<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『プリズム・オブ・リラ』7 アルクトゥルスの扉

銀河系宇宙

こんにちは〜HAPPYリマです。(*^-^*)
私がはまっていたブルース・モーエンの
死後探索の世界のことがこの章に書いてあって、驚きました。

ブルース・モーエン・メソッド
 

 

第七章 アルクトゥルスの扉

 

「おおいなるすべて」の一部が琴座のプリズムを通過して分裂したとき、一部の意識たちは非物質の状態奉仕することを選択した。
こうした非物質な奉仕は、アーキタイプ、天使、指導霊、インスピレーションなどの形で現れる。
奉仕を目指すこれらの意識たちは、アルクトゥルスの周辺に集まった。

この周辺には「時空の扉」、「時空の交差点」と呼ばれるところがある。
ここからは、ほぼ全ての銀河系の領域に通じていることがわかっている。
アルクトゥルスの意識たちは自分たちの使命は、様々な気づきのレベルで宇宙ファミリーたちの意識を援助することだと理解した。

その使命の一つは人間型の存在に対して理想像を示すことである。

彼らは個々人や社会の未来像を指し示す。


地球人類が非物質レベルまで進化したときの理想的な状態とは、アルクトゥルスの集合意識に近い状態になることである。

アルクトゥルスの意識は天使の姿で人間の前にしばしば現れる。
天使の役割の一つが人間への奉仕であるからである。
また、宇宙人やフューチャーセルフとして認識されることもある。


彼らは、真の愛に満ちた存在であり、肉体的な存在、ひいては大いなるすべてに献身する者たちである。

アルクトゥルスの意識は、人間型生命体だけでなく、鉱物、植物、動物王国の意識エネルギーたちから成るデヴァ界とも交流している。
アルクトゥルスの意識が肉体を持つ存在に対して行う主要な奉仕は、感情の癒しである。
地球上で極度の苦痛を伴う死を経験した人間の魂は、この領域内に置いて癒され、生気が与えられる。
アルクトゥルスと地球は「次元の扉」で結ばれているため、地球に誕生する魂は必ずアルクトゥルスの領域を通過することで癒しを受け、新しい人生の選択や願望が強化される。


アルクトゥルスのエネルギーは、幼児期や成人になってから受けた性的虐待を始めとする性的な苦痛の癒しに特に功を奏する。
またこの種の苦痛の癒しには、シリウスとアルクトゥルスの複合治療エネルギーが大きな効力を発揮する。

鯨類、特にイルカが、シリウスとアルクトゥルスの複合治療エネルギーの媒体となる。

死後、人の意識はアルクトゥルスの領域を通過する。
ここで意識は手厚く介護される。
苦痛を伴った死を経験した魂には大いなる癒しと深い愛が与えられ、来世への移行が進むように援助される。

臨死体験で人が見るトンネルの出口の光は、アルクトゥルスの波動を示している。
アルクトゥルスの波動は主に第6波動レベルにあるため、よくキリストやブッダの波動として完治される。
人の意識は、死後、アルクトゥルスとほぼ同等の波動帯にある自己のハイヤーセルフに回帰すると言える。
そして、ここで癒しが起こるのである。


アルクトゥルスの波動ほど完璧に人間の魂を癒し、手厚く介護し、生気を与えてくれるものはない。

アルクトゥルスの波動は、創造性の波動でもある。
創造行為に関わるとき、人は多いなる創造主のエネルギーと一体となる。

 

アルクトゥルスは単なる星以上の存在である。
我々一人一人の内にある創造、癒し、そして進化の波動である。

円盤型のレンズ雲の形は空飛ぶ円盤に似ているが、これは地球の大気がアルクトゥルスのエネルギーを読み取り、その結果としてできるものである。

 

アルクトゥルスの進化的特質の別の側面を反映する、いわば対の片割れとも言うべき領域がある。

それはアンタレスと呼ばれる領域である。

次元の扉、次元の交差点には、アンタレスとアルクトゥルスとを結ぶ点があり、これが次元の扉における一つの主要なエネルギー点となっている。
またアンタレスは、銀河系宇宙の領域とアンドロメダ銀河と結ぶ次元の接点でもある。

 

アルクトゥルスとシリウスは常に連携関係にある。
アルクトゥルスが感情への癒しを行う一方、シリウスは肉体への癒しを与える。
古代エジプト人は、こうしたアルクトゥルスとシリウスの関係を理解しており、これらのエネルギーを呼んで儀式に参加させていた。
アヌビス神(冥界の神)はシリウスの直接的なアーキタイプである。

オリオンが人類の二極性や葛藤を象徴するのに対し、
アルクトゥルスは統合を象徴している。
マーリンと呼ばれるアーキタイプはその架け橋として位置づけられる。

アルクトゥルスの意識たちは、レムリアと呼ばれた太古の文明と交流し、治療技術を教えた。

レムリア人が地球上の各地に移住した時、彼らはこうした記憶を携えて行った。

 

自分の内に目を向ければ、そこに必ずアルクトゥルスのエネルギーを見出すことができる。

アルクトゥルスの意識は、人類が到達しうる最高の理想を表している。
真の故郷は心の内にある。
そして、この心こそ、アルクトゥルスへと至る道である。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

リマ:びっくりしました。
ここに書いてあることは、ヘミシンクの
Focus27の光景にそっくりです。
F27 には非物質な存在がたくさんいて、死んだ人たちを受け入れ癒し、生まれ変わる準備を手伝ってくれます。
F27 は
アルクトゥルスの意識領域だったのですね。
あそこのガイドやヘルパーたちは、アルクトゥルスの意識存在だった!

天使ハイヤーセルフとかも!
 

な〜んだ、結構身近にいるんじゃん。
安心しました〜
(´∀`)

 

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HPアイコン

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←応援のぽちお願いします。

 

2016.10.30 Sunday 14:52 | comments(0) | - | 
<< 中健次郎先生の気功講習会に参加しました。 | main | フォーカス27は、アルクトゥスルスの領域だった。 >>