<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

中絶して罪悪感に悩んでいる方へ

聖母マリア2

【聖母子像】

 

こんなコメントがついていました。

 

初めまして。
私は2人目の子を双子だからと言う理由だけで中絶してしまいました。
双子が産まれたら上の子に我慢させることが沢山出て来てしまう、双子のリスクも怖い、と自分勝手な理由で、こんな私が許されてもいいのでしょうか?
今また新しい命が宿っています。
正直どの様な気持ちでいていいのか分かりません。
ゆい

 

私からのお返事です。

 

ゆいさんが双子を中絶された理由は、

上のお子さんの気持や、双子を育てる経済的、体力的な負担だったのですね。

 

上のお子さんにガマンをさせるかもしれませんが、
双子の弟妹とふれ合いながら育つことは
何よりも得難い貴重な体験になったことでしょう。

 

天は決してムダなことはしません。
きっと必要があっての妊娠だったと思います。

 

次の妊娠は、自分やお子さんが成長するのに、必要な体験だと思って受け入れたいですね。

 

自分を許せない気持は、自分を罰する気持になってあらわれます。
つまり、無意識に自分に辛い体験をさせてしまうんですね。
それは、お子さんにも良い影響はありません。

 

まず、未熟だった自分を許しましょう。
心の中で、ご自分に呼びかけましょう。

 

あの時は理解不足であんなことをしてしまったんだよ。
自分勝手で子ども達にも申し訳ないことをしたね。
そんな自分を許して受け入れます。


私は次の新しい命を希望を持って育てることにします。
すべてのことを、前向きな気持で受け止めます。

 

何も恐れることはない。
すべてはうまくいっている。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

コメントでの無料相談いたします。

お答えはスピリチュアルな内容になります。


本名、メールアドレス、携帯番号などの個人情報は書かないでください。
仕事の合間にお答えしますので、遅くなることがあります。

 

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2017.04.22 Saturday 09:33 | comments(2) | - | 
<< セルフ前世練習会ご感想 4月 | main | 古代ギリシア戯曲家メナンドロスの前世 >>
あや (2017/04/25 1:25 AM)
はじめましてm(_ _)m
大阪在住のあや、と申します。

魂について、そして、光と闇の統一についてお伝えしたいことがありますので是非ともこちらも、お読みいただけますと幸いです。

私が受け取らせて頂いたものとして、この先に起こる富士山の噴火についての情報がありますが、ご存知のことでしたら申し訳ございません。

富士山の噴火で、魂が上がる、魂が下がるが分けられるライン、というものがありますが、それは魂が上がっている人と、下がっている人を分けるラインということです。
そのラインより下にいて、富士山の噴火の時に、ラインより上にいくことができなかった魂は、星に帰ったり宇宙と溶け合ったりすることができず、一つの大きな情報としてまとめられてしまうことになってしまうようです。
そうならないためには、魂が上がっている人と、下がっている人を分けるラインよりも上にいる必要があります。
そのラインよりも上にいるためには、スピリチュアルに関しては、正しく情報を伝えていくことが大切で、その逆に誤った情報を伝えることで魂は下がってしまいます。
正しい情報を伝えるとは、魂についてきちんと書かれているブログや本を伝えたりすることですが、誤った情報とは、魂について知らず書いていないことです。
日常の経験を積んでいくことで上がりやすくなっていきます。
魂を下げてしまうことに、集めた情報を鵜呑みにして転載したり伝えたりすることがあげられますが、その逆に集めた正しい情報を伝えることで魂は上がります。
誤った情報を伝えることは、これからは許されなくなることから、魂について書かれているブログや本を転載したり伝えるようにしていただきたいと思います。
読者が大勢いらっしゃるブロガーさんは、魂について伝えていくことで、下がっている読者の魂を跳ね返らせることができ、それがカルマの解消となっていきますので、魂について書かれたブログや本を是非とも読んで伝えてください。
魂を上げていくには上げ続けるか、下げていって跳ね返らせるという上下運動がありますが、富士山の噴火の時までに魂が、上がっている人と、下がっている人を分けるラインよりも上にいる必要があります。
富士山の噴火は、魂を浮上させ、上げ続けていくこと、そして下がった魂を一度沈ませ跳ね返らせて上げ続けるために起こります。
他にも受け取らせて頂いたものはありますが、ご存知かもしれませんが、是非とも魂について知って頂きたいと思っています。

また、本当のことを言えば、光と闇の統一とは、争いをやめるということなのだそうです。
そして争いをやめて、魂を上げていくために覚醒をしていかなければならないということのようです。

魂を上げるためには心の安定や感謝、幸せな気持ちが必要になるようですから、自然と争いから遠ざかっていけることとなるようで、それが覚醒に繋がっていくようです。
逆に魂を下げてしまうことの原因の一つに、苛々してしまうことがあげられますが、人をコントロール、支配してしまうことで、それを受けてしまう側は、苛々をはじめ、気を落としてしまったり混乱したり、時にはパニックになってしまったりもしますが、逆にコントロール、支配をしてしまう側の原因は、不安や心配、恐怖であったり、欲求を満たすためであったりするようですが、不安や心配、恐怖を回避するためにコントロールや支配をしてしまうということもあるようです。

そうならないために、どのように不安や心配、恐怖と向き合っていくか、コントロールをする相手のことを思いやれるかが重要なようです。

また、欲求を満たすための行為であれば、相手、家族、周囲の方々のことを思いやっていかなければ、相手が高圧的であったり、脅迫的に感じたり、締め付け威圧的、理不尽さを感じるなら、それはコントロール、支配であるようですが、そうすることで相手の魂も自分も魂も下げてしまうようです。

富士山の噴火の時に、魂を一度下げて跳ね返らせる方にとっては、跳ね返らせるために下げることは良いようですが、そうでない方には上げていくためにコントロールや支配はしてもされてもいけないことと学ばせて頂きました。

他に、霊的な能力を持つことで慢心してしまったり驕ってしまうことでコンロールをされてしまうこともあるようです。
コントロールされないために人に能力を持っていることを言わないようにすることでの歪みを避けることができるようですし、能力を人前で使わないことでも能力を持ったということに対する心の歪みを正していくことができるようですが、私は学びが足りないのであまりよくは分かりませんが、そういったことを中庸というようです。

魂を下げないために能力の使い方も統一のために考えてい
まみ (2017/04/30 12:34 PM)
私も双子を中絶しました。でも、後悔しかありません。
結婚を前提に付き合っていましたが喧嘩が絶えず別れを決めた後に妊娠が発覚しました。産みたかったのですが、双子を1人で育てていく自信がなく中絶を選んでしまいました。中絶後は自殺も考える程辛い時期が続きました。相手には、「中絶も勧めたけど最後に産んで欲しいと言えた俺はまともだった。お前が2人を殺したんだ。人殺しめ。自己愛しか無い酷い女だ」と罵られました。生まれながらに片親で貧しい生活をさせるのは可哀想だと思っての決断だったのですが、「親に人生を絶たれる事ほど悲しい事はない」と言われ、確かにそうかもしれないと思うと、本当に子供達には申し訳ない気持ちでいっぱいです。1人だったら絶対に産んでいたと思うので、何故2人で来ちゃったの?と子供達を恨んでしまったりもしました。取り返しのつかない事をしてしまった愚かな自分が憎くてたまりません。二度と会う事の出来ない2人ですが、どんな気持ちだったか、一度でいいからお話したいです。想いを受け止めて産んであげられなくてごめんねと謝りたいです。