<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ホメオパシー3

ホメオパシーとは、その人がいかに生きてきたかを振り返りながら、心と体の大掃除をして、本来の自分に還るための方法なのです。

私は今、アーニカを毎日摂っています。
ホメオパシーは薄ければ薄いほど、心と精神に作用します。

ホメオパシーを信じない人たちは、薄めるほど効果があることが信じられないのです。
しかし、濃いほど物質レベルの肉体に作用し、薄いと見えない体、つまりオーラや感情体などに作用しているようです。

今は、すご〜く薄いアーニカでガンコな心をほぐし中です。
もっともっと頭を柔らかくして素直な心になりたいのです。 
(*´∇`*)

アーニカ
【アーニカ  ウサギギク・Arnica (Arn)】

アーニカは「事故や怪我で体がショックを受けたとき」
何はともあれ、一番最初に摂りたい
応急手当のレメディーNo.1です。

切り傷、打ち身、打撲、
捻挫、筋違い、寝違い、
筋肉痛、頭痛、できもの・ニキビ、

にとりあえずアーニカです。
回復が早くなります。

どんな心の人に効くかというと、

病気であること、傷ついていることを否定し、症状の重さを認めようとしない人。
一人になりたがり、動揺しやすく、神経質で気難しい傾向がある人。
集中力に欠けて、物忘れが激しい人。
ガンコで、我慢強い人。

こういう心がほぐれていくのです。


由井トラコ先生1
インタビューより
[由井学長]
私この仕事やらせていただいて、患者さんたちがどんどん皮がむけて、タマネギの皮がむけるように本来のこの人が出てくるのを見て、あー、この仕事をしてよかったなと。

で、楽になりましたと。今までは仮面をつけてびくびく生きていたと。そしてこんなことをいったら嫌われるんじゃないかって、びくびくして会社にも勤めていたと。でも自分の本当の性格が出て、それで向こうが腹を立てるの、それはおかしいと思うというようになった時に、よかったね、あなた皮がむけたねと私はいうんですよ。

私ら人生の中でこう生きたら得策なんだといって、人が泣いたり怒ったり喚いたりすると嫌われるんですよ。泣いたり怒ったり喚いたり喜怒哀楽が出ているだけの事なんだけれど、嫌われるんですよ。

その中で腹が立っても堪え、泣きたくてもぐっと堪え、あまり喜んではいけないと喜ばない。そういう風に手と足がもぎ取られたような適応して、騒動を起こさないように仮面を作っていったんですよ。それを一人前の大人になるといわれるんですが、それだと人生は無味乾燥のつまらないものになってしまいます。

自分自身を出せなくて仮面をつけたって何にもならない。結局、仮面をつけたがためにあなた自身を出せずに生きているのは意味がない。だからもっともっとあなたの個性はなんですか。あなたは誰ですか。この世に何のために生まれてきたのかということを突きつけられるのですよ、ホメオパシーの勉強をすると。

生きて、体をどれだけ健康に維持できるか。そしてどれだけ魂レベルで成長できるか。これが私達に課せられたことなんですよ。

それを病気にかまけて病気ばかりにエネルギーを払う。または人を恨んでそればっかりにエネルギーを払う。そんなのでは生きていてもしょうがないじゃないですか。

自分らしく好きなように生きろ、好きなようにやれって、と変わると全身全霊で生きられる訳です。だからホメオパスの職業をやると自分も患者も変わっていくんですよ、どんどん。


このインタビュー記事の全文はこちら
ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー由井学長に聞く(長文)


トラコ先生、これからも全国でガンガン吼えまくってください。
ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆


☆本当にトラコ先生のお話は心に染み入ります。☆




女神カードリーディングの詳細はこちら
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ランキングに参加中
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←ここもぽちお願いします。
2008.02.05 Tuesday 19:54 | comments(0) | - | 
<< ホメオパシー2 | main | 守護天使について >>