<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

私が催眠療法を習ったきっかけ

ワイス博士

前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫) 文庫 – 1996/9/1
ブライアン・L. ワイス (著)

 

このブログのどこかに書きましたが、私は化学物質過敏症になり、当時の医学から見放されました。

 

はっきり言われた訳ではありませんが、「一生病気とつきあっていく方向で・・・、山の中に一人で暮らしている人もいますよ〜」と話されたのです。


しかし、あきらめきれなかったので、いろいろ調べて、気功にたどりつきました。
そして、以前友人が紹介してくれた、気功教室に通うようになりました。


そこで一生懸命、気功の練習をしているうちに、エネルギーが見えるようになったり、自分の前世が見えるようになったのです。


自分の前世?(◎o◎)


前世って何だろう!⌒◎▽◎ ⌒


前世のことがもっと知りたい。


当時、ブライアン・ワイス博士の「前世療法」がベストセラーでした。
私も読みました。


これだ!! O(≧▽≦)O 


この催眠療法というのを習えば、自分で自分の前世がわかるのだろう。


というわけで、あるヒプノセラピー講座で習いました。
そして、習っった方法で、自分の前世をたくさん見られるようになりました。


「前世を見る」と書きましたが、正確には視覚的に見る人、感覚的に感じる人、人によって感じ方は様々です。


あとで知ったのですが、ヒプノセラピストさんの全員が、自分の前世を自分でわかるのではないらしいです。


疑問:
自分の前世がわからないのに、どうして他人の前世療法が出来るのだろうか?


ダレル・ホオルツァー先生は、前世が分からない人は自分の子ども時代を覚えていない人と同じだと話されていました。


それで、誰でも自分で前世をわかるようになってもらいたいと思い、セルフ前世講座セルフ前世練習会を開いています。


最近、当時のテキストを見直して復習しています。
もっと催眠療法(ヒプノセラピー)について学びたくなりました。


この世界は非常に奥が深いです。
ヽ(´∀`)ノ

 

2月13日(火)前世・未来世グループ練習会(都内船堀)
お申し込み受付中

あなたも簡単な誘導瞑想を体験してみませんか?

 

  きききききHAPPYリマのメニューききききき

ハート一番人気 

  セルフ前世個人レッスン→☆☆☆ 

ハート二番人気

  個人セッション→☆☆☆

 (数秘術・前世鑑定付・対面・Skype)

 

その他のメニュー、料金、お問い合わせは

HPをご覧ください。→HPへ

友だち登録してね。キティ

記事の更新情報、お問い合わせに便利

友だち追加

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 応援のクリックお願いします。

スピリチュアル・精神世界ランキング

精神世界ランキング

 

 

2018.02.07 Wednesday 21:06 | comments(2) | - | 
<< 昨日はマスターゲートさんのスカイプ講話でした。 | main | 数秘術は簡単で面白いです〜 >>
鈴 (2018/02/09 9:51 AM)
おはようございます。

私も輪廻転生の事は理解しておりまして前世の催眠療法について凄く興味があります。
実は娘がいるのですが首に生まれながらのあざがありまして前世の印かな?と思っています。
自分の前世はある程度わかってきてはいますが前世の催眠療法で前世からのメッセージを受け取ったりソウルメイトに出会えたりとわかればこの現世での生き方もまた違ってくると思います。
私と娘は前世では親子ではありませんでした。現世では娘ですが子育ての中私はいつも友人?第三者的な感覚で接している自分がいました。魂レベルも娘の方が上と認識もしてました。実際の話し本当に不思議な感覚ではありますが(^^;;
今思い出しましたが娘が幼い頃寝ながら泣く事がありまして心配してましたら当時の知り合いの方に前世で牢屋に入れられてると言われ娘に牢屋の鍵を開け解放してあげた事により寝ながら泣く事がおさまった実体験もあります。
不思議な世界ですが1人でも多くの方々に伝わればと思っております(*・ω・)*_ _)
鈴 (2018/02/09 10:07 AM)
すみません(^^;;
書き忘れましたが、娘の前世は外国のお姫様だったみたいで牢屋に閉じ込められたみたいです。首のあざも前世での火傷?と本人は言ってますが(笑)
前世では私が困った時に助けてくれてたみたいで現世においてはよりまじかに親子になったみたいです。参考まで。