<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

苦しみを選ぶ「勇敢な魂」 1

勇敢な魂


苦しみを選ぶ「勇敢な魂」


ロバート・シュワルツ 菅 靖彦

ソフトバンククリエイティブ 2009-09-24
売り上げランキング : 105805
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


  この本は発行されてすぐ読んで、とても感動しました。しかし、かなり重い内容だったので、ブログで紹介するのを控えていました。先日、読者の方から
「こんな良い本をどうしてブログに書かないのですか? 」 (・ω・)
と聞かれてしまいました。

そろそろ、この本について書いても良い時期のようです。(;^_^ A

 著者ロバート・シュワルツはアメリカでフリーのコンサルタントをしていました。仕事は楽しかったのですが、それだけでは心が満たされませんでした。

自分が死んでも、クライアントたちは気がつかないだろう。
誰か他の人が自分の仕事を代わりにやるだろう。
自分にしかできないこと、それで世界に貢献できることは何だろう。

 そして、慎重に吟味した霊媒師のセッションを受けました。自分のスピリチュアル・ガイドからのメッセージを聞いて、彼の人生は一変しました。その数週間後、散歩中に突然至高体験をします。

「突然、見る人すべてに圧倒的な無条件の愛を感じたのだ!」


至高体験とは

「至高体験」とは、個人として経験しうる「最高」、「絶頂=ピーク」の瞬間の体験のことです。それは、深い愛情の実感やエクスタシーのなかで出会う体験かも知れませ ん。あるいは、芸術的な創造活動や素晴らしい仕事を完成させたときの充実感のなかで体験されるかも知れません。  

ともあれそれは、一人の人間の人生の最高の瞬間であると同時に、その魂のもっとも 深い部分を震撼させ、その人間を一変させるような大きな影響力を秘めた体験でもある といわれます。そうした体験をすすんで他人に話す人は少ないでしょうが、しかし、マ ズローが調査をしてみるとこうした「至高体験」を持っている人が非常に多いことに気がついたというのです。
 

臨死体験・気功・瞑想のHPより引用


 そして、ある女性チャネラーと出会い、彼女の魂とチャネリングで対話したことで、自分が生まれる前に計画してきたことを思い出しました。

 それは何人かの才能ある霊媒師やチャネラーとのセッションを通して、人々の試練や誕生前の計画についての本を書くことだったのです。それは、彼にとっては人生の旅でした。たくさんのスピリチュアルな人々、たくさんの苦しんでいる人々との出会いと気づきの旅なのでした。


 あなたが誕生前に立てたプランを生きるには多大な勇気が必要である。わたしが最も熱烈に願うのは、あなたが自分の試練を受け入れ、それから学ぶ決断をするとき、毎日、一瞬一瞬、とてつもない勇気を示しているのだということを知ってもらいたい、ということである。そのように認識するとき、あなたは自分のを見いだすだろう。
序文より引用

つづく

人生のプランを立てる場所 (12/04)へ続きます。
http://rimaroom.jugem.jp/?eid=545


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

    電話リーディングのご案内  
対面リーディングのフォローにもご利用ください。

    ☆ランキングに参加中 
応援のクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 ←ぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。 
ブログQRコード    

2010.11.29 Monday 10:45 | comments(0) | - | 
<< グループ瞑想とお話会ご報告と次回のお知らせ | main | 同じ前世を見ていた二人 1  >>