<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ツインソウル−飯田史彦 2

ファーストキス
【ファーストキス ブーグロー】

ツインソウル−飯田史彦 1のつづきです。


下の会話は「ツインソウル」から超要約しました。詳しくは本を読んでくださいね。(飯田先生、勝手に要約してごめんなさい!!I氏は飯田氏の略です。)

臨死体験中の飯田氏は、光の存在と「ツインソウルと結婚」について会話するのでした。


I氏:ツインソウルは、必ず出逢えて、必ず結婚できるのでしょうか。

光:必ずしも予定通りに出逢い、結婚できるとは限りません。

I氏:もし、予定通りに出逢えなかったとしても、その人生を終えるまでに逢えるのでしょうか。

光:いくら離れていても、魂の水準では必ずつながっているのです。たがいを求め合う意志の強さを失わなければ、いずれどこかで出逢うことができるでしょう。

I氏:それはなぜですか。

光:「死」と違って、恋愛の機会は、何度でも生じることができます。
相手が「予想外の死」を遂げてしまわないかぎり、運命のきずなは必ず二人を結びつけるでしょう。


I氏:しかし、ツインソウルに出逢う前に、待ちきれずにうっかり、ほかの魂と結婚してしまうことはありますか。

光:学びの初期段階の魂は、生まれる前に計画した通りにしか結婚相手を選べません。しかし、多くの学びを経験した魂は、自由度が大きくて予定外の行動が認められています。その予定外の結婚を「間違った結婚」ということは適当ではありません。どんな結婚も、大きな学びの機会ですから。

I氏:つまり、「うっかり、予定外の相手としてしまった結婚」はあり得るが、それは「意味のない、間違った結婚」ではないのですね。

光:結婚は、目的でなく、手段なのです。結婚は数ある学びの手段のひとつです。「結婚しない」こともまた、学びのひとつです。

I氏:もしも、ツインソウルでない相手と結婚した後で、ツインソウルに出逢ってしまったら、どうなるのでしょうか。

光:ツインソウルと出逢ってしまったら、おたがいに必ず恋に落ちるでしょう。そして、深く愛し合うようになるでしょう。

I氏:しかし、おたがいに結婚していて、子どももいたらどうすればいいのですか。

光:方法は二つしかありません。
互いに離婚して、ツインソウルと再婚することです。
もうひとつは、現在の結婚を維持しながら、ツインソウルとの愛を確かめながら生きていくことです。


I氏:それは、人間社会ではそう簡単にいかないものです。
子どももいるのに離婚はできない場合が多いですし、結婚していて他の人と愛し合うのは罪なことです。

光:「人間社会における人間としての罪」とは別に「魂としての罪」も存在するのです。

I氏:魂としての罪?

光:「ツインソウルに出逢いながらも、愛の交換をおろそかにしてしまう」ことです。
ただし、ツインソウルに出逢ってしまって、そのようなことが出来るはずはありませんが・・・


I氏:もしかして、結婚相手以外の、ほかの関係で出逢うように計画してあることもあり得ますか?

光:もちろん、それもあなたが想像している以上に多くの魂たちの間であります。

I氏:それは、ひとつの魂が、結婚相手としてではなく、仕事上の伴侶や、同じ使命を果たすための同志として、ふたつに分かれて生まれるということですか?

光:もちろんです。男女としての恋愛感情が生じないように計画してある場合もありますし、同性であるために強力な友情によって結ばれる場合もあります。



その後、I 氏は光の存在とともに魂の生まれる場所に行き、ツインソウルが生まれるところも見たのです。


『遠く離れても 結ばれているよ
ぼくらは ひとつの魂だから

生まれ変わり 繰り返して
宇宙を旅してきた

つらい時は ぼくの胸で
思いきり 泣けばいい
君が背負う すべてのこと
受けとめて 抱きしめるよ』

飯田史彦作詞作曲 「ツインソウル」より(本の付録CD)


リマ:ロマンチックな歌ね。うっとりしちゃう!! o(*^▽^*)o~♪ 
ツインソウル同志は、出逢えばわかるのね。


ニキエル:ツインソウルと出逢うことはその人生最大のギフトですよ。だからといって、何もかも上手くいくわけではありません。しかし、良き理解者と共に困難を乗り越えることができれば、充実した人生を送ることができますね。

リマ:ウ〜ン、ますますあこがれるなー!! (*´∇`*)
ほとんどの人にはツインソウルがいるんだけれど、いつ出逢えるかはわからないのね。


ニキエル:今生で出逢えるか、別の人生で出逢えるのか。それは、あの世で決めてきているのです。いつかは出逢えるのですよ。楽しみですね♪


☆あなたのツインソウルはどこにいるのでしょうか。☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

天使と過去生リーディング募集中

   ランキングに参加中
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←ここもぽちお願いします。
2008.03.07 Friday 19:09 | comments(3) | - | 
<< 天使の会社 | main | ☆天使と過去生リーディング 体験談5 >>
F (2010/05/27 8:40 PM)
はじめまして。

結婚して4年目、パートナーとは間違いなく互いを助け合うソウルメイトだと親しく感じるものの、自分が生き生きできない違和感があるのをどうしょうもできずにいました。

そんなとき、最初からお互い自然に強く伴侶と感じて惹かれ合うような出会いがあり、
仕事や魂の求めることなども共有して成し遂げられるようなイメージばかり浮かび、心身が湧き立つように感じています。

しかし自分の置かれた状況や社会の常識として考えてもどうしたものか、と戸惑っていました。

こちらで記事を拝見し、これがツインソウルというものなのか、と認識させて頂きました。

どうしたら良いかわからない気持ちはありますが、この出会いを大切にしていきたいと思います。

ありがとうございます。
Kie (2010/12/10 4:05 AM)
初めまして

既婚者です年の離れたツインソウルに出合ってしまいました。向こうも気づいています。

最初は依存症かと思いましたがツインソウルの定義を読んでそうではないと確信しました。

今は途方にくれてる状態です。

頭では離れなくてはと思い
でもそれが出来ない
正直 辛いです。
リマ (2010/12/10 10:10 AM)
☆Fさん、Kieさん、ツインソウルに出会えたことはギフトだと思います。愛にはいろいろな形があります。今世で出会えたことに感謝できるときが来ると思います。