<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

8週間の瞑想で脳が“生まれ変わる”ことが判明!

瞑想

 

瞑想の効果の記事を見つけました〜
これはすごいです!

 

瞑想で脳を鍛えて、幸運脳に変化させることが出来るというのです。
ここで、勧めている方法は毎日30分の簡単な瞑想を続けることで脳の構造が変化し、心が安定してポジティブになるそうです。

 

最近は、私も今までより長時間の瞑想を行っています。
確かに、気持が穏やかになり、高次からのメッセージが受け取りやすくなりました。

 

みなさんも簡単な瞑想から始められてはいかがでしょうか?

 

以下記事の要約です。

 

8週間の瞑想で脳が“生まれ変わる”ことが判明!

海馬の劇的変化で記憶や自己認識も向上、ハーバードとマックス・プランクが断言!
2017.10.24(↑クリックすると元記事が読めます。)

 

■8週間の瞑想で脳の灰白質が増す

 

ハーバード・メディカルスクール等の研究チームが2011年に発表した研究報告
8週間の継続的な瞑想で脳の構造が目に見えて変化した

 

海馬の密度が高くなった。
この部分は記憶や自己意識、同情心、考察などの活動に関係しているといわれている。

 

扁桃体の部分の灰白質密度の減少が見られた。
これ不安やストレスが抑制されていることを意味する。

 

瞑想はまさに“脳の筋トレ”というべきものなのかもしれない。
習慣づけることでさまざまな好影響がもたらされるようだ。

 

3カ月の瞑想プログラムで脳神経接続が変化

 

最近の研究。

ドイツのマックス・プランク研究所の研究チームは、3つの瞑想トレーニングプログラムを1日30分で週6回、3カ月以上実践した参加者の脳活動を詳しく調べた。

 

1つ目のプログラム
集中力と考察を高めるトレーニング
終了後には集中力と考察に関係している大脳皮質に変化が見られた。

 

2つ目のプログラム
同情心や感謝の気持ち、共感能力などのソーシャルな能力を高めるプログラム

 

3つ目のプログラム
自己認識などの社会的認知活動に焦点をあてたプログラム

いずれも、ぞれぞれの能力をつかさどる脳の部分が実際に変化した。


「研究の結果は短時間の日常訓練によって、社会的知性を向上させるという素晴らしい証拠を提供するものになりました」と研究を主導したタニア・シンガー氏は語る。

 

さらにソーシャルスキルを高めるための瞑想プログラムは、別名“ストレスホルモン”と呼ばれるコルチゾールの分泌を最大で51%抑制し、ストレスを低減していることも確認されている。

 

瞑想訓練の効果
人間関係のクオリティと協調性を向上させることができる
ストレスレベルが減少する

 

シンガー氏「メンタルトレーニング技術をマスターできれば、私たちは心身の健康の向上に特化した方法で効果を享受することができます」

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


書店に行くと、さまざまな瞑想CDブックが置いてあります。
気に行ったものから始めてみてくださいね〜

 

瞑想CDブック一覧(Amazonに飛びます。)


Amazonで高評価の瞑想CDブック
1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門

 

 

☆ . ::・’゜☆ . :

ご予約受付中です。

個人セッション・前世レッスン・自覚講座
HP☆☆☆(メニュー・ 料金もこちらです。)

 

友だち登録してね。記事の更新情報、お問い合わせに

友だち追加  @wzs2874t

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2017.10.25 Wednesday 20:33 | comments(0) | - | 
<< マザーテレサとダイアナ元妃の前世 | main | 高齢出産で障害児かもしれないと心配でたまりません。 >>