<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

体験談 単身赴任の夫との過去生

ロセッティ 最愛の人
【ロセッティ 最愛の人】

☆天使と過去生リーディング体験談

単身赴任の夫との過去生
(短く編集してあります。)

《ご相談内容》


 ゆきえ様 女性 40代 

リマさん、はじめまして。
私は40代の主婦です。
会社員の夫とは職場結婚をしました。
子どもが二人います。
現在、夫は単身赴任をしています。
私は主人のことをとても愛していますが、
主人の思いがそれほどないことに、いつも寂しい思いをしています。
前世で何か関わり等あったのでしょうか。

*******************

☆天使と過去生リーディング回答

○ご主人様との過去生

1.中世ヨーロッパ。あなたは農村の娘でした。裁縫が得意で、自分で服を縫うことが好きでした。村には衣料品店はなく、村人は定期的に回ってくる行商の仕立屋から衣類を買ったり、仕立てを頼んでいました。娘は仕立屋たちと親しくなり、仕事の手伝いをするようになりました。
そして、若い方の仕立屋(ご主人様)と愛しあい、結婚しました。やがて、二人は町にある彼の父親の店を継ぎました。若夫婦はさまざまな困難を乗り越えながら、店を守り、子どもを育てました。夫婦で協力して共に仲良く生涯を送りました。


2.近代中近東、トルコ。
あなたは年の離れた商人の妻でした。年老いた夫の代わりに商売を管理していました。
店は小さくても、交易でかなり儲けていました。実務は店の番頭(ご主人様)にほとんど任せていました。あるとき、彼が儲けをごまかしているのではないかと疑い、証拠もないのに彼をクビにしてしまいました。番頭は女主人を恨みつつ故郷に帰り、ひっそりと暮らしました。
その後、店は次第に傾いていき、妻は後悔しましたが、番頭を呼び戻すことはありませんでした。夫が亡くなった後は店をたたみ、子どもたちと夫の遺産で暮らしました。


○ゆきえ様の守護天使からのメッセージ(一部)

このように、お二人は一緒にいくつもの人生を送りました。

中世ヨーロッパの衣料品店の夫婦だったときは、二人は固い絆で結ばれていました。

近代中近東、トルコでの交易商売人の妻だったときは、心から人を信頼することができず、忠実な番頭を疑い、そのために店までつぶしてしまいました。

ご主人様は、あなたの性格がトルコの女主人に似ているために、あなたから距離を置きたくなっているのです。

この思いに気づいて、素直に自分の気持ちを口に出して言えるようになると、ご主人も安心してあなたの元に戻ることができるでしょう。

天使はお二人が末永く仲良く暮らせるようサポートしています。


○リマの透視リーディング(一部)

守護天使のメッセージにもあるように、ご主人様はあなたから遠ざかろうとして、潜在意識で単身赴任になる状況を選んでいます。

あなたの有り余るエネルギーを外に向けて発散することで、人を支配したい思いをコントロールできるようになります。そうすれば、自信を持って楽しく生きることができます。


*******************

リマ様

主人との過去生をありがとうございました。

中世ヨーロッパの時代は仲良くしていたんですね〜
嬉しいです。
近代トルコの時代は心から人を信頼することができなかったんですね。
主人を態度で操る・・・思いどおりにさせたい・・・
きっと当たっています。

私が主人の自己中な態度にいらっとして怒る。
主人を信頼できない。愛情を感じない。
愛情くれないならこっちもあげないと
今生はこのパターンの繰り返しです。

潜在意識で私から距離を置きたくなり、単身赴任になる運命なのですか・・
なるほどです。ただの上司からの命令だけではなかったのですね。

回答を読んだ次の日に、主人に今まで本当にごめんねと素直に謝りました。
次の日、主人がメールをくれました。

「今度生まれ変わったら誰と結婚する?」と。
もちろんパパよと私は答えました。
「いやー、おれも絶対ゆきえともう一回結婚する」と言ってくれました。

そしていつも、YOUTUBEでBankBand(桜井和寿)が歌う「糸」という動画を見ながら
主人は泣いているというのです。

--------------------------------------

『糸』 Bank Band 桜井和寿youtube
作詞  中島みゆき



なぜ めぐり逢うのかを
私たちは何も知らない
いつ めぐり逢うのかを
私たちはいつも知らない
どこにいたの
生きてきたの
遠い空の下
ふたつの物語

縦の糸はあなた
横の糸はわたし
織り成す糸はいつか誰かを
暖めうるかもしれない

縦の糸はあなた
横の糸はわたし
逢うべき糸に出逢えることを
人は仕合わせと呼びます


---------------------------------------------
また主人からメールです。

「今はつくづく思う。たての糸はあなた、
よこの糸はわたしってね。
最後の仕合せっていうのは辞書でみると
運命の巡りあわせっていう意味なんだよ」

こんな思いでいてくれたのに
責めてばかりで反省です。

私たちはツインソウルといかないまでも
ソウルメイトなんでしょうか。

また来世では離れることなく傍にいれたらと
願っています。

リマさん、いろいろありがとうございます。
今度は自分自身に向き合ってがんばりますね。

ゆきえ

*******************

とても素敵なご感想ありがとうございました。
YOUTUBEの「糸」見ました。
なんてやさしくて愛情深いご主人様でしょうか。
私ももらい泣きしてしまいました。
まさしくお二人はソウルメイトです。

リマ

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 天使と過去生リーディングは終了しました。

  ぴかぴか ランキングに参加中ぴかぴか 
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←こっちもお願いします。

2009.05.29 Friday 12:06 | comments(2) | - | 
<< バラの花 | main | 山のいのち >>
ミルラ (2009/06/02 4:13 PM)
・・・じーんときました。

ゆきえさんは、過去の私とそっくりです。
3年前、わたしが夢に向かって前進していなかったら(気持ちを夫だけではなく、外に向けて)いなかったら、私の主人も単身赴任していたかもしれません。そんな雰囲気がありましたもの。

いま私は、家族を大切にしつつ、自分の夢に向かって少しずつ前進しています。

リマさん、毎日がミラクルですよ。ありがとうございます。


リマ (2009/06/04 2:09 PM)
☆ミルラさん、ありがとう♪
みんな生まれ変わりながら、互いに自分の欠点やいたらないところに気づいていくのですね〜
特に夫は深いつながりのあるソウルメイトであることが多いですね。
家族の一人が気づいて変わると、みんなもいつの間にか良い方向に変わるようです。
これからがますます楽しみですね。