<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『プリズム・オブ・リラ』10 統合とルーツへの回帰

リラ

プリズム・オブ・リラ―銀河系宇宙種族の起源を求めて
リサ ロイヤル キース プリースト Lyssa Royal
ネオデルフィ 2004-04
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

第十章 統合とルーツへの回帰

 (青文字 引用)

いよいよ最終章です。

 

「統合」とは、存在の様態のあらゆる側面を、「大いなるすべて」を構成する、価値ある一部として受け入れることである。

それはまた、自己否定をやめ、自己ばかりではなく、他者をも受け入れることである。

 

難しく書いてありますが、要するに

自分を受け入れ、他者を受け入れること
世界観を変え、「創造者」としての自覚を持つこと

 

マスターゲートさんから学んだ「自覚と悟り」のことでした。

 

私たちが「自分は偶然に生まれてきた存在だ」と考えるゲームをやめ、アルクトゥスルス、シリウス、琴座、オリオン、レチクル、プレアデスなどの宇宙文明の同胞も、我々自身の分身として受け入れることです。

 

まず、地球での統合を進めることから始めます。
それは「許容する」ことで、前途が開けるのです。

 

統合は、知性、感情、霊魂、肉体という、4つの主要レベルにおいて起こる。

 

知性
知性レベルの統合とは、直観や感性なども含めたもの

論理的な手順を踏んだ思考方法
数式と計算
直観や感性レベルの思考方法と論理思考を組み合わせてつかえば、知性レベルの統合は充分に達成される。

リマ:まさにゲーム理論がうってつけですね〜 (^ - ^)

 

感情
感情レベルの統合とは、自分の内面にある
「影」の部分を受け入れること
潜在意識の扉を開け、その奥の観念を調べる
プレアデス星人や琴座星人が過去に行ったように、感情の否定は、苦痛を継続させる

 

霊魂
霊的なレベルの統合はもっとも容易である
我々の内には、さまざまな主義主張に支配されない霊性が備わっている
この霊性に触れることで、霊性の統合の開始となる
人類が勇気を持って、
内面の霊性に触れるようになれば、変革は大きく花開く

 

肉体
肉体レベルの統合は、人類の歴史を、宇宙規模のドラマの一環として、見なすことから始まる。
我々は、「大いなる源」や「創造の礎たち」が、その意識を分裂させて以来、「個」を極限まで追求してきた。
こうした個別意識を再び一体とするには、我々が
銀河ファミリーの一員であることに目覚め、受け入れることが必要である。
人種間のわだかまり、肌の色や文化の壁を乗り越える。
人類との交流を望むゼータ・レチクル星人の怖れを克服する。

 

 

宇宙人に救いを求めるのは筋違いである。
彼らも自分たちのことで手一杯であるから。

我々の先祖は「エデンの園」で、琴座系グループに支配され、使役されることを認めなかった。
さまざまな「疫病」を蔓延させて、「神々」が人類を抹殺しようとして行為も失敗した。
ノアと洪水を警告してくれたシリウス星人により、人類は生き延び、多様性に富む文明を築き上げた。

なぜ地球がこれまで大勢の宇宙人に観察されてきたのか、
それは、我々人類は統合の達成を実現する格好の事例だからである。
我々地球人は、本来
宇宙連合の一員であり、
参加することに同意している、
宇宙ドラマの出演者なのである。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ついに、地球も宇宙時代に突入する時代がやってきました。
そのために、感情を浄化し、メンタル体を鍛えましょう。

この本を読んで、私が学び教えてきた方向が間違っていなかったことを確信します。
これからも、めげずにやっていこうと思います。

ヽ(´∀`)ノ

 

個人セッション受付中
(数秘と前世で見るあなたの使命と課題、ミニ前世療法もあります。)
1月11日(水)
1月13日(金)
1月14日(土) 

1月17日(火)
1月19日(木)

詳細→☆☆☆
 

リマのリトリーバルワークショップ(3日間コース)
1日目 1月12日(木)開催
詳細→☆☆☆
 

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

 

ランキングに参加中 

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←応援のぽちお願いします。

2017.01.09 Monday 19:36 | comments(0) | - | 
<< 宇宙人は地球に来ている ベンジャミン・クレーム氏講演録画会 | main | 『プリズム・オブ・リラ』目次 >>