<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

マグダラのマリア4 芸術と文化

クラナッハ マグダラのマリア
【クラナッハ マグダラのマリア】香油の壺、長い金髪、豪華なドレスが彼女のアットリビュート(象徴)です。

第4章マグダラのマリアと芸術(10:34)

時代と共に、彼女は信仰の対象から鑑賞の対象へ変化していきました。

○芸術作品の格好の対象となるマグダラのマリア
・「美とエロス」の象徴
・波乱に富んだ生涯と劇的な運命も芸術家たちの関心のまとに

○さまざまな芸術の材料になりました。
・ルネサンス美術(15,16世紀)
・バロック(17世紀)美術・演劇・オペラ
・近代(18,19世紀)小説
・20世紀以降 映画

今でも、彼女は西洋の人々の想像力のなかにみゃくみゃくと生き続けているのです。

カラヴァッジョ 聖マルタとマグダラのマリア
【カラヴァッジョ 聖マルタとマグダラのマリア 1595】

彼女の物語は次第に19世紀末に流行したファムファタル(仏:Femme fatale 妖婦)のイメージに重なっていきました。ファムファタルとは男を虜にして破滅させる魔性の女のことです。サロメ、カルメン、マタ・ハリなどが代表的な例です。

最後に岡田教授からのメッセージです。

歴史を学ぶということは一体どういうことなのか?
現在という時間は過去に生きてきた人たちの膨大な遺産の上になりたっています。彼らは一体何を考えてきて、何を感じ、何を想像し作り出してきたのか。それを知ることは現在の私たち自身を知ることでもあります。

歴史は過去と私たちとの絶えざる対話の産物です。過去は記憶と同じく決して消え去ることなく生き続けています。古いとされるものの中には意外な新しさが潜んでいます。
未知のものや異文化の世界へ、私たちを開いてくれるもの、それが歴史です。

ドメニキーノ マグダラのマリアの昇天
【ドメニキーノ マグダラのマリアの昇天 1620】勇ましい姿のマグダレーヌですね。

リマ:私たちが過去生で作り出してきたものが歴史として残っているのです。歴史を知ることは、自分たちが何をしてきたかを知ることになるのですね。歴史ドラマに心引かれるのは、過去にそこにいたのかもしれません。歴史は知れば知るほど面白いです。

講座「マグダラのマリアとは何者か」




マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女 (中公新書)
マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女 (中公新書)
岡田 温司

中央公論新社 2005-01
売り上げランキング : 20792
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
インナーチャイルドお茶会の募集 (2月18日原宿)

対面リーディングのご案内 2011.1

    電話リーディングのご案内  
対面リーディングのフォローにもご利用ください。

    ☆ランキングに参加中 
応援のクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 ←ぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村 ←ぽちお願いします。  

ブログQRコード

2011.01.28 Friday 13:58 | comments(0) | - | 
<< インナーチャイルドの誘導瞑想CD | main | 浦安の運命鑑定士奥澤記嘉さん >>