<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『シリウス・コネクション』3神々の系譜

エジプト本

【太陽神を拝む神官たち 海外の本の表紙です。怪しいですね〜】


第3章古代エジプトの神々 まとめ2


2 神格化された王、人間となった神


代々のエジプト王、ファラオは「神々の息子」と崇められ畏敬の対象となっていた。
王が「神々の息子」とされていた理由は2つ考えられる。


まず第一に、古代の族長やシャーマンには神が宿っていると言う信仰の伝統だ。


第二に、王は神の血を受け継いでいると言う「ホルスの息子」伝説の存在だ。
初期王朝のファラオたちはホルスの息子の直系だと考えられていた。


アトランティスの本の執筆のための調査を行っていた時、血液型に関する興味ある資料を見つけた。
第十八王朝(前1576〜1304)までの王族のミイラにA型の遺伝子マーカーが見つかったのだ。

エジプト地域の人々の一般的な血液型は今も昔もO型だ。


A型は肌が白く目が青いスカンジナビアや北ヨーロッパ人種に多い。
なぜエジプトのファラオがA型なのだろうか?


一方で大英博物館にある五体のインカのミイラの血液型を調べたところ三体がA型だったと言う。

南米のインディオにはA型はほとんどいないのにである。

 

以上から推論できる事は、ファラオはエジプトの土着の人々とは異なった血液型、遺伝子を持った人種だったのではないか。

インカのミイラについても同様のことが言える。

 

3 外国から入ってきてエジプト土着の神に同化した神々


これらの外国起源の神々には、中王国に比較的多い。
オシリスを殺したセトは異民族ヒクソスの神だったと考える学者もいる。
ヒクソスはエジプトに侵入し、第十五王朝を築いた。
「羊飼いの王」「さまよえるセム人」と呼ばれているアジア民族である。


4 「付加された5日間」に祀られた神々


地球ははじめの頃は一年360日だったが、後に太陽系を巻き込む大異変が起きた。
その結果、地球の気候は激変し、太陽と地球の位置関係にも変化が起こり、なんと1年に5日間も余分な日ができてしまった。


このときに祭られた神々は、イシス、オシリス、ネフティス、セト、ホルスの五柱の神々である。


また、彼らは他の神々とともに、第五グループ(5 地球外天体の影響を受けた神々)にも分類され得る神でもある。
彼らの織り成す壮大な物語は、彼らと星の世界とのつながりを示唆しているからである。

つづく


リマ:神々とファラオが宇宙(シリウス)と深いつながりのあることがわかりますね。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

あなたにエジプトの前世があるかもしれません。

セルフ前世 個人レッスン→HP☆☆☆

 

セルフ前世練習会は毎月開いています。

7月16日(日)セルフ前世練習会

 

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2017.07.11 Tuesday 09:16 | comments(0) | - | 
<< 『シリウス・コネクション』2 古代エジプトの神々 | main | 『シリウス・コネクション』4シリウスから来た神々 >>