<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『魔術の人類史』1ウィッチクラフトって?

サバト

【サバト魔女の集会 フランシスコ・デ・ゴヤ 1798年 サバトの絵画で最も有名な作品。山羊の姿をしたバフォメットを囲み、魔女たちが子供を生贄に捧げようとしています。中世に作られたイメージ】

 

この本では、魔術のことをウィッチクラフト(witchcraft)と書いています。
聞き慣れない言葉ですね。

魔術の人類史  – 2015/9
スーザン グリーンウッド (著)


本書より


辞書で「ウィッチクラフト」という言葉を引くと、「魔力を生む術、もしくは少なくともその試み」という定義に出会う。


この魔力は害と益、双方の効果を狙って使われるわけだが、魔女(ウィッチ)というのは主に前者になるだろう。


以下、要約メモです。


ウィッチクラフト信仰はインドを含めたアジア太平洋地域にみられるが、最も濃密に分布しているのはアフリカである。


それは、ヨーロッパのキリストの教えを脅かす異端の一派であり、魔女(ウィッチ)も魔王のしもべとして、邪悪な力を振るうものであり、犯罪である。


この魔女狩りが15世紀から18世紀にかけて、告発と処刑が各地で行われるようになった。
17世紀になると、アメリカ大陸の植民地まで広がっていったのである。


魔女(ウィッチwitch)は「呪文をかけること」を指す古英語に由来する。


また、賢者を指すwisに由来する魔法使い(wizard)を用いる場合もある。

 

庶民に信じられている話は、さまざまだが、
多くは女性で、老婆が多い。
魅力的でウブな男を誘惑する美貌の持ち主もたまにある。

 

彼女らは、人々を騙し欺くために、別の姿に身を変えることができる。
アフリカでは、人肉を喰らう太りじしの女のこともある。


魔女のほとんどは、変身し、他人を別の生き物に変貌させる力を持っている。
その能力は飛行や遁身(とんしん)などがあり、ヨーロッパでは箒にまたがって空を飛ぶと言われている。


彼女らは、夜と闇を好み、人の暮らしの裏側で、人の不幸を願う嫉妬深い隣人となり、どん欲、堕落、腐敗、報われぬ恋心、セクシュアリティ(愛欲)となり、近親相姦、獣姦、我が子を食う、屍体を掘り起こし、あらゆる背徳の存在である。

 

 

ウィキペディアでは、


ウイッチクラフト(witchcraft)とは、魔女(witch)の魔術(呪術)、まじない、占い、ハーブ(薬草)などの生薬の技術など、魔女と関連付けられる知識・技術・信仰の集合を指す。魔女術ともいう。


西洋の古い土着的な民俗文化に根ざしたものから、オイル(香油)やキャンドルを用いたまじないなど、現代のオカルト文化に属するものまでが、今日の欧米でウイッチクラフトの名の下に行われている。

 

また、現代魔女宗という言葉があります。

 

ネオペイガニズムの一角を占める“古くて新しい”ペイガン宗教である現代ウイッチクラフトのこと。
このウイッチクラフトは技術よりも信仰としての側面が強いため、日本では魔女宗とも称される。
また、単にクラフトと称することも多い。


現代ウイッチクラフトの諸流派はウイッカと称されることもある。


もともとウイッカという用語は、英国でガードナー派ウイッチクラフトとアレクサンドリア派ウイッカを指す呼称として使われるようになったものであるが、北米等において本来の用法を超えて様々なウイッチクラフト流派に対する通称として使われるようになった。   

 

これらの解説にペイガニズムという言葉がありました。

ペイガニズム(Paganism)とは、自然崇拝や多神教の信仰を広く包括して指し示す、印欧語圏における言葉であり、アブラハムの宗教(アブラハムの一神教)の視点から用いられている言葉である。
侮蔑語や差別用語として使われることが多い。


一方、アメリカ合衆国では1960年代以降、ペイガンと自己規定する人々のさまざまな折衷主義的で個人主義的な無数の宗教運動が各地で発生しており、ペイガニズムという言葉を従来とは異なった価値観をもって使用する自称ペイガンないしネオペイガンが今日では数千人以上の規模で存在する。

以上ウイキペディアより

 

また、著者スーザン・グリーンウッド女史がイギリス人なので、ヨーロッパの魔術の記述が多いです。
大学論文が「魔術とウィッチクラフトについて」というのですから、筋金入りの魔術研究家のようです。

 

この方も前世でさんざん魔女をやってきたのでしょうね。
(^▽^)

 

9月3日(日)浅草で心と体が喜ぶ癒しフェスティバルに出展します。

詳細です。ご予約受付中

http://rimaroom.jugem.jp/?eid=2252

☆ . ::・’゜☆ . :

友だち登録してね。

友だち追加  @wzs2874t

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

2017.08.23 Wednesday 16:17 | comments(0) | - | 
<< 魔術にはまってます。 | main | 『魔術の人類史』2古代ギリシャ・ローマの魔女 >>