<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

リーディング体験談 同居の義母との確執

エクスタシー パリッシュ
【エクスタシー パリッシュ】

久しぶりに体験談を掲載します。
N様ありがとうございました。


☆天使と過去生リーディング体験談

同居の義母との確執
(短く編集してあります。)

《ご相談内容》

N様 女性 50代 

私は好きな男性と結婚できて、夫によく似た二人の息子のいる幸せな主婦でした。
それが5年前、夫の両親と同居し始めてから人生が変わりました。

義父が癌を患い看病が大変だから一緒に住んでくれと義母から頼まれての事でしたので、私なりに良い嫁であろうと懸命に努力しました。

同居する前は『みんなどうして嫁姑戦争なんて言うんだろう?お互いに良く話し合い愛すればうまくやれるはずなのに・・・』と思っていましたが、やはり経験してみないと分からないことは多いのだと実感しています。

義父を見送り、残された義母から毎日毎日、『あれをしなさい!これをしなさい!』と追い立てられ、母の希望に添えるまで執拗に食い下がられ、干渉・監視され、ついに心が折れてしまい、義母の声を聞くだけで吐き気がするようになり、義母を避けて必要最低限の家事をすませると自室に引きこもり、シニタイと思うようにもなりました。
 
義母は、超がつくほど自己中心的な人です。
いわゆる周りの空気を読めない、自分しか見ない、他人(我が子でさえ)の為に自分のペースを絶対に変えない、プライドが高い、自己犠牲の精神がない、変わった人です。
私のさり気ない気遣いや愛も感じ取ってくれません。
今までたくさんの困難を元来の能天気さで乗り切ってきた私ですが、義母だけには参りました。。。
 
義母とは普通の嫁姑の関係だけではなく、絶対に前世で何かあったような気がしてならないのです。
私がどうしてあんな大変な姑に出会ってしまったのか、私の今生の課題は何なのか、ずっと考え続けていますがはっきりとした答えが見い出せずにいます。
 
これから私が自分らしく明るく生きていく為に、何か納得できるきっかけが得られればと思います。宜しくお願いします。

 
*******************

☆天使と過去生リーディング回答

○N様とお義母様の過去生

1.アメリカ開拓時代。あなたは東部の市民の娘でした。大学に通うため南部から来ていた青年(夫様)と愛しあい、卒業後は彼の両親と農場で暮らすことになりました。

彼の両親は裕福な農場で、黒人奴隷をたくさん使っていました。母親(義母様)は気位が高く、息子が普通の市民の娘と結婚したことが不満でした。嫁のやることなすこと気にいらなくて、朝から晩まで、顔を合わすたびに小言を言い続けました。

嫁はストレスで病気になり、部屋にこもりがちになりました。
やがて、子どもが次々に生まれ、夫の父親が病死したり、さまざまなことがありましたが、嫁と姑の間の確執は姑が倒れて亡くなるまで続きました。


2.日本、明治時代。あなたはある地方に住む一家の娘でした。母親が病気になったため、幼い子どもたちは別々に親戚に預けられました。あなたは8才の少女でしたが、遠くの叔母一家に預けられました。

叔母(義母様)は冷たい人で、少女を女中がわりにこき使いました。学校へは行かせてくれましたが、朝から夜まで、休むことなく雑用に追い回しました。年上のいとこたちが遊んでいる間も、拭き掃除や庭掃除をさせられました。

やがて、少女の母親が亡くなり、別れ別れになっていた兄弟たちが実家に呼び集められ、久しぶりに家族団らんの生活が出来るようになりました。少女もやっと年頃の娘らしい生活ができ、卒業後は近くの商店で働き、店のお客の青年(夫様)と結婚しました。そして、幸せな家庭を築きました。


○N様の守護天使からのメッセージ

あなたとお義母様の間には、このようにいくつかの人生で一緒でした。その多くはお義母様があなたを迫害するというパターンでした。しかし、殺し合ったりするようなことはありませんでした。

お義母様にはたくさんの人生の課題があり、すぐに彼女が変わることはありません。
その前に、あなた自身の問題を見つめてみましょう。

あなたの大きな課題は、感情の抑圧、特に怒りの抑圧についてです。
これまでの病気は、あなたの感情エネルギーがうまく流れていないことを示しています。
たとえば、甲状腺はノドのチャクラです。言いたいことをガマンしていると、甲状腺が悪くなります。

これからは、自分の本当の感情に注意しましょう。感じたことを素直に周りに表現できるようにしましょう。自分に誠実になることで、エネルギーがよりスムーズに流れるようになるでしょう。

お義母様に対しても、良い嫁であるだけでなく、正直な感情を示しましょう。いやなことや出来ないことははっきり意思表示をするのです。ときにはケンカもするでしょう。お義母様の苛立ちの原因のひとつには、あなたが彼女に真剣に向き合っていないことから来ています。

天使は、あなたが人生の課題をクリアすることをサポートしています。


○リマの透視リーディング(一部)

お義母様は、ありのままの自分をを受け入れてくれる相手を求めています。あなたが自分自身に誠実になり、自分の気持ちを素直に伝えることで、お義母様にも誠実になれるのです。
それが、お二人の和解の道の第一歩になるでしょう。


*******************

☆N様のご感想
 
さっそくお送り頂いたリーディング結果を読ませて頂きました。
やはり・・・という第一印象です(^_^;)
 
過去でも姑とは色々あったのだということがはっきりして、やはりそうだったのか〜と、納得しました。

それから、夫とは過去2回とも夫婦だったと聞いて、それも自然に納得できました。
何か嫌なことがあっても喧嘩までには発展せず、いつもお互いに何となく相手の考えていることが自然と解りあえてしまうので、深い縁を感じておりました。

ひとつ質問をしたいのですが、私の怒りの抑圧については私自身の課題として、愛を持って接することができるように精進したいと思いますが、姑はリマさんが見て下さった通りすぐに変わることはないと思います。

私は今生で何かをすれば、次に生まれ変わった時は状況が改善されるのでしょうか?
私が今生の課題を克服すれば、来世ではまた違った姑との関わり方(出来れば関わりたくないですが)ができるのか、お教え下さい。

宜しくお願いします。

*******************

☆リマからの返信

さて、ご質問ですが、
私のリーディングのポイントは、

>愛を持って接することができるように精進したい
>もし私が精進して色々な事を学んで、接し方を変えたとしたら、

とは逆です。

それは、あなたの正直な感情をお義母様に伝えることです。それは本当の気持ちのことであって、上辺だけ良い顔をして、もめ事を起こさないようにすることではありません。

今生で、あなたが自分の気持ちを表現するのを抑えて、ガマンの人生を送れば、また別の来世で同じような試練がやってくるでしょう。

しかし、それはあなたが被害者なのではありません。あなたが生まれる前にご自分で選んだ試練なのです。思い切って、お義母様と真剣に対話をしてみましょう。

*******************

☆N様からのご感想2

お返事ありがとうございました。

私は小さいときから、両親の夫婦喧嘩を見たことがありませんでした。
母親や祖母から女性は我慢して尽くすのが美徳というような習慣を学んで、家族の前ではいわゆる『良い子』の自分を小さい頃から演じていたような気がします。
夫に対しても、なるべく波風を立てないようにどこか我慢している自分がいます。
 
でも外での自分はそうではなく、小さい頃から積極的で言いたい事はハッキリ発言するタイプの子でした。
 
そんな私が、姑の前だけではまるでヘビに睨まれたカエルのように『自分らしくいられない』ことをずっと悩んでいて、今回リマさんに見て頂いて自分の過去生を知り、原因が判って喉のつかえが降りたような気がしています。
 
姑に対する苦手意識と、あまりの執さにいつも根負けして言うことを聞いてしまい、陰でブツブツ文句を言っている私に、夫や息子たちからも『どうしてそんなに我慢するの?嫌だったらお婆ちゃんにハッキリ言って断ればいいじゃない!』とよく言われます。
その通りですよね(^_^;)
 
リマさんのお陰で、怒りの抑圧について色々調べ始め、今やっと自分や過去を解放する為のスタートに立てたような気持ちです。
 
姑に対して心を開いて、言いたいことは正直に言ってみようと思います。
 
なんとか、頑張れそうな気がしてきました(^_^)
本当に、リマさんには感謝の気持ちでいっぱいです。

*******************

その後、N様はお義母様と積極的に話すことを心がけて、先日は一緒に日帰りバスツアーに出かけられたそうです。良かったですね。(^_^)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 天使と過去生リーディングは終了しました。 

  ぴかぴか 
ランキングに参加中ぴかぴか 
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←こっちもお願いします。

2009.05.19 Tuesday 20:10 | comments(0) | - | 
<< 天使とのワークご報告 | main | ルーヴル美術館展 >>