<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

鹿になった王様 プンジャジのお話

まんだら

【春日鹿曼荼羅一部】


プンジャジ、王様シリーズの3回目です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


『覚醒の炎』p32〜


古代インドに、長年王国を支配した1人の王がいた。
ある日、彼は妻に言った。


「私の髪は白くなり始めた。

私には他に成し遂げなければならない重要なことがある。

私はお前と別れ、王国を去り、国政を離れて森に行かなければならない。

私はそこで瞑想をして解脱を得るのだ。

私は真我を探求したい。

お前は大臣たちの助けを借りて王国を統治しなさい。

どうか私を追わないでほしい」


彼は森の奥深くに入ると、簡素な小屋を建て、そこで瞑想を始めた。
彼がそこで暮らしている時、ある猟師が妊娠中の鹿を射止めた。
鹿は死んだが、子鹿は母親の胎内から出て死を免れた。


今やサンニャーシン(遊行僧)となっていた王は、泣き叫ぶ小鹿を哀れに想って連れ帰った。
そして彼の小屋で子鹿にミルクを与えて面倒を見たのだった。
彼は新米のペットにすっかり恋してしまった。


女王と別れながらも、真我に瞑想する代わりに鹿との恋に落ちたのだ。
これが足跡(印象)がどのように現れ、どのようにあなたの未来のカルマを形作っていくかを示す物語だ。


この人には2つの強い熱情があった。
苦行によって解脱を達成しようという欲望、そして鹿への強い愛情だ。
彼が死を迎えようとしていたその時、最後の思いは子鹿の事だった。


「もし私が死んだら虎が鹿を食べてしまうだろう」


これは慈悲の心ではある。
だが、執着心でもあるのだ。
次の生で、彼は鹿として生まれた。

 

それでも過去生で多くの瞑想をしてきたため、バーラトと呼ばれる賢者のアシュラムに鹿として生まれたのだった。
彼はそのアシュラムで生を送り、サードゥ(修行僧)のように暮らしていた。
彼は他の動物と交わることなく、サードゥとともに座り、彼らの聖典の詠唱に耳を傾けていた。


再生はこのようにして起こる。
この王は瞑想への欲望と鹿への執着を抱いていた。
そして次の生では鹿として生まれ変わり、森で瞑想するサードゥの仲間になったのだ。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


リマ:なんか、良いですね〜
神秘的な美しい情景が目に浮かびます。

一片でも執着があると解脱できないというたとえ話ですが、
私の好きなお話です。
・:*:・(*´∀`*)・:*:・

 

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2017.05.23 Tuesday 08:29 | comments(0) | - | 
<< セルフ前世練習会ご感想 5月 | main | 【動画】『この地球に山や森は存在しない』 (概要編) >>