<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

実例:放射能に微生物の力を活用

バイオ5
【バイオフロー写真資料 合成槽】

とても興味深いサイトを見つけました。
EM菌ではありませんが、微生物の力で有毒物質や放射性物質を分解、浄化するシステムのサイトです。

蟾眦莖発工学総合研究所

代表取締役 眦莵豪(環境微生物学博士)

学術テーマ
「複合微生物動態系解析による複合発酵を用いた放射性物質・重金属・有害物質等あらゆる物質に対する分解菌・分解酵素の現生と発現による分解消失」

リマ:HPを見るかぎり信頼できそうです。

ただ、微生物がどのように放射能を分解しているのかは解明できていないようです。そのためか、インチキだという誹謗中傷がすごいらしいです。

ホメオパシーなどを認めない科学至上主義のカチカチ頭には、とうてい理解できないことなのでしょう。または、○○電力などからの嫌がらせかも?


眦莵豪氏の学歴と経歴(長いので省略してあります。)

1951年5月19日 静岡県沼津市、出生
1974年3月  東京農業大学醸造科卒業
1997年  株式会社地球環境秀明設立、代表取締役就任
2009年8月  眦莖発工学総合研究所、代表取締役就任

研究開発、技術開発(すごい成果です。一部省略)

1984~89年 富士山の砂漠化を防止、緑化運動に成功
富士山頂の登山者の糞尿の分解消失に成功
富士山周辺の河川の浄化に成果 

1990年 ゴルフ場の農薬と鱒の糞等の汚染により廃業の危機にあった須川養鱒場(静岡県駿東郡小山町)の環境整備、従来の2倍の密度の養殖に成功。

1992年 低レベル放射能に対する分解菌と微生物酵素を創り上げ、放射能の分解消失に成功。原子力発電所の見学者用衣服の焼却灰を対象として、世界ではじめての放射性廃棄物の分解消失処理。

1994年 ポバール(ポリビニルアルコール、化学糊、難分解性物質)の分解処理に成功。晒し工場(愛知県蒲郡市)廃液処理に成果を上げ、処理水の完全リサイクルを実現。

1994年 スペイン農業省の招聘を受け、ラマンチャ地方イシドロ養豚場において、28年堆積され全く処理不可能とされていた超眷仕拊椹最儕奸80万ppm)を分解消失処理。

1995年 全窒素を含む合成化学染料、反応染料液等を分解消失し、微生物処理による全窒素の分解消失にはじめて成功し、黒川工業蝓文醜川ダイドウ蝓砲寮色工場(京都府城陽市)廃水処理に成果。

1997年 ナオトカ号流出重油をバイオ浄化処理し、重油の分解消失を実証。
陸上において流出した廃油、原油の処理はアメリカ、イギリスなど各国政府企業があらゆる科学技術を駆使して、浄化処理を試みたが何ひとつとして成功していないのが現状。

1997年 難分解動物性、植物性油脂を分解消失。餃子、肉団子等揚げ物を製造する食品工場(アンゼンフーズ蝓∪轍県沼津市)の廃水処理に成果。

1998年 リネンサプライ工場の洗剤、過酸化水素、次亜塩素、蛍光増白剤等の難分解性物質を分解消失し、処理水の完全リサイクル、洗浄効果の向上と薬剤使用量の低減も実現。(詛鮓舎、愛知県幸田町)

2001年 衂抻猟未粒胴場より排出されるシアン系猛毒有害物質(シアン、六価クロム、ヒ素等)、重金属(銅、鉛、亜鉛等)、溶剤系廃液の分解・消失を実証。(静岡県沼津市)

2001年 PCB残土を無害化処理(蠢暗津換所、長野県須坂市)。

2002年 台湾科学技術庁原子力委員会の依頼を受け、放射能、放射線エネルギー、放射性物質セシウム137の相転移、転移、変位、昇華、消失を実証し、同委員会核能研究所からセシウム137が55%以上消失している旨の証明書が発行される。

2002年 日立プラントテクノ株式会社と農業集落排水の汚泥処理プラントに関するビジネス化協定を締結。岐阜県武儀町において実証。

2002年 石川島造船化工機株式会社と生活排水処理に関するビジネス化協定を締結。東京都江東区本社工場内にて実証。

2003年 恒久型バイオトイレ『オーガニックビュー』を開発、石川島造船化工機蠅製造販売を開始する。
『オーガニックビュー』北アルプス蝶ヶ岳ヒュッテ(2,600m)に設置 、総務省 消防庁長官表彰「優秀賞」を授与される 。環境省山岳トイレ技術実証の対象となり、エコマークの認可を受ける 。静岡県により、静岡富士山空港、日本平(3基)、県民の森に導入される。



バイオ4
【バイオフロー写真資料◆“酵合成槽】

バイオトイレ
【完全リサイクルトイレを4台設置】

被災地での活動報告です。

下水道・水道がない被災地へ緊急支援!!(気仙沼大島で実施)
お風呂と洗濯所とトイレの完全リサイクルシステムプレゼント
<複合発酵微生物による複合発酵バイオ合併槽処理>

風呂の水・洗濯水・トイレ洗浄水(水洗水)の完全100%リサイクルシステム

この島は地震津波により下水道・上水道が分断破壊されており、3月11日以来1ヶ月以上風呂も洗濯も出来ず、トイレは簡易トイレだけで糞尿が満杯に溢れ、悪臭と衛生面で劣悪な状態でした。風呂にも入れず、洗濯もできず悲惨な状況でした。

そこに複合発酵バイオ処理による完全100%リサイクルシステムが導入されたことにより、下水道と上水道のいらない生活水のリサイクルが確保出来ました。

この事は東北被災地全土の仮設住宅や避難地に実用可能な最高の科学技術です。

バイオ2
【実験の準備をする高嶋氏】

今年5月に福島県川俣町他で放射能を減少させる実験が行われました。

2011.05.06 Friday 
微生物触媒による土壌の放射性物質分解消失実験開始します。
福島県伊達郡川俣町、栃木県那須塩原市、茨城県行方市の3カ所で、「放射能汚染バイオ浄化機構」による放射性物質の分解消失実験を開始いたします。

目的:<東日本大震災の放射能汚染(土壌、動植物、人体、水及び海水)の微生物触媒による浄化>
農地・住宅地・水等の社会インフラの復興、即ち被災地の復興の要は、放射性物質の除去(分解・消失)である。

このプロジェクトの目的は、複合微生物の耐放射性細菌の微生物触媒による放射能汚染浄化(土地・水・農産物からの放射性物質の除去)実証実験を東日本大震災被災地で行い、広域での実用レベルでの放射性物質除去技術を実証し、被災地の復興の為に寄与することである。


2011.05.12 Thursday
ガイガーカウンターの数値が1500CPMから800CPMに(5月6日)

5月6日金曜日。計画的避難区域に指定されている福島県伊達郡川俣町字山木屋石平山(福島第一原発から39km)での実験が開始されました。

2)GM計数管サーベイメーター(以下、ガイガーカウンター)による測定
   空間線量(1000CPM=約3.5μSv/h)
   試験地土壌線量測定(1400〜1500CPM=4〜5μSv/h。)

3)試験地区(約15m×15m当たり)に対して下記の作業を行った。
   (9臠酵固形バイオ 40kg散布
   ∧9臠酵液肥    1000L散布
   トラクターによる耕うん(15cm程度の深さで、2,3回)
   な9臠酵酵素水   1000L散布
   ナ9臠酵固形バイオ 20kg散布 
   試験区封鎖
 なお、作業中、一切の草、土壌などの持ち出しは行わず、作業終了後、ロープにて閉鎖。

4)ガイガーカウンターでトラクターによる耕うん後、ナ9臠酵固形バイオ散布後に、土壌線量を測定した。
 9未Δ鷂         1300〜1500CPM
 ジ之船丱ぅ散布後      600〜900CPM


バイオ6
【現地視察する人たち】

実験開始後約40時間で450〜700CPMに減少

最初に固形バイオを散布したのが6日朝10時半頃。概ね1日半、40時間程度でのガイガーカウンタの数値が450〜700CPMまで低下した(7日6:30AM時点)と、先ほど連絡がありました。

なお、実験区外での同じ時間での測定値は、1600CPMで、実験開始時とほぼ同数値です。


バイオ3

5月28日福島県川俣町での現地説明会に参加した人の感想

1、グラントマト蝓‘釖蠎卍后
  放射線が確実に低減しており、これを詐欺だという学
  者の顔が見たいね。このような牧草地で、1メートル50も
  土壌がふかふかになっていることが驚きです。
  福島の農民に希望を与えたいです。すべての人にこの結果
  を知らせたいです。

2、山本商事蝓‥邉栄一氏 
  本当に現地で見なければ信じられません。当社でも是非
  福島の再生に貢献したいです。

3、東和牧場 武藤氏 
  ハー、たまげた。重機で固まっている牧草地がふかふか
  だ。
  本当にびっくりした。みんなに広めなきゃなー。写真を
  撮っていくよ。誰も話だけでは信用しないよ。

リマ:素晴らしいです!
批判する人はぜひ現地まで行って、その目で確かめて欲しいです。私も行ってみたいです。私は、微生物が有害物質を分解する力を信じています。

フランスやアメリカに原発処理に何億ものお金を捧げるのなら、ほんの数%でいいから、公的機関でも実験して欲しいです。成功すれば、福島も日本もよみがえり、この技術を世界中の役に立てることができます。

・’゜☆ . : * :・’゜☆ . ::・’゜☆ . : 

 
リーディング、お茶会のご案内  ←クリックしてね。

new7月17日(日)お茶会のお知らせ
 
ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

2011.07.03 Sunday 20:44 | comments(2) | - | 
<< おいしいおやつ情報 | main | 夏至のエネルギーの影響です。 >>
anker77 (2011/07/05 3:58 PM)
納豆菌や酵母ヨーグルト菌などEMですが、人に役立つ善玉菌をEMグループとすればこれもEMの一種でしょう。

たしかEMの開発者は特許などとってないですよ、
EMは農業資材として有効な5科10属81種の菌類等の総称ですから、
放射能を減らす有用なアイテムだからといって原発推進に悪利用されたくない、ですね。
リマ (2011/07/05 5:41 PM)
anker77さん、コメありがとうございます。
特許などのことはよく知りませんが、菌の配合で
いろいろな商品が出回っていますね。

政府や電力会社がこういうものを採用することは
考えられません。

やはり民間で活用するのがいいようです。