<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

キューバの奇跡3 医療

ラウル・カストロ氏
【ラウル・カストロ氏】 

[ハバナ 24日 ロイター] キューバの人民権力全国議会(国会)は24日、先に退任表明したフィデル・カストロ国家評議会議長の後任に実弟のラウル・カストロ第1副議長を選出した。中略
 ラウル・カストロ新議長は就任演説で重要な国家決定については、今後も前議長と協議していくことを明らかにした。


キューバの奇跡1
キューバの奇跡2
という記事を書きましたが、81才のフィデル・カストロ議長が退任して、
76才の弟のラウル・カストロ氏
が就任しました。

ラウル氏はキューバの有機農業の強力な推進者です。
これからのキューバの食料政策がますます楽しみになってきました。(^∇^)

知人にキューバの有機砂糖をいただきました。
薄茶色ですが、クセがなくてお味も良く、オーリングでも固く安全度は高いようです。
みなさんも、自然食品店などでキューバ産の有機砂糖を試してみませんか。

【おすすめキューバの本】
200万都市
200万都市が有機野菜で自給できるわけ―都市農業大国キューバ・リポート

キューバの医療
世界がキューバ医療を手本にするわけ

2007年10月に発行されたこの「キューバ医療」の本が話題を呼んでいます。私も、キューバの医療がここまで進んでいるとは思いませんでした。
  L(・o・)」

米国の医療問題を扱ったマイケル・ムーア監督の映画『シッコ』のなかで、彼が、米国の医療制度に見捨てられた患者さんたちを引き連れて向かうのが、キューバの病院です。

9.11の被害者がキューバの高度な治療をタダで請け、安い薬を大量に買って帰るというシーンが出てきます。ムーア監督は「キューバでは囚人でさえ、アメリカ人よりましな医療ケアを受けている」と述べています。

キューバで治療を受けるというヘルス・ツアーだけで、年間6000万ドルの外貨を稼いでいるそうですから、すごいです。

カリブ海に浮かぶ貧しい島国が、なぜ、医療システムで、米国をしのぐ先進性、利便性を持っているのでしょうか?

この本は、WHO(世界保健機関)も認める医療大国キューバからのリポートです。

乳幼児死亡率は米国以下!!
平均寿命は約八〇歳!!
がん治療から心臓移植まで医療費はタダ!!
大都市の下町から過疎山村まで、全国土を網羅する予防医療!!
世界のどこにもないワクチンを作りだす高度先端技術!!


なんだか、こう書くと天国みたいです!!
しかし、お金の無いことが全ての始まりでした。 (;^_^ A

イギリスBBCテレビをはじめ、欧米メディアではかなり広く報道されていますが、日本では、初めての本格的リポートだそうです。

キューバの憲法には、「すべての国民は無料で医療を受ける権利がある」ことが明記されています。
たらい回しで治療も受けられずに亡くなることは憲法違反になるのでしょうね。

また、代替療法も盛んです。
アートセラピー、音楽療法,精神療法,心理劇、クラフト(手工芸)セラピー、運動療法、太極拳のほかにも、ヨガ、気功、鍼灸、自律訓練、アルコール患者の会の集まりなど、ホメオパシーやフラワーエッセンスも研究されているそうです。
メンタルヘルスにも熱心で、精神科医の数は4,000人と、日本より人口あたり4倍多いです。

これ、みんなタダ!! \(◎∠◎)/

この本の感想からです。

キューバでは医療費はタダ。医科大学もタダ。6年間の研修期間中の授業料、下宿代、食費、書籍代、衣服代のすべてを国が負担し、一切の経費がかからないうえ、毎月100ペソの奨学金が支給される。

卒業したら、貧しい農山村や先住民のいるところで働くことを誓わなければならない。今、キューバの医科大学には世界の27ヶ国から、1万人以上の留学生が勉強している。そのなかには、アメリカのハーレム地区など、黒人もいる。学生の51%は女性である。

 キューバの医療で重視されているのはファミリー・ドクター。ファミリー・ドクターが120世帯、700〜800人と、顔が見える範囲で各家族の健康状態をチェックし、増進することにある。2005年にはキューバの医師7万6000人のうち、3万4000人がファミリー・ドクターで、ほぼ同数の看護士とともに全国民をカバーしている。

キューバがユニークな医薬品を開発し、外貨を大いに稼いでいることを初めて知りました。たとえば、PPGという抗コレステロール剤がある。その副作用とは、なんと性欲を高めてしまうというのです。ええーっ、すごーい。私もぜひ・・・。

1日1錠、5ミリグラムを飲むだけで、動脈硬化や心筋梗塞が治るうえ、性欲減退にも威力を発揮するというのです。ところが、アメリカが認定しないため、日本でも売られていません。損な話です。

2005年現在、2万5000人のキューバ人医師が世界68ヶ国で働いている。人口1100万人しかいない国でこんなことが出来ています。日本ならその10倍の25万人の医師が海外で貧困者のために活躍しているということに相当します。

世界各国で災害が起きたら、迷わず救援しにいくのです。
山の中を歩き、難民とともに過ごし、彼らが暮らしていける程度になるまで
ずっと支援し続ける。

そして何よりキューバを助けているのが支援した国からの援助です。
無料でワクチンと医師を派遣してくれたキューバに、どの国も感謝しているのです。
カストロは言います。
「われわれの原則は人類の幸せのために働くことにある」と。


上の記事の全文は
福岡県弁護士会の読書
2007年10月15日
「世界がキューバ医療を手本にするわけ」


智天使ケルビム:キューバの改革はまだこれからが正念場だ。
なんとか最悪の危機は乗り越えたが、課題は山積みだ。
しかし、貧しさの中でも人生を陽気に楽しんでいる様子は、幸福は金や物だけでは得られないことを世界に示しているのだよ。



☆キューバは本当に興味のつきない国です。
もっと知りたいです!!☆
ヾ(^-^)ゞヾ(._.)〃ヾ(^o^)ゞヾ(._.)〃


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

天使と過去生リーディング募集中

女神カードリーディング募集中
   ランキングに参加中
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←ここもぽちお願いします。
2008.02.26 Tuesday 22:09 | comments(2) | - | 
<< ☆天使と過去生リーディング 体験談2 | main | 目次1 2007,12/29-2008,1/20 >>
ミルラ (2009/06/22 12:28 AM)
今日は、リマさんの過去のブログを読んでとても楽しく勉強になる時間を過ごしています。

キューバのこと、リマさんの読書歴のこと、会社を立ち上げたこと・・・まだまだ読んでいなかった日記が沢山あるので、ワクワクしながら読み進めています。本当にリマさんはすごい人ですね。尊敬しています。

こんな時間まで起きているのは珍しいのですが、ちょっと今夜はリマさんブログに浸るつもりです。

追伸

バーバラ・アン・ブレナン博士の本も、私の愛読書です。
リマさんも読んでらしたと知って、もう感激しました〜!

さすがはリマさんです。すごいです。

リマ (2009/06/22 9:20 PM)
☆ミルラさん、すごいお褒めの言葉ありがとう!
私は書くことが好きなので、いろいろ思いついたことを好き勝手に書いています。
スピリチュアルなことも、そうでないこともあります。
あまりいろいろなことを書きすぎて、まとまりがないかもしれませんね。
それでも、これからも、好きなことを書いていきたいです。