・マハルシのこと 1

ラマナ・マハルシ

【ラマナ・マハルシ】

 

バリ島ツアーで、マスターゲート氏から奨められたインドの聖者について調べてみました。

 

シュリー・ラマナ・マハルシは南インドの聖者。
(1879年12月30日 - 1950年4月14日)

 

解放に到達するための直っすぐな道として真我の探求(Self-enquiry)を推奨した。
アートマンは「真我」をヴィチャーラは「探求」を意味する。
近年の日本語訳は、大文字のSelfを「真我(アートマン)」として「自我(self)」と厳密に区別している。

 

1896年7月、16歳の頃に親類の死に出会ったことで、死についての内的探求から、完全な、無限の、不死の、実在かつ意識かつ至福である真我(自ら、アートマン)、または真実(真理)こそが私であると悟る。

 

土日ごとに寺院を訪れ、熱烈な宗教的な喜びをもって寺院の周りを回る敬虔な性格であったが、特別に宗教的な書籍に親しんだり、瞑想などの修練をしたことはなかった。

 

同年8月末、巡礼地であるティルヴァンナーマライの古来よりシヴァ神の顕現とされるアルナーチャラの丘に呼ばれるように家を出て、生涯をアルナーチャラから離れることはなかった。

 

ティルヴァンナーマライに来た当初、沈黙を守っていたが、自然とその存在は知られるようになり、次第に多くの人々が訪れるようになった。

 

1950年4月14日、午後8時47分に死去。享年70才
亡骸は、サマーディ・ホールの地下に安置されている。
現在のアシュラムは世界各国から訪問する信奉者を受け入れている。

 

wikipediaより抜粋

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ラマナ・マハルシの教えの神髄(小冊子)

 

私は誰か? Who am I?

 

生きとし生けるものは、いつでも幸福であることを願い、不幸でないことを願っている。誰にとっても、そこには自分自身への至上の愛が見られる。そして幸福だけがその愛の源なのである。それゆえ、人間の本性である幸福、想念のない深い眠りのなかで体験される幸福を手に入れるために、人は自分自身を知らねばならない。そのためには、「私は誰か?」という問いで探究する知識の道が最も重要な方法である。

 

『私は誰か?』という小冊子はここからダウンロードできます。

 

つづく

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

セルフ前世 個人レッスン→HP☆☆☆

4月20日(木)セルフ前世練習会 受付中

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2017.04.18 Tuesday 09:55 | comments(0) | - | 

バリ島ツアーから帰ってきました。

バリ女性

【クラクラバスからの風景、お供え物を運ぶ女性たち】

 

ツアー中も見てくださいましてありがとうございました〜
o(*^▽^*)o~♪

 

後半はバリ腹(ばりばら)になってしまいましたが、無事帰国出来てホッとしています。

 

マスターゲート氏もバリ腹になりました。
予防にヤクルトを飲んできたのに、
腹痛で何も食べられなくなり、
韓国の漢方や薬も効かず、
日本の梅干しを食べたら一発で治ったと大絶賛でした。
参加者が献上した手作り梅干しです。
(*^▽^*)

 

私はバリ島は2回目です。
前回は食べ過ぎて1日だけぐったり寝ていましたが、それ以外の日は元気でした。

 

今回は、お腹がグルグルキュルキュル鳴りっぱなしで、トイレに何回も駆け込み、足に力が入りませんでした。
帰国してからもまだ完治していません。
あきらかに、前回とは症状が違います。

 

かなりの参加者が同様か、もっとひどい症状に苦しみました。
熱を出した人もいました。

 

本当に細菌性なの〜? σ(・ω-;)

 

疑いたくなります。
どんな細菌なのか見つかっていないそうですよ。

 

水が合わないということかもしれませんね。
美味しい物が食べられないと、楽しみが半減してしまいます。

 

観光より、ゲートさんのお話を聞くのが目的ですから、良いんですが〜
ちょっと残念でした。 (〒_〒)

 

今回はツアー直後に印可者が大量に出ました。
これは、2014年の香港ツアー以来です。

 

ツアーで全く印可者が出ないことがあったり、ほとんどの参加メンバーに印可が降りたり、さまざまです。
どちらにしても、長い目で見れば同じことなのです。

 

印可の前に自覚をしっかりやるか、
印可後に自覚に向き合うかの違いだけです。

 

さあ、これからまたお仕事をがんばります。
┗(#≧∀≦)┛ハッスル!!!

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

セルフ前世練習会 受付中
4月20日(木)13:00〜16:30
場所:都営新宿線 船堀駅 1分

詳細です。セルフ前世練習会のお知らせ

 

お申し込み→HP お問い合わせ

 

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

2017.04.15 Saturday 08:49 | comments(0) | - | 

バリ島ツアー9日目 最終日




【いつもと違う朝食会場へ行きました。】




【朝からカンカン照りで、泳いでいる人が沢山いました。】

プールサイドでお昼寝して、夕食はバリダンスを鑑賞しながらでした







夜のチャーターバスで全員空港に向かいました。
蒸し暑いバリよ、さようなら〜 日本、サムイデス。震えています。

2017.04.12 Wednesday 12:55 | comments(0) | - | 

バリ島ツアー8日目


【Hotel内に神様のほこらがあちこちに有ります。バリの人は信心深いです。】


【ロビーから見たプライベートビーチ】


【朝食会場、夜は焼肉レストランです。】


【今日の朝ご飯です。】

【講話中のゲートさん】


【午後はクラクラバスでお出かけしました。】




【夜はインドネシア料理】
ちょっと塩辛かったです〜
2017.04.11 Tuesday 10:45 | comments(0) | - | 
<< | 2 / 352 PAGES | >>