<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

イエス・キリストの生年月日を調べてみました。

iesu

 

「イエス様の肖像画」ダビンチの絵画が510億円で落札 の続編です。
いろいろ調べていたら面白くなってきました〜 (´∀`)

 

 イエス様の510億円の肖像画つづき 


ダビンチのイエス・キリストの肖像が510億円で落札されたニュースをご紹介しましたが、この絵画の落札者が判明しました。

購入したのは、アラブ首長国連邦アブダビ文化観光局だったのです。

サウジアラビアのバデル王子が落札しましたが、王子は仲介役を果たしただけでした。

 

在米サウジ大使館によれば、バデル王子はルーブル・アブダビの後援者として11月8日のオープニング式典に出席。

その後アブダビ文化観光局から、同作品の購入を仲介してほしいと依頼されたという。


アブダビ文化観光局長は現地で行った講演の中で、政府は以前からこの作品に目を付けており、この機会を逃せば「ダビンチ作品を入手できる機会は生涯で二度と訪れないだろうと考えた」と打ち明けた。

 

サルバトール・ムンディは「世界の救世主」の意味。

ルネサンス期の服装をまとったイエス・キリストが描かれている。

 

ルーブル・アブダビでは、フランスの本家ルーブル美術館から借り受けたダビンチの絵画「ミラノの貴婦人の肖像」と並べて展示する予定だが、初登場がいつになるのかはまだ明らかにしていない。


https://www.cnn.co.jp/showbiz/35111789.html


この絵画が公開されたら、世界中から人々が鑑賞に来るのでしょうね。
私もアブダビへ行ってみたいです。


前置きが長くなりましたが、
そもそも、イエス様の生年月日はいつだったのでしょうか?。
気になったので調べてみました。

 

イエス様誕生


 イエス様の生年月日は? 


・天体の運行・歴史から調べたら

新約聖書の中にある「ベツレヘムでキリストが誕生した直後、誰も見たことのない星が西の空に輝き、3人の賢者にイエスの生誕を知らせキリストのもとへと導いた」という文に天文学者が注目。


この「見たことのない星(ベツレヘム星)」の正体とは紀元前7年に起きた土星と木星の異常接近であり、両惑星が重なり合って明るく見えたのではないか?というのです。

 

土星と木星の異常接近は非常に稀であり、これならば「誰も見たことのない星が現れ・・・」という記載にも納得がいき、ベツレヘム星の正体がこの天体現象だとするならばキリストの生まれは紀元前7年9月15日ということになります。


いやいや、、このベツレヘム星とは紀元前2年6月17日の木星と金星が重なり明るく見えた現象であり、キリストの生まれは紀元前2年6月17日だという説。或いは紀元前12年のハレー彗星がベツレヘム星だという説など・・・。


また、他にも「大規模な人口調査が行われた年にキリストがベツレヘムで誕生した」という記述から大規模な人口調査が行われた西暦4年がキリストの生まれた年だという説もあります。


しかしながら、現在までイエス・キリストの正確な生年月日はわかっておりません。

イエス・キリストに関する新たな資料でも見つからない限り永遠に謎のままなのかも・・・。


歴史 年代ゴロ合わせ暗記
http://www12.plala.or.jp/rekisi/kirisuto.html

 

現代の大方の学者たちの意見では、紀元前6年か7年頃ではないかと考えられています。

それはヘロデ大王というユダヤの国の王が死んだのが紀元前4年であって、イエスの誕生はそれより少し前だと考えられるからです。

ただし、紀元前4年をイエスの誕生の年と考えている学者もいます。

 

キリスト教Q&A
http://www.shizuoka-eiwa.ac.jp/cac/column/detail.html?topic=bl1437712921

 

これらから推測してだいたい、紀元前7〜西暦4年の頃のようですね。

2千年前のことですから、10年くらいの誤差は許されるのでしょう。


また、お誕生日も12月25日クリスマスだとして祝われていますが、
こちらも正確な日は誰も知りません。
記録も残っていません。

 

12人の弟子たちも知らなかったようです。

マリア様は覚えていらっしゃるかなぁ〜


昔は誰も生まれた日を気にしていなかったようです。
偉い人の亡くなった日は伝承されていきましたが、
乳幼児死亡率が高かったので、無事に育つかどうかもわかりませんでした。


12月25日は、古代にこの地域で盛んだったミトラ教の最高神ミトラの誕生日だったと言われています。

ミトラは愛と光の神と呼ばれていました。


それと、冬至の収穫際のお祝いが重なったようです。


お話歳時記
http://www.pleasuremind.jp/COLUMN/COLUM002.html

 

イエス様にまつわる雑談になってしまいましたが、昔のことを調べて想像するのは楽しいですね〜(^∇^)

 

☆ . ::・’゜☆ . :

2月13日(火)前世グループ練習会(都内船堀)
お申し込み受付中

個人セッション・前世レッスンもご予約受付
HP☆☆☆(メニュー・ 料金もこちらです。)

 

友だち登録してね。記事の更新情報、お問い合わせに

友だち追加

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

スピリチュアル・精神世界ランキング

精神世界ランキング

 

 

2018.01.18 Thursday 09:41 | comments(0) | - | 
<< 「イエス様の肖像画」ダビンチの絵画が510億円で落札 | main | これから生まれる赤ちゃんの性別について1 >>