<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「体外離脱体験」坂本政道 1


体外離脱体験―東大出エンジニアの体験手記・考察 肉体から独立した自己が存在する!
体外離脱体験―東大出エンジニアの体験手記・考察 肉体から独立した自己が存在する
坂本 政道

たま出版 2001-03
売り上げランキング : 302249
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  日本にヘミシンクを紹介した坂本政道さんの最初の本です。

  当時、坂本さんは36才の半導体エンジニアとしてカリフォルニアで充実した生活を送っていました。
大学で物理学を専攻したコチコチの物質主義者だったのに、この思いがけない体外離脱により、ガラリと価値観が転換してしまったのでした。

  これは坂本さんがヘミシンクを体験する前の出来事です。(青文字は本の引用、適当にはしょっています)

  それはある土曜日の朝のことだった。
すぐに、何かがいつもと違うことに気がついた。それは、意識ははっきり目覚めているのだが、体は完全に寝ているということだった。というのは、自分の深くて長い寝息が、規則的に聞こえてくるからだ。私は自分の寝息を、全く他人のそれのように聞いていた。

  このとき、坂本さんは体から抜け出ようともがいているうちに目が覚めてしまいました。それでも、肉体の他の自分が存在していることを知り、非常に興奮しました。

  その後数回、似たような体験があり、その都度抜け出ようと試みているうちに、ある夜中とうとう体から出ることに成功しました。

 突然、体から「私」が抜け出たのだ。そして、足の先の方からベッドの端を超えて、ズルズルと床に降りた。その時の感じとしては、何かゼラチンにでもなったようだった。自分がどんな形をしているのか、自分でも定かではなかった。私は手探りで、そのまま「床を這って」寝室のドアの方向へ向かった。ともかく両腕を使って這っていくのだが、まるで「ほふく」前進しているかのように重く、うまく進めなかった。

 こんな体験を何度もしているうちに要領がわかってきて、ドアや壁を通り抜けることができるようになりました。そして、ガレージにいるとき、次男が自転車で帰ってきて、坂本さんの上を通って行きましたが、何も感じませんでした。

 慣れてくるにつれ、体外離脱にはいくつかのパターンがあることに気がつきました。

1.正真正銘の体脱。真性体脱。夢でも幻覚でもないという明らかな自覚がある。自分の寝息が聞こえる。覚醒時と同じ意識状態。見たことが実際に起きたことと一致している。見える映像は電波障害が起きたテレビ画面のようにノイズがあってよく見えない。

3.いわゆる疑似体脱。「非物質の自己」は体から抜け出ている。意識は覚醒している。夢と同質の映像を見る。体から抜け出ている感覚はあるが、夢のような荒唐無稽な内容を見ている。中途半端な体脱ではないかと思われる。

2.1と3の中間の状態。

 たくさんの体験例が出ていて、体外離脱に関心のある方には参考になりそうです。

 私の場合は、1ではなく、3が近いようです。夢の中だけど、本当のような。飛び飛びにしか覚えていませんが、普通の夢よりリアルな感じです。大抵肝心な部分を覚えていなくてくやしいです。ヽ(´∞`)ノ

 坂本さんは科学者なので、たくさん文献を読んで、記録して、いろいろ考えるのです。
その中にLaBerg博士ルーシッド・ドリーミング(明晰夢)の研究がありました。

 ルーシッド・ドリーミングというのは夢の中で目覚め、自分が夢を見ているという明らかな自覚を持ったまま、夢を見続けることをいう。夢の内容を自在にコントロールできるようにもなる。我々が見る通常の夢とは明らかに異なったタイプの夢である。LaBerg博士によれば、訓練次第でほとんどの人がこのような夢を見ることが可能になるという。彼は子どもの頃からこの種の夢を見ることがあり、試行錯誤の末、自在にできるようになったという。 

あるアメリカの統計では、全人口の実に20%程が何らかの形で体脱を体験しているという。

そして、調査の過程でロバート・モンローヘミシンクのことも知りましたが、この本を書いているときはまだ体験していませんでした。科学者らしく、緻密にいろいろ考察していて、読んでいると頭が痛くなりそうでした。  (^∇^)

つづく

「体外離脱体験」坂本政道 2 (02/05)へつづきます。
http://rimaroom.jugem.jp/?eid=594


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
対面リーディングのご案内 2月

インナーチャイルドお茶会の募集 (2月18日原宿)

電話リーディングのご案内  
対面リーディングのフォローにもご利用ください。

    ☆ランキングに参加中 
応援のクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。 
ブログQRコード

2011.02.02 Wednesday 22:56 | comments(0) | - | 
<< 浦安の運命鑑定士奥澤記嘉さん | main | ご感想 使命、受け入れます! >>