<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

魔術にはまってます。

魔術の人類史  – 2015/9
スーザン グリーンウッド (著)

 

 

私は前世が見えるようになってから、長年スピリチュアルな世界を探究してきました。


それまで、自分は死んだら終わりの物質的生物だと思っていたのに、前世があって生まれ変わりを繰り返しているらしい。


ということは、その核となる何かがあって、それを魂と呼ぶらしい。


その先には、魂よりもっと大きな意識というものがあるらしい。


ということで、ここ最近は『意識研究家』と自称しています。
 

かなり大げさなネーミングですね〜
(´∀`)

 

意識とは何か?
難しいですね〜


これはさておいて、最近は魔術にはまっています。


シリウスとエジプト魔術の本『シリウス・コネクション』を読んでから、ますますその思いが強くなってきました。


人類の歴史は、魔術の歴史といってもいいかもしれません。
魔術や呪いが否定されるようになったのは、近代化が進んだ最近のことです。


それまでは、何万年も魔術や呪い、祈り、ご祈祷などで病を癒し、死者を弔い、未来を予見して来たのです。


今読んでいる『魔術の人類史』は、そういう意味では魔術を通して見た人類の歴史書です。
本来、人間はオカルトやスピリチュアルが大好きなのです。


でも、現代科学でそれは野蛮で未開人の迷信だと否定され、大人や学校で教えられません。

でも、興味はあるから、都市伝説やおかしな作り話にのめり込んでしまうのです。


スピリチュアルに目覚めた大人たちが、正しいスピリチュアル知識を子供たちに教えたら、世の中もっと良くなるでしょう。


最近の子供たちの中には、生まれつき知っている子も多くなりました。
彼らは、前世や生まれる前のことを覚えています。
そして、この世に新しいことを作り上げようとしています。

 

魔術を極めることは、意識の開発に通じるものがありますね。

 

☆ . ::・’゜☆ . :

友だち登録してね。

 

友だち追加

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 



 

2017.08.20 Sunday 10:37 | comments(2) | - | 
<< LINE@セミナーに行きました。 | main | 『魔術の人類史』1ウィッチクラフトって? >>
セイウチ (2017/08/20 5:00 PM)
お久しぶりです。

私も、自分の前世(エミリー等)を知って、物の見方が変わりました。

リマさんも過去世でたくさんの魔女や魔法使いやってそうです(笑)。あ、私にも魔女過去世あります。42歳で自殺。やはり呪詛は駄目ですね(笑)。
リマ (2017/08/28 7:55 AM)
セイウチさんも、魔女だったんですね〜というか、今でも魔女の雰囲気たっぷりですよ。
とても強いパワーの魔女だった感じです。(笑)