<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

再び、中絶について

アンドレ・マルティ 青い鳥
【アンドレ・マルティ 青い鳥】
メーテルリンクの戯曲「青い鳥」には生まれる前の魂のことが書いてあります。

中絶は人殺しか? (04/13)

以前書いた上記の記事について、ご感想メールをいただきました。

読者Aさん(要約してあります。)

私は最近、やむを得ない事情でお腹の子を中絶しました。
それで一件落着して、新しい人生が歩めると思っていたのに、ものすごい罪悪感を感じて悲しくてたまりません。

どんな状況でも生んであげた方が良かったのか?
また妊娠したら、もう一度この子が来てくれるのだろうか?

ネットで検索すると「中絶は殺人」とか「水子の怨念」などと書いてあるホームページがたくさん出てきて、罪の意識に追い打ちをかけられます。

ますます落ち込んで、立ち直れない気持ちになります。
そんなとき、リマさんの記事を読んでホッとしました。


リマ:今でもたくさんの方が、中絶は殺人で、供養しないと水子のたたりがあると信じています。
しかし、私がリーディングした中には、中絶されたことで母親を恨んでいる赤ちゃんはいませんでした。

このお父さんとお母さんの間に生まれると、ボクの魂の目的からはずれそうだな〜

お母さんの身体が心配だから、今回は止めておこう。

思ったより大変な人生になりそうだから、今回は止めて正解だったよ。

おやおや、子供たちは意外にドライですね。
いやいや、彼らは何度も生まれ変わっている経験豊富な魂たちなのです。

決して何もわからない幼い子供ではありません。
冷静に自分のこれからの人生を検証し判断しているのです。

綿密に計画した新しい人生ですが、ときどき意外なハプニングが起きて計画通りの人生にならないときは、胎児は自分で成長を止めて、お腹から出てしまうそうです。またはそうなる状況を設定します。


また、こんなケースもあります。

それは、人間のお腹に宿る体験だけをする場合があります。
生まれる前に死ぬという経験をする場合もあります。
このことによって、親に何らかの気づきをうながす場合もあります。

これらのことは、胎児の魂にとってレベルアップのチャンスなのです。
ですから、敢えてこのような親子共に辛い体験を選ぶのだそうです。


そして、生まれるのを止めた子供たちの魂は、あの世に帰り、癒しのセンターでしばらく休息してから、あの世の学校へ行くそうです。そこで、学び直して、またの誕生のチャンスを待ちます。同じお母さんのところへ行くかどうかは、指導ガイドと相談して決めるそうです。

胎児が生まれるのを中止するとき、たくさんの理由があるのですね。
ここに書かなかった理由もいろいろあるのだと思います。

母親は自分を責めてしまいがちですが、子供の都合もあるということを理解してください。

天界には人智を超える大きな法則があります。
人間の道徳や常識だけでは物事を判断できません。

子供たちにとって一番辛いことは、お母さんが悲しみと自責の念に押しつぶされて、暗い人生を送ることです。

ボクのせいで、お母さんあんなに泣いてるよ。
かわいそうだな〜

元気出してよ。アタシはお空で元気にお友達と遊んでるのよ。

お母さん、大好きなのよ。生まれて来れなくてゴメンね。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
  
 電話リーディングのご案内

    ☆
ランキングに参加中 
応援のクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 ←ぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。 

2010.07.29 Thursday 22:18 | comments(14) | - | 
<< 新・天使と過去生リーディングのお知らせ | main | イエス生誕 >>
kaoru (2010/07/29 11:13 PM)
リマさん、こんばんは。
お久しぶりです!!!
時を経てどんどん進化されているリマさんの
ご様子に、わたしも嬉しくなりました。
元気をいただきました。
ありがとうございます。

また、いつか、お目にかかれるといいですね^^。
リマ (2010/07/30 8:54 AM)
☆kaoruさん、コメントありがとうございます♪
自分ではそんなに変わっていないような気がしますが、少しは進化したのなら、うれしいです。
kaoruさんの進化にすごく興味あります。
ムッティー (2010/07/30 10:49 PM)
すみません。長いコメントになります。

「中絶という行為」から、人とはいろんな
とらえ方ができるんですね。

なぜなんだろう。
人には想う力や想像力があるからではない
だろうか。

つまり、人には気持ちがあり、
自分でいろんな角度から見方を変えることで
気持ちが変わる。

苦しくなったり、楽になったり、救われたよう
に感じたりする。

ある一つの出来事は「そのありのままで」
受け止める。
良いか悪いか、ではなくそのままの事実だけ。

例えば、
受験で自分の希望の学校に入学できたことが
良かったかどうかは分からない。

別の学校にいったら、親友ができたかもしれない。


話は変わりますが、私が中学か高校の時、
子どもがほしくても授からない先生の存在を知って

セックスしても子どもが生まれるとは限らない
ことを知った。今は生まれた子どもは、生まれた
ことが貴重で奇跡なことだと。


最近、新聞で知ったことで、中絶することで
女性の身体に妊娠できなくなる影響もあること。

どれだけの男女が認識しているのか。

「コンドームが破けることもある」ということ
(コンドーム=100%ではない)
を知っている人はほとんどいないように思う。

リマ (2010/07/31 9:58 AM)
☆ムッティーさん、こんにちは。
人生は長い目で見ないと、何が良いとか悪いとか判断することはできないと思います。
「塞翁が馬」という言葉を調べてみてね。

どんなに避妊しても妊娠することがあります。
天のなせるわざとしか言いようがありません。

中絶を繰り返すと妊娠しにくくなり、やっと運命の人に出会えたときは、彼の子供が産めない身体に、という悲劇をよく聞きます。

みんな、自分を大切にして欲しいですね。
星 (2013/07/27 12:31 AM)
リマさん、初めまして。

悩んでいる事があり、ここにたどり着きました。
先日お付き合いしていた彼との望んでいた妊娠がわかり、婚約しましたが、私の情緒不安定と彼のハッキリしない態度にイライラしてケンカになり、彼の母親が出てきて婚約破棄され、子どもも認知しない、おろせの一点張り。彼もお母さんの肩を持ちました。母親に反対されたけっこんはしたくないと…でも子供をおろすなら今までと変わらずそばにいると…その言葉を信じて諦めることにしました。
今彼とは連絡もなく、なぜ嘘だときずかなかったのか、赤ちゃんに逢いたい、後悔の日々です。眠れず、食欲もなく、わかってくれる相手もいません。
赤ちゃんもきっと私に愛想尽かしていると毎日自分を責める日々です。
愛した人も愛した人との宝物も自ら…
こんな身勝手なことをしてしまっても赤ちゃんは許してくれるのでしょうか??
リマ (2013/07/30 10:14 PM)
星さん、コメントありがとうございます。
とてもお辛い体験でしたね。

やむを得ないことで後悔して、ご自分を責めることはありません。
そんなマザコンの彼とは、結婚しなくて良かったです。

赤ちゃんはどんな親でも恨んだりしませんよ。
とっくに天国に帰って元気に過ごしています。
ママが自分のことで苦しんでいる姿に悲しんでいると思います。

カラ元気でも良いので、元気そうにしてみてくださいね。
そして落ち着いたら、何か癒し系のセッションを受けて心の傷を癒してみると良いですね。

水子供養などは必要ありませんよ。
いつまでもクヨクヨしているのが、天の赤ちゃんにも良くありません。
Masa (2013/08/01 4:42 AM)
私の知人で、中絶ではなく流産した女性がいました!

本人は、流産した理由が自分の生活態度に原因があると思い込んでいたようですが、私がタロットで占ったら、真相はその子が今回は肉体を持って生まれることを辞退しただけにしか過ぎなかったのです。

流産しても中絶しても、子どもの魂は絶対に親を恨んだりしませんので、心配は不要です!

水子霊に取りつかれているなんていうのは、悪徳霊感商法が金儲けのために仕組んだインチキですので、絶対に騙されないでください!

真のスピリチュアリストである私が保証いたします!
リマ (2013/08/01 8:07 AM)
Masaさん、ありがとう♪

受胎する魂にもそれぞれの計画があります。
人間の常識だけでははかりしれないものですね。

かおり (2013/08/03 11:39 PM)
初めまして。
10日前に、中絶手術を受けました。
現在4歳の息子がいるシングルマザーです。
シンママだから出来るはずがないと思っていた私に、去年彼氏が出来ました。
彼は息子のコトを気に入り、彼の両親も息子を気に入ってくれました。最近では、結婚する予定で一緒に暮らすアパートも見つけて準備をしてきました。
そんなときに、私にとって2人目の妊娠がわかりました。とても嬉しかったし、彼も喜んでいました。ところが、つわりがひどく息子の相手をするのも精一杯で、会うこともメールすら辛く実家でゆっくり過ごしていました。会えない理由も、きちんと伝えてあったし、たまにしか出来なかったけどメールもしてました。ところが、理解してくれなかったのか、会いたくないんでしょ?もう、考えたくない。終わりにしよう。と、突然告げられました。
本当は産みたかった。息子に赤ちゃんを抱っこさせてあげたかった。
でも、既にシンママで、今産むと現在の生活が成り立たなくなる。子供2人にこれ以上の苦労をさせなくないと、諦めることを決めました。
でも、産むという幸せを知っている分今はやっぱり産めば良かったと後悔ばかりしています。
いつかまた、妊娠できるなら、諦めてしまった子が戻って来てくれる事を望むのは罪でしょうか?
長文、失礼しました。
リマ (2013/08/06 11:00 PM)
かおりさん、コメントありがとうございました。
赤ちゃんはママが思うほど、気にしていません。

この世に生まれなかった赤ちゃんがどうなるかは、人間の知恵の及ぶところではありません。

今は悲しむだけ悲しんでから、息子さんのために元気を出して、もっと良いパパを見つけてあげましょう。
ご夫婦仲が良かったら同じ魂さんが赤ちゃんとして戻って来ることもあるかもしれませんね。
saori (2013/09/26 10:04 PM)
初めまして。リマさんのブログを、特に命・中絶に関しての記事を何度も何度も読ませてもらっています。
私は2人子供を産んだのち、2回の中絶をしています。それから数年後に1人出産しています。相手は夫一人です。
同じ母親からすると本当に軽蔑されて当然だと思います。リマさんの言葉を読み、スピリチュアル関連の本や記事を読み、全ては必然であったと言われても、、、理性が自分を許すことが出来ないでいます。

感謝のワークや自分を解放するワークをやってみましたが、引っかかるのはいつも中絶のことです。余計なエネルギーを与えてはいけないのにどうしても考えてしまいます。
リマさんの言葉を本当の意味で理解できていないのでしょうね。
今は苦しいですが必ず自分を許せる日が来ると信じています。
リマ (2013/09/27 9:29 AM)
saoriさん、ありがとうございます。
本当に中絶や流産で悩んでいる方は多いですね。

無理に納得しようとしなくても、そんな自分をいとおしくいたわってあげてほしいです。

中絶以外のことでも、ご自分を許せないことがおありなのではないでしょうか?

その辺も見ていってはいかがですか。
ゆい (2017/03/03 7:58 AM)
初めまして。私は2人目の子を双子だからと言う理由だけで中絶してしまいました。
双子が産まれたら上の子に我慢させることが沢山出て来てしまう、双子のリスクも怖い、と自分勝手な理由で、こんな私が許されてもいいのでしょうか?
今また新しい命が宿っています。
正直どの様な気持ちでいていいのか分かりません。
リマ (2017/04/30 2:06 PM)
ゆいさんへ
私の考え方を書きましたので、良かったら読んでみてくださいね。

中絶して罪悪感に悩んでいる方へ
http://rimaroom.jugem.jp/?eid=2167