<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

トーマス・コンドン100%チャリティ・ヒプノ

トーマス・コンドンさん 
【トーマス・コンドンさん VOICEのHPから】

 VOICEのメルマガで緊急開催を知りました。参加料1,000円以上、全額被災地へ送られるとのことで、またまた興味津々で両国まで行ってまいりました。

 早く着き会場内のカフェでハーブティを飲んでいたら、大きな外人男性と小さな日本女性が入ってきました。すれ違いにバッグをぶっつけてしまい、スミマセンと顔を見たら、
ありゃ〜コンドンさんだ〜!  (´∀`)

 見た感じ2mありそうな大男、横の通訳の女性がこびとのようでした。とてもやさしくあたたかい雰囲気でした。

 VOICEのセミナーにしては男性が多かったです。コンドンさんはNLP 、エリクソン催眠、エニアグラムを教えて世界を飛び回っています。こういう具体的なデータを出せるものは男性も受け入れやすいようです。

 社長の喜多見さんも来ていました。お知らせについている似顔絵マンガにそっくり! あれれ、反対,本人にそっくりの似顔絵です! 喜多見さんによると、急に思いついたので4,5日しか準備期間がなく大変だったそうです。

 コンドンさんがやっていることはトラウマを解放するワークです。中でもNLPとヒプノ、そしてエニアグラムは自分や知人を理解するのに最強のツールだというお話でした。

 エニアグラムは数秘術と似ているんですが、違いや共通点を知りたかったです。質問すればよかった・・・

 隣の女性に名刺をお渡ししたら、え〜!私が勤めている会社リマというんですよ〜!とびっくりされました。こっちも私と同じ名前の会社があるとはびっくりでした。不思議なシンクロでした。  ◎▽◎ 

 最後のデモンストレーションでは、福島から来た若い女性がコンドンさんと並んで座り、会話をしながらストレスを取ってもらいました。どこでエリクソン催眠を使ったのかさっぱりわかりませんでした。 
(゜o ゜)?

 初めは緊張して固い表情だった彼女も最後はニコニコ微笑んで、声も明るく大きくなっていました。福島ではみんな表面はおだやかに過ごしていますが、言いたいことが言えなくてノドが詰まったような雰囲気だそうです。政府や東電に対する怒りを出したくても出せない苦しさがあるようです。

 みなさん、福島のことを忘れないでくださいね、私たちがんばります、と言われて、けなげさに涙ぐんでしまいました。

 最後にコンドンさんからのアドバイスで、こういうときはジョークギャグが特に大切、一週間に2個ネットで探して覚えるようにとのこと。やはり、ユーモアが大事なのですね。

 参加者は100人近くいたようです。参加費の全額が東北へ炊き出しに行くNPOに寄付されるそうです。

 VOICEのセミナーは高いといつも文句言ってたけれど、意外にやるじゃありませんか。 見直したわ! 喜多見さんもコンドンさんもいい人ですね。ヽ(´∀`)ノ

トーマス・コンドン 100%チャリティ・ヒプノ
http://www.voice-inc.co.jp/store/workshop_last.php?genre1_code=03&genre2_code=018

また、受けたいワークショップが増えちゃいました。
どうしよう?!  ヽ(´∞`)ノ  

:・’゜☆ . : * :・’゜☆ . ::・’゜☆ . : 

 リーディング、お茶会のご案内  ←クリックしてね。 

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。                  

2011.05.05 Thursday 22:59 | comments(0) | - | 
<< 反核シスター ロザリー・バーテルとHAARP | main | インナーチャイルドの記事目次 ー2011,5.7 >>