<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

アストラル体(感情体)について

[ 神智学 ]

伝導瞑想―21世紀のヨガ 単行本 – 1997/11
ベンジャミン・クレーム (著),‎ 石川 道子

私たちが、トラウマと呼んでいるものはアストラル体(感情体)にあります。
これについてのわかりやすい文章をベンジャミン・クレーム氏の本に見つけたので、ご紹介しますね。


ベンジャミンクレーム氏

ベンジャミン・クレーム氏については、こちらを参照してください。

 

ベンジャミン・クレーム氏について
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

人類は、現在、ほとんど完全に感情的反応で動いていますが、これがハート(胸、心)で反応する方へ移行していくのが、我々の進化過程の目標です。


それによって、感情を本当の愛に変えるのです。
人間のアストラル体は、アトランティス人種の時に、進化発達したものです。
千二百万年前から9万8千年前位にまたがった、非常に長い期間でした。
あの時の種族体験を通して、人類はアストラル体(感情体)を完成させました。
感覚、感じ(フィーリング)、感情の器です。


アトランティス人は、その任務を非常に立派に成し遂げたので、アストラル体は、今日の人類にとって、最も強力な器なのです。
我々の大部分は、感情的に編極しており、アストラル体のエネルギーに押し流されています。


それが人類の中に破壊を起こさせ、ほとんどの問題や困難を起こす源なのです。
できるだけ早く人類がメンタル界を使って、アストラル界のエネルギーをコントロールし、感情をハートに持ち上げることができれば、それだけ早く神性への歩みを始めるでしょう。


実際、ジュワルクール覚者は言われました。
個人ができる最も重要なこと、世に与えることのできる最大の贈り物、私たちができる最大の奉仕は、自分の情緒、感情体をコントロールすることである、と。
この器をコントロールするや否や、あのアストラルエネルギーは、純粋な愛に変性します。


すると、みぞおちのチャクラの活動は、太陽からのエネルギーを吸収することに転換し肉体を活気づけます。
脾臓を通して、そのエネルギーが体全体に配分され、感情のエネルギーは高度に持ち上げられ、愛としてハートセンターを通して表現されます。


アストラル体は、本来、鏡のようであるべきなのです。
静まり返った鏡の上に霊的直感が反映されるのです。


しかるにほとんどの人にとって、それは激しく撹拌する大鍋のようであり、巻き込まれやすいすべての感情によって、あちらこちらに押し流されます。
われわれはこれを征服し、愛に変性するまで、聖なる存在となれません。
それをなすとき、われわれは神性への第一歩を歩むのです。


ベンジャミンクレーム著「伝導瞑想」p140

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

いかがですか〜?

私たちの感情の浄化がいかに大切か、おわかりになったでしょうか?

 

私は心が楽になりたくて、スピリチュアルの世界に入りました。

そして、今はマスターゲート氏の元で、自覚を学んでいます。

 

しかし、まだたくさんの感情のトラウマや思い込みがあります。

ご一緒に、自覚や癒しを学んでいきましょう〜

ヽ(´∀`)ノ

 

お申し込み受付中

スピリチュアルイベントに出展します。

3月11日(日)心と体が喜ぶ癒しフェスティバル(浅草)

3月21日(水祝)前世・未来世グループ練習会(都内船堀)

  きききききHAPPYリマのメニューききききき

ハート一番人気 

  セルフ前世個人レッスン→☆☆☆ 

ハート二番人気

  個人セッション→☆☆☆

 (数秘術・前世鑑定付・対面・Skype)

 

その他のメニュー、料金、お問い合わせは

HPをご覧ください。→HPへ

友だち登録してね。キティ

記事の更新情報、お問い合わせに便利

友だち追加

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 応援のクリックお願いします。

スピリチュアル・精神世界ランキング

精神世界ランキング

 

 

 

2018.02.27 Tuesday 16:32 | comments(0) | - | 
<< 松果体を活性化させるには | main | 3月11日(日)浅草イベント最新情報 >>