<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『シリウス・コネクション』2 古代エジプトの神々

古代エジプトの魔術―生と死の秘儀1982/5
E.A.ウォーリス・バッジ (著)

 

 

マリー ホープ女史の博識には恐れ入ります。 (;^_^ A


古代エジプトの神様たちのことにものすごく詳しいです。
私も知らなかった古代エジプトの神々の概略をまとめてみました。


第3章古代エジプトの神々 まとめ1


古代エジプトの宗教は多神教であるが、それを次のように分類してみた。
『古代エジプトの魔術』ウォリス・バッジより


1 先王朝期からの土着または州の神々
2 神格化された王、人間となった神
3 外国から入ってきてエジプト土着の神に同化した神々
4 「付加された5日間」に祀られた神々
5 地球外天体の影響を受けた神々

.

アヌビス神

【死者のミイラを作っているアヌビス像】


1 先王朝期からの土着または州の神々


各州の首都にはその州の神を祀る神殿があり、そこに仕える男女の神官がいた。
神官の仕事は神殿やその付属の建物の管理を始めとして、人々の宗教教育、癒し、宗教行事の執行、ミイラ作りなど多岐にわたっていた。
そこで神官職は書記、医者、祭司、魔術師、預言者、そしてときには「神そのもの」などいくつもの部署に分かれて機能していた。


当時の土着信仰は極めてシャーマニズム的だった。
例えばアヌビスの神官は神事の際にはジャッカル(アヌビス)の面をつけ、アヌビス神そのものになりきった。


また古代の族長の多くがそうであったように、土着神も笏を持っていたが、この笏の先はフォーク状になっており、反対の先にはその州のトーテムである動物の頭が作られていた。


ナイル渓谷一帯で拝まれていた土着神は相当な数にあがり、一説によると740は下らないと言われている。
そのほとんどは亡くなった祖先や神官・支配者の霊など、ローカルな守護神だった。


『シリウス・コネクション』3神々の系譜
http://rimaroom.jugem.jp/?eid=2229つづく


リマ:古代エジプトは歴史が長くて、神様もたくさん入り乱れています。
土着の神々の他に、アトランティスから来た神、シリウスから来た神までいれたら、もうごちゃごちゃです。
この本で、すっきり理解したいです。
o(^o^)o

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・個人セッション受け付け直近可能日

7月13日(木)

7月14日(金)

7月15日(土)

7月16日(日)

7月17日(月)

7月18日(火)

お申し込み・お問い合わせは

HP☆☆☆

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2017.07.10 Monday 10:50 | comments(0) | - | 
<< 『シリウス・コネクション―人類文明の隠された起源』1 | main | 『シリウス・コネクション』3神々の系譜 >>