<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

己れを愛するがごとく、汝の隣人を愛せよ。

契約の箱




【モーゼの契約の箱 フタの上に2体のケルビムが守っている】



己れを愛するがごとく、汝の隣人を愛せよ。

『新約聖書』『マタイによる福音書』第22章39節などに見られる隣人愛を説いたイエスの教え。


リマ:これが今日の言葉ですか!! (;゜▽゜)

ケルビム:そうだよ。良い言葉だろう。
イエス・キリストの言葉だが、あなただったらどう解釈するかね。


リマ:自分を愛するように周りの人を大切にしなさいということだよね。
タハッ、そのまんまだわ。
でも、自分を愛していなかったら、どうしよう!?(^^;

ケルビム:そうだ。自分を愛していない者は、他人を愛せないのだ。
あなたが幸せでなかったら、他人を幸せにはできないのだ。
他人のために働こうという人が、自分を愛していなかったらその動機はどうか。
他人に認められたい、感謝されることで自分の存在を確かめたい。
つまり、他人のためではなく自己満足のために働くことになる。
実に不純な動機ではないか。
他人は自己満足のためのダシにされているのだ。


リマ:そうだとすると、自分を愛せるようになることが一番大事なのね。
そうでないと、隣人を愛せるようにならない。

ケルビム:むずかしく考えなくてもよいのだ。すべてはつながっているのだから。
世界中の人々が、自分を愛するようになったらどうなるか想像してごらん。


リマ:自分を愛する人は、自分の気持ちを一番に優先する。そして、自分が一番したいことをする。その結果、いつも幸せだと感じる。
幸せな人ばかりだったら、無意味な争いや戦争は起きなくなる。
幸せな人たちの間では、お金の取り合いや物の奪い合いは起きない。

例えば、自分が今の会社いやだったら、辞めてしまう。
そして、自分が一番したい仕事を始める。独立・起業とか。
それでうまくいくのかな?
見通しが甘くて失敗するかもしれないよ。(;´Д`)

ケルビム:そうかもしれないし、そうでないかもしれない。
それはどれだけ自分を信じ切れるか、どこまで自分の夢を愛しているかによる。
たとえ上手くいかなくても、夢に向かって前進しているとき、人は幸福を感じるものだ。
成功した自分、夢を実現できた自分を想像するとワクワクして楽しいではないか。


リマ:じゃあ、自分を愛せるようになってから隣人を愛せばいいのね。

ケルビム:それは違うのだ。
自分を愛することが一番重要だが、それだけではエゴの塊になってしまう。
自分も他人も実は深いところでつながっているのだ。自分も他人も結局は同じ根につながっているのだ。それを認識することが大事だ。


リマ:人が潜在意識でつながっているとはよく聞くわね。
実は地球とも深くつながっているのね。

ケルビム:あなたが一枚の葉っぱだとしよう。葉っぱは枝についている。枝には同じような葉っぱがたくさんついている。それが隣人達だ。葉っぱはどんな仕事をしているか。光合成で日光から養分を作り根に送る。根から吸収された水分や栄養分をもらう。気孔から余分な水分や酸素を出す。
君たち人間も、大地(地球)で育った野菜や果物を食べて生きている。水や空気をもらっている。そのお返しに何をしているか。

本来ならば君たちは愛と感謝の気持ちで地球に奉仕するはずだった。しかし、今の君たちは、恩を仇で返すようなことしかしていない。地球から大事な鉱物や資源を掘り出して、自分たちの欲望を満たすために消費して、環境を悪くしている。他の動植物を滅ぼすようなこと平気でしている。(`Д´メ)


リマ:あのう、ケルビム。隣人の話をしているんですが・・・・

ケルビム:そうだった。話を戻そう。
君たち葉っぱは同じ木についているのだ。
他人だと思っていた葉っぱも、自分という葉っぱも同じ木の枝についているのだ。
運命共同体だ。
自分と他人は同じ枝の葉だ、自分も他人も分け隔てなく愛せよ。
イエスはそう言っているのだ。


リマ:そうだったのか!
分け隔てなくということなのね!!
イエス様の教えは意味が深いんですね!! (*^∀^*)


女神カードリーディングの詳細はこちら

★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。、:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
応援のクリックありがとうございます。(⌒_⌒)


精神世界

精神世界ランキング
2008.01.26 Saturday 22:04 | comments(0) | - | 
<< 智天使ケルビムとの会話 | main | 夫は天使の生まれ変わり >>