<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『長崎の鐘』の永井夫妻はソウルメイトでした。

長崎の鐘 (アルバ文庫) 文庫 – 1995/4/20
永井 隆 (著)



昨日、『長崎の鐘』原爆の日に思いを馳せて を書いてから、

お二人はソウルメイトだったんだな〜とぼんやり考えていました。
すると、頭の中で、男性の声がしました。


「そうだよ。私と妻は、地上に生まれる前に約束したシナリオ通りに生きたんだよ」


リマ:それじゃあ、長崎に原爆が落ちることもあらかじめ分かっていたんですか?


「うむ、しかし、生まれたら忘れてしまうからね。
あとは、プログラムされたとおりに生きて、医者になり、妻と結婚して、原爆に遭って放射能障害で死んだ。
すべて、自分の魂が計画したシナリオだった。
この人生で二人のカルマを大部分解消できた」


リマ:それでは、原爆で亡くなった方、放射能障害になられた方も、魂レベルでは納得していたのでしょうか?


「もちろんだよ。そうでなかったら、あんな目には遭わないさ」


リマ:今はどうされているんですか?


「私たちは、地球人の肉体に及ぼす放射能の影響を調査しているのだ。今は他の仲間と共に、別次元で関連の調査・研究をしている」


リマ:それは、宇宙人としていうことですか?


「君たちから見たら、宇宙人というより肉体のない半霊的存在とでもいうのかな?霊魂というよりは肉体物質に近いものだよ」


リマ:宇宙的にも、放射能は危険なんですか?
宇宙は放射能だらけだと聞いたことがありますが。


「宇宙に自然にある放射能と、地球人が作った放射能は性質が違うものだ。地球の放射能は全く危険である。毒物そのものだ」


リマ:ははあ〜スイマセンヽ(´∞`)ノ


「早くこんな危険な遊びから目覚めて、意識の成長を遂げてもらいたいものだ」


こんな会話の後、声は聞こえなくなりました。


ふと思うだけで、向こうの世界の方に意識がつながってしまうことがありますね。

.。.:*・゚゚・(´ー`).。*・゚゚・*:.。.。。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ご予約受付中です。

個人セッション・前世レッスン・自覚講座
HP☆☆☆

 

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2017.08.13 Sunday 08:54 | comments(0) | - | 
<< 『長崎の鐘』原爆の日に思いを馳せて | main | 亡くなったペットはあなたの指導霊かもしれません。 >>