<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

チベットの今

  B000BKJJ7Y
セブン・イヤーズ・イン・チベット〈ニューマスター版〉
ブラッド・ピット, デヴィッド・シューリス, B.D.ウォン, マコ岩松, ジャン=ジャック・アノー
角川ヘラルド・ピクチャーズ 2005-11-25

by G-Tools


先日、遅ればせながら、セブン・イヤーズ・イン・チベットのDVDを観ました。
かっこいいブラッド・ピット、美しいチベットの山々、そして平和なチベットの国が印象的でした。最後は中国に侵略されるチベットと、苦悩される若きダライ・ラマのお姿でした。

ダライ・ラマはチベットが中国に占領されてから、50年以上も亡命を続けられているのです。その間のご苦労と心労は並大抵のものではなかったことと思います。
チベットでは中国五輪後、ますますチベット人や僧侶の弾圧がひどくなっているようです。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2526694/3412777
ダライ・ラマ14世、腹痛で入院 手術の可能性も
2008年10月10日 12:46 発信地:ニューデリー/インド

http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51110026.html
2008年10月10日
ダライラマ法王の手術は無事終了いたしました。
法王庁の発表によれば、
「本日朝方、法王は胆石(内視鏡)手術を受けられ、無事終了された」
とのことです。
数日後にはダラムサラにお帰りになります。
これからの海外を含めたご予定も変更ないそうです。

また、その一ヶ月前には長兄タクツェル・リンポチェ氏が死去されています。
ご長兄様のご冥福とダライラマのご健康をお祈りします。

http://blog.livedoor.jp/rftibet/tag/%A5%BF%A5%AF%A5%C4%A5%A7%A5%EB%A1%A6%A5%EA%A5%F3%A5%DD%A5%C1%A5%A7
2008年09月09日
故タクツェル・リンポチェ 2004年のインタビューから

http://blog.livedoor.jp/rftibet/archives/51116712.html
チベットNOW@ルンタ
2008年10月24日
チベット人への監視、弾圧は続く


☆最近はチベットに関する報道も少なくなりましたが、今でも中国のチベット人弾圧は続いています。☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

赤りんご
 天使と過去生リーディング募集中

赤りんご
 リマの電話リーディングのご案内  

  ぴかぴか 
ランキングに参加中ぴかぴか 
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←こっちもお願いします。
 

2008.10.25 Saturday 10:08 | comments(1) | - | 
<< 冷凍インゲン事件の裏に | main | サイキックスポンジとエンパシー >>
(2008/10/25 12:26 PM)
ダライラマ法王の来日講演が両国国技館で11月6日に行われるそうです。
チケットまだあまっているそうですよ!

http://ent.pia.jp/pia/event.do?eventCd=0844067