<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

新春七福神ツアー

宝船
【江戸時代の絵師、河鍋暁斎(かわなべきょうさい)の宝船】

お正月は縁起が良いので、七福神巡りをする方が多いようです。
今年は私もツアーに参加して回って来ました。

私が参加したのは上総七福神ツアーです。
千葉県房総半島の真ん中くらいにある、君津付近の七福神を回りました。

マイクロバスで、まず到着したのは、
弁財天がお祀りしてあるお寺でした。

ご本尊はお不動様で、脇に弁財天がお祀りしてありました。
そこで、色紙を買ったり甘酒をサービスしてもらいながら、
ご住職からいろいろお話を聞きました。

境内には、他にもたくさんの仏様が所狭しと安置してありました。
ぽっくり地蔵、ボケよけ観音、身代わり不動、がん薬師、子育て地蔵、波切り観音など
ありとあらゆる現世の悩みに応えてくれそうでした。

弁天
【弁財天 このなまめかしい像を寄贈した人は宝くじが大当たりしたそうです。】

成田山新宿不動堂
http://www.kisarazu-fudoudou.com/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ところで、七福神とは、どんな神さまなのでしょうか。

調べてみると、七福神信仰は室町時代末期の京都で、流行っていたそうです。
神さまは最初から七柱ではなく、いろいろ入れ替わって、今日の七柱に落ち着いたようです。

インドの神さま、中国の神さま、日本の神さまが仲良く宝船に乗っている絵がおなじみですね。

簡単にメンバーを見てみましょう。


えびす
【恵比須さま】

1.恵比須さまは唯一の日本の神さまです。
恵比寿さまは伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊邪那岐命(いざなみのみこと)の三男です。釣り竿を持ち、大きな鯛を抱えている縁起の良い漁業の神さまです。農民や商人にも愛されてきました。


大黒様
【大黒さま】

お堂
【大黒さまのお堂】 

2.大黒さま、正式には大黒天と呼び、元はインドのシバ神です。
打ち出の小槌と大きな袋をかつぎ、米俵の上に乗っています。
食べ物、五穀豊穣の神さまとして人気があります。
大黒=大国のゴロあわせで、大国の主の命と同一視されています。


3.唯一の女性の神さまは弁財天
起源はインドの女神サラスバーティです。
大河の神ですから水と関係があり、水が流れる音にちなんで、音楽の神、弁舌の神(知恵の神)として信仰されていました。元々は弁才天でしたが、才と財のゴロあわせで、最近は弁財天と呼ばれることが多くなりました。


4.布袋さま(ほてい)
神さまではなく、9〜10世紀頃の中国唐代の禅僧契此(かいし)は、常に大きな布袋を担いで喜捨を集めて回ったため、布袋和尚と呼ばれるようになりました。
大きなお腹と福福しい顔から、福徳の神とされたのです。


毘沙門
【毘沙門天】

5.毘沙門天(びしゃもんてん)
ヨロイを着て、槍と宝珠を持つコワイお顔の神さまは、インドではクベーラと呼ばれる財宝福徳を司る神さまです。
仏教の四天王の一人。別名、多聞天、知恵の神さま。
日本では、武闘の神さまとして、武将たちから人気がありました。


エロ福禄寿
【どことなくヒワイな福禄寿】

6.福禄寿(ふくろくじゅ)
中国、道教の星の神様。南極星の化身(南極老人)。
幸福・禄(財運)・寿(長生き)の神さまとして親しまれています。


お寺もの
【何番目かのお寺の風景】


q
【寿老人と弁財天】

7.寿老人(じゅろうじん)
白ひげで杖を持ち、鹿を伴っています。
中国の人で、天南星(または寿星)の化身だといわれます。
長寿の神様として信仰されたようです。

いくつもお寺を回ったので、どこでどの神さまに会ったのかわからなくなりました。
写真だけアップしておきますね。

ろうばい
【境内にはロウバイが咲いていました。】

木造
【今回の一番のお気に入りはこれ、
彫りかけの木像ですが、ご住職が子どもの頃から
縁側に置いてあったそうです。素朴で癒されます。】


東京湾観音
【東京湾観音 横顔】

最後に東京湾観音に行きました。


観音内部
【内部は階段になっていて、たくさんの神さまが奉ってあります。】


夕日
【外へ出ると、ちょうど夕日が東京湾に沈むところでした。】

一度にこんなにたくさんの神さまにお会いしたことがなかったので、
神さま当たりしてしまったようです。

くたびれました。 (;´ρ`)

読者の皆様にも
福の神のエネルギーが届きますように。

・’゜☆ . : * :・’゜☆ . ::・’゜☆ . :

 
リーディング、イベントのご案内  ←クリックしてね。

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

2012.01.22 Sunday 22:35 | comments(0) | - | 
<< 2月お茶会のお知らせ | main | スピリチュアルTVに出演しました。 >>