<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

念とは何か?

念

 

・念の言葉の意味 

 

よく、「念が強い」とか「念がかなう」という言葉を聞くことがあります。


この「念」とは何でしょうか?


何となく分かっているようでよく知らないものです。


気になるので、調べてみました。


デジタル大辞泉の解説


ねん【念】


1 思い。気持ち。「感謝の念」


2 心くばり。注意。「念には及びません」


3 かねての望み。念願。「念がかなう」


4 仏語。
㋐心の働き。記憶する働き。
㋑非常に短い時間。一念。刹那。
㋒対象に向かって心を集中し、冥想(めいそう)すること。

 


ねん【念】[漢字項目]
[音]ネン(呉) [訓]おもう
[学習漢字]4年


1 いちずに思いをこめる。「念願・念力/一念・観念・祈念・思念・専念・想念」
2 いつまでも心にとどめる。「念書/記念」
3 思い詰めた考えや気持ち。思い。「怨念(おんねん)・疑念・雑念・残念・執念・情念・信念・断念・無念・妄念・理念」
4 注意。「丹念・入念」
5 含み声で唱える。「念経・念仏」
6 きわめて短い時間。「念念/一念」
7 「廿(じゅう)(二十)」の代用字。「念日・念六日」
[名のり]むね


出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例


・私の考え 

 

いかがですか〜ヽ(⌒‐⌒)ゝ
念という言葉は、心と関係があるのですね。


私は、心で創り出している考えや感情のことだと思います。


人間や生物は電気エネルギーで出来ています。


ですから、人間の発する念は電気エネルギーで、物質なんです。


物質ですから、誰でも感じることができます。
感じ方に強い弱いの差はありますが。


気功でエネルギーボールを作ったり、手の平がビリビリするのは、気(エネルギー)を感じているからです。


気を流してあげると、「ああ〜気持が良くなった〜」と感じるのも気を感じているからです。


エネルギーヒーリングも同じ原理ですね。


念も気も、振動数や周波数は違っても人間が発するエネルギーです。


そうすると、魔術や呪いも、生体エネルギーを使っているんでしょうね。


念や気の使い方に習熟すれば、あなたも私も魔法使い♪
ヽ(´∀`)ノ


「想念について」につづきます。
http://rimaroom.jugem.jp/?eid=2534

 

 

10月21日(日)リマの瞑想お茶会(船堀)

 

  きききききHAPPYリマのメニューききききき

ハート一番人気 セルフ前世個人レッスン

ハート二番人気 個人セッション

 (数秘術・前世鑑定付・対面またはSkype)

 

  電話(Skype・zoom)セッション

数秘術講座、料金、お問い合わせHPへ

↓記事の更新情報、お問い合わせに便利です。 キティ

友だち追加

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 応援のクリックお願いします。

スピリチュアル・精神世界ランキング

精神世界ランキング

2018.10.13 Saturday 20:23 | comments(0) | - | 
<< セルフ前世ご感想、木こりの地味な前世 | main | 「アミ3度目の約束」から”地底世界” >>