<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

酒乱の彼の子を堕ろす決心について

酒乱

こんにちは〜HAPPYリマです。(^ - ^)
いつもありがとうございます。


水子供養は必要ですか?の記事にコメント相談をいただきました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Sさんのコメント:


妊娠が分かったそばから迷うことなく中絶という選択をする、と決めたことに揺らがない自分はおかしいのかと考え色々と調べているタイミングでここにたどり着きました。


彼とは結婚まで話が進んだこともありました。
酔うと親しき仲にも礼儀ありの線を超え人を傷つける発言が多く、素面になったときにすごく優しくなるというパターンを繰り返していました。


ただ、彼はご両親を不幸な形で若いときになくしているということもあり、心無い人々から親がいないということで差別的な言葉をたくさん浴びせられ傷つき人が信じられないという彼を幸せにしたいと考えて付き合っていました。


真剣に向き合えば、いつかは彼も人を信じられるようになり、環境のせいにせず前向きになれると信じていましたが、酔ったときの暴言にもう耐えられなくなりました。


同じ狭いオフィスで働いていることから、毎日顔を合わせるため連絡を無視すれば社内で人がいない場所で問い詰められたり、もしも自分を無視すれば社内で困るようにすると言われたり、別れたら私のせいで死んだと遺書を残して死ぬといわれたりなどしたため怖いのでキッパリと縁を切れずご機嫌を伺いながらズルズルと付き合い続けていました。


私が彼から離れる決心をして、転職のため試験にパスして来年4月から新しい職場で働くことが決まり彼に別れを告げる準備ができたところで妊娠が発覚しました。


お腹の中にいる子に何度も話しかけ、ノートに理由を書き出し、読み返すことを何度もしましたし、その間に何度も泣きましたがどうしても決意が揺らぎません。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

リマからの回答:


Sさん、コメント相談ありがとうございます。

ご相談内容を簡単にまとめてみました。


社内恋愛で結婚も考えていた彼がアルコール依存症らしいので、きっぱりと別れる決心をした。
そのための転職先が決まったとたん、妊娠が分かり中絶することにした。
そんな自分はおかしいのではないか、ということですね。


私は、Sさんの決心は当然だと思います。


迷うことはありません。
お腹の赤ちゃんとは、十分に対話しました。
どうしても無理なのよ、せっかく来てくれたのにごめんねと謝って天に帰ってもらいましょう。


妊娠6ヶ月〜8ヶ月くらいに、赤ちゃんの魂は胎内に定着すると言われています。
ですから、赤ちゃんの魂には影響はありません。


中絶は殺人と同じだ。
我が身を犠牲にしても授かった命は育てなければならない。
水子が恨んでたたる。


こんな言葉に惑わされることはありません。
ケースバイケースです。


それよりも、こういう男性に惹かれたのは、Sさんにも彼と似た心の傷があるからです。
このままだと、また同じような男性に引っかかる怖れがあります。


この傷を癒して波動を上げ、成長することが、赤ちゃんからのメッセージかもしれません。


専門のヒプノセラピストによる誘導で、ご自身のインナーチャイルドとしっかり対話してみてください。


めそめそしていては、自分の人生を切り開いていくことはできません。


前向きな決意を持って新生活に入られるようお祈りします。 (^ - ^)

 

参考記事:

妊娠・中絶 http://rimaroom.jugem.jp/?cid=146

 

☆ . ::・’゜☆ . :

10月19日(木) 気とオーラで遊ぶお茶会

ご予約受付中です。

個人セッション・前世レッスン・自覚講座
HP☆☆☆

 

友だち登録してね。記事の更新情報、お問い合わせに

友だち追加 @wzs2874t

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

 

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

2017.10.13 Friday 20:45 | comments(1) | - | 
<< マザーテレサの前世(インドの修行者) | main | 無料婚活マンガ「オタクだけの婚活サイトで運命の人を・・」 >>
s (2017/10/17 12:25 PM)
リマさん、ありがとうございます。
他の皆さんはもっと悩んでから決めて居るので、すぐに決めた自分を恐ろしいとさえ感じ不安でした。
おっしゃる通り、傷が私にもありました。
厳格な母から厳しく育てられました。主に学業についてでしたが、よく手を挙げられていました。
ただ、今はそんな母を許しています。
私を愛しすぎて、それを伝える方法があやまっていただけであると。
母に怯えていましたが、その怯えは仕事や学業が優秀で美しい母が絶対的な存在で尊敬の念からであるとも感じています。
リマさんのお言葉でまた改めて自分の内面と向き合いたいと思いました。
あたたかいお言葉、ありがとうございました。