<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スピリチュアル開運お茶会ご報告(2020年1月23日)

ナン

【ランチ、北インドでおなじみのナンです。】


 

こんにちは〜不思議大好きな

HAPPYリマです。ヽ(´∀`)ノ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←良かったら応援のクリックお願いします。

 

先日のお茶会ご報告です〜

 

朝から冷たい雨だったので、神社参拝は省略してランチから始めました。

船堀にあるこのインドレストランは、南インドと北インドの両方の料理が食べられる珍しいレストランです。

 

ドーサ

【ランチ、南インドは長いドーサです。】


食後は、お茶会の会場に移動して、ミカエルストーンの作成を行いました。

 

天同さん

 

天同さんの解説後、各自お気に入りの石で作りました。

 

ミカエルストーン1

【ミカエルストーン作成中 一人ずつやり方を教えています。】


ミカエルのエネルギーと一緒にその人のエネルギーも入るので、同じ種類の石でも違った変化があります。

 

ミカエルスとーン2

【慎重に図の上に石を置きます。】


それぞれの図に置き、決められた言葉を唱えると、見る間に石が変化していきました。


みかえるすとーん

【制作途中のミカエルストーン、色が濃くなってきらびやかなレインボーが入ってきました。まだまだ変わります。】

 

今回はアメジストの球の方が二人いらしたので、変化を見比べるのにちょうど良かったです。

 

入れた人によって変化が違うので不思議です。


その後、初富ストーンをお配りしました。
初富ストーンは令和二年の開運お守りです。
手に持つと気持ちがどっしりして落ち着きます。


アドラー

【アルフレッド・アドラー】

 

最後に、私がアドラーさんの想念をダウンロードしました。

そして、アドラーさんがみなさんの質問やお悩みに答えてくれました。

 

アドラーさんが入ると私のエネルギーが変わったそうです。
いつもの私の話し方でなく、力強いはっきりとした話し方でした。

 

話しながら、「いいこと言ってるじゃん。アドラー心理学を勉強しようかな〜」と思いました。

 

アドラーさん、ごめんなさい (;´∀`)

 

・お茶会ご感想

 

たくさん書いていただきありがとうございました。
長いので短くまとめました。
(*^o^*)

 

S様
念願のミカエルストーンを作れて良かったです。
石の色が本当に変化したのが不思議でした。
初富さんのメッセージと開運ストーンもいただけたのでうれしかったです。
最後にリマさんが「アドラーさん」になって悩みに答えてくださったのも参考になりました。


H様
こうした会に参加するのは初めてでしたが、楽しい充実の時間を過ごせました。
ミカエルストーンはこれから大活躍してくれると思います。うれしいです。
初富さんは親しみやすい楽しいキャラでした。
参加して本当に良かったです。
ありがとうございました。


猫グレさん
ミカエルストーンは2回目でしたが、前回と石の感じが変わるのが面白かったです。
説明を聞いてから作ると、入るエネルギーが目に見えて違いました。
初富ストーンは令和二年限定なので、今年の開運を意識していきたいです。
リマさんのアドラーさんの考えをダウンロードしての問答も、初めてのリマさんの語り口でしたし、さすがアドラーさんだと感心しました。今回も、もりだくさんでした。

 

精神世界ランキングバナー←こちらも応援のクリックお願いします。

 

 

♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚

これからの予定(詳細は文字をクリックしてください。)

 

2月13日(木)スピリチュアル開運お茶会(船堀)

 

2月16日(日)浅草・心と体が喜ぶ癒しフェスティバルのご案内

 

2月23日(日)大宮氷川神社ツアー(日帰り)

 

  きききききHAPPYリマのメニューききききき

ハート一番人気 セルフ前世個人レッスン

ハート二番人気 個人セッション

 (数秘術・前世鑑定付・対面またはSkype)

 

  電話(Skype・zoom)セッション

数秘術講座、料金、お問い合わせHPへ

↓記事の更新情報、お問い合わせに便利です。 キティ

友だち追加

 

2020.01.27 Monday 16:02 | comments(0) | - | 
<< 【動画】スピリチュアル開運お茶会ご報告(2020年1月23日) | main | 【動画】インド仏教最高位の日本人僧侶、佐々井秀嶺(82) >>