<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『完全アセンション・マニュアル』3 レムリア

地図

【シェルダン ニードルの地図】

 

この本には、レムリアとアトランティスについても書かれていますが、レムリアは簡単に、アトランティスにページが多いです。

やはり、日本人はレムリア系なのかな〜と思いました。
縄文人の生活に似ています。
原始時代の洞窟壁画はレムリア人が描いたのでしょうか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

レムリア(ムー)は太平洋上の広い範囲にあり、物質的適応を課題とする学びに関わっていた。

テクノロジーに専心し、技術的進歩を遂げたアトランティス人に比べ、レムリア人は哲学を重んじる霊的な人々であった。

この時代、巨大な恐竜が地上を徘徊していたため、レムリア人はほぼ全面的に地下生活を余儀なくされた。
彼らは食料を採取するとき以外、恐竜を避けて洞窟内で暮らしたが、その洞窟には芸術性の高い見事な装飾がほどこされていた。


レムリア人の体躯は小ぶりで、
男性は152cm前後、女性はそれより5〜8cmほど低かった。
子どもの出生時死亡率は比較的高く、穀物や木の実や果実を主食としていた。

レムリアの項、終わり

 

お知らせです。

3月9日(木)スピリチュアルゲーム理論セミナー

3月12日(日)セルフ前世練習会

 

お申し込み→HP お問い合わせ

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

2017.03.01 Wednesday 09:09 | comments(0) | - | 
<< スピリチュアル・ゲーム理論セミナー3回目『夫婦仲の経済学』で人間関係を改善 | main | 『夫婦仲の経済学』を読み直しています。 >>