<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

第4チャクラは愛の力

【ハートマス研究所:クイック・コヒーレンス・テクニック】


私は今、第4チャクラの活性化に取り組んでいます。


引き続き、キャロライン・メイス「7つのチャクラ」から、第4チャクラについての部分を引用しますね。


メイスさんによると、現代は第4チャクラの時代だそうです。


 第4チャクラ 


・一生をかけて愛の力を学ぶ


愛はあまりにも強い力を持つため、私たちはいくつかの段階を経て、徐々にそれを知っていくようになっている。


各段階は、様々な愛の形とその力について学ぶ機会を提供する。
許し、慈しみ、寛容、親切、自分や人を大切にする気持ちになるのだ。
そして、私たちは各チャクラの構成に沿ってこれらの段階を踏んでいく。


まず最初は第1チャクラ、つまり同族の中で愛を学ぶ。
家族のひとりひとりから、様々な形で表現された愛のエネルギーを吸収する。


同族による愛は無条件なこともあるが、普通は集団への忠誠と4支持への期待を伝えてくる。
同族的な環境では、愛は自分と同類の人たちと分かち合うエネルギーなのだ。


第2チャクラが目覚め、友情の絆を学ぶにつれて、愛は成長して部外者もその対象に含まれるようになる。

血の繋がっていない人には愛を与えたり、その人を大切にすることを通して愛を表現するのだ。


次に第3チャクラが目覚めると、外的なものや、自分の個人的なもの、身体的なもの、物質的なものへの愛を発見する。
例えば、運動や学問、ファッション、異性との交際、職業や家庭、そして体への愛などが挙げられる。


これら3つのチャクラは、すべて外面の世界での愛に関わっている。
 

人間の文明のある時期には、これら3つの愛の実践が、人生で必要なこと全てだった。
同族的な愛やパートナーシップ以上のものを必要とする人はほとんどいなかったのだ。


しかし、心理療法や、霊的なことを学ぶ人が増えるにつれて、愛は体の生物学的な活動に影響与える力、あるいはしようとすると、それを決定づける力であると認識されるようになった。


愛は人を、そして自分を癒すのを助けてくれるのだ。


愛がその核心にあるような人生の危機…例えば離婚、愛する人の子、感情面での虐待、人を見捨てること、それに不倫などは、病気の原因になることがある。


必ずしもその病気の直前の出来事だけが原因とは限らない。
体を癒すためには、感情面の問題の癒しが必要であることも多いし、場合によってはそれが必須の条件となることもある。
p198


リマのまとめ:


少し前までは、人々は第1〜3チャクラだけで生きていれば十分でした。
しかし、現代は、心理や霊性にも関心が向いてきました。
そのため、より高次のチャクラを開く必要が出て来ました。
つまり、世界が霊性に目覚めてきているのです。


きずな

 

 心の傷と、一目惚れの関係 

 

次の文章は、心の傷と、いわゆる一目惚れの危うさについて書かれています。
気になったので、ご紹介しますね。


・心の「傷」を「絆」にしない


親しみの情を表す手段としての「心の傷」は、癒しのためのサポートグループだけでなく、人間関係一般にも表現の場を見つけるようになっている。


実際、恋愛関係が「本気になる」ためには,絆が結ばれていく過程で心の傷を明かす事はほとんど「必要条件」の1つといってもいい位だ。


典型的な絆の形成の儀式は、次のような形をとる。


2人の人間が初めて出会う。

名前、故郷、それにもしかすると人種的、宗教的な出自に触れるかもしれない。
(第1チャクラのデータ)

次に会話は第2チャクラの話題へと移る。
職業、結婚、離婚、あるいは子供の有無などを含む過去の人間関係の歴史、それに経済的な話も出るかもしれない。

第3チャクラのレベルの話がこれに続く。
普通これは、食べ物の好みとか、運動、プライベートの時間には何をするか、それに意識を高めるための活動なども含まれる可能性もある。

さらに親しいつながりを持ちたいと思うなら、2人は第4チャクラへと進む。


1人が、まだ内面で解決しようとしている心の傷を明かす。


もう1人が、いわば絆づくりの態勢でこれに答えようと思えば、それに匹敵するほどの傷を明かす。
それがマッチすれば、2人は心の傷の友となるのだ。p212


1960年代以前は、人間として成熟し、強くなると言うのは、痛みや敏感な部分を自分の中に収めておくことであると定義されていた。


しかし、現代の定義には、他の人間に対して自分の内面の弱さをあらわにできるという力も含まれている。p214


今のところ、「癒された」とは、「誰かや何かを必要としている」のと反対の状態と定義されている。


このため、癒されると言う事は、完全に自己充足的で、いつも肯定的にものを考え、いつも幸せで、いつも自信を持ち、決して誰も必要としないと言う状態を意味することになる。


これでは自分が「癒された」と考えられる人がほとんどいなくて当然では無いだろうか。p215

 

具体的な癒しの6つのステップ
(省略)


癒しは単純なことだが、容易ではない。
その段階は数少ないものの、相当の努力を要する。


リマの感想:


心の傷の癒しは、根気強くコツコツと続けていくことが必要です。


何かのセッションやワークで、ただちにすべてが癒されるということはありません。
ひとつ癒すと、その下からまた別の傷が浮上してきます。


それを繰り返していくと、少しずつ傷が少なくなり、感情が軽くなります。
そのためにも、第4チャクラの愛の力に目覚めることが重要なのです。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

10月21日(日)リマの瞑想お茶会(船堀)

 

  きききききHAPPYリマのメニューききききき

ハート一番人気 セルフ前世個人レッスン

ハート二番人気 個人セッション

 (数秘術・前世鑑定付・対面またはSkype)

 

  電話(Skype・zoom)セッション

数秘術講座、料金、お問い合わせHPへ

↓記事の更新情報、お問い合わせに便利です。 キティ

友だち追加

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 応援のクリックお願いします。

スピリチュアル・精神世界ランキング

精神世界ランキング

 

2018.09.20 Thursday 22:04 | comments(0) | - | 
<< ケイ・ミズモリ氏の新刊【すごい発見】出版記念セミナーに行きました。 | main | 世界に吹き出したデスカフェ旋風 >>