<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『光速の壁を超えて』翻訳者のことば

エリザベス・クラーラ

【晩年のエリザベス】

 

なかなか、本書の内容を要約する時間が取れないので、翻訳者ケイ・ミズモリ氏のブログをご紹介しますね。

記事は2015年に書かれました。


ケイ・ミズモリ公式ブログ
エリザベス・クラーラー作品、年内出版

2015-09-08


南アのコンタクティー、エリザベス・クラーラー女史の作品がようやく出版されることになりました。
早ければ11月にもヒカルランドから出ます。


エリザベスは、50年代にプロキシマ・ケンタウリ星系メトン星の男性との間に子供をもうけ、地球で妊娠期間を過ごし、出産はメトン星で行い、男児を産みました。
この事件は、新聞、ラジオ、テレビなどで報道されたため、南アの田舎町に野次馬が大挙してやってきて、エリザベスの安全を確保すべく、警察が彼女の自宅を警護するまでに至りました。
注目していたのは、報道関係者、一般人だけでなく、イギリス軍、南アフリカ軍、警察、そして、アメリカやロシアの諜報部員でした。


宇宙人とのハイブリッド=スターチャイルドイルドを手に入れ、研究すべく、ソ連はエリザベスを誘拐しようとし、アメリカはエリザベスがメトン星に渡るのを妨害しようとしました。
そんな監視の目をかいくぐって、エリザベスは宇宙船に乗り込み、メトン星で男児を出産し、4か月間滞在しました。
エリザベスはイギリス軍と南アフリカ軍のUFO調査に協力し、イギリス議会でもスピーチを行いました。

 

この事件が異例だったのは、登場するメトン人は、決して地球人に警告や援助などを与えるためにやってきたのではなく、単純にプライベートな目的でやって来たことにあるように思います。
そのため、地球の各国政府と関わることを避けました。


また、地球人の部外者に対しては遠慮なく、野蛮人と見なしているところが感じられます。
邪魔しにくる軍の連中から注意を逸らすべく、少々迷惑そうにメトン人が宇宙船を不可視化させながらも、こんなトリックは軍の連中にはもう通用しないとか、そんなやり取りもあります。

 

この本を読むといろいろな疑問が解けるように思います。
アダムスキー他、50年代コンタクティーが出会った宇宙人は、金星から来たということは聞いていても、現在進行形で金星で暮らしていたとは信じられず、どこか他の惑星に暮らしているのではないか?と推測されてきました。

 

そんな謎がこの本では明かされます。
なぜ南極に地下基地が作られたのか?
なぜピラミッド状構造物がこの太陽系内では作られたのか?
他の恒星系に属する惑星と異なり、すべてはこの恵まれない環境故だったことが分かります。
また、エリザベスがメトン星での滞在期間が4ヶ月を上限とした理由の説明などを聞くと、恒星、惑星、そして生物との密接な関係が分かります。
そして、自然・宇宙と同調せねばあらゆる生物は健康に生きていけない基本原則が見えてきます。
重力の克服にも、テクノロジーの向上にも、我々が浴びている波動との同調が必須条件であることも分かります。

 

以前触れましたが、諸事情があって、この事件は知る人ぞ知る大事件で留まってきました。

が、その障害が解除されたので、ようやくUFO史上最大とも言える大事件がついに公開となります。
一足先に、10月9日発売の『ムー』11月号向けに14ページに渡る特集を書きました。
書籍に関しては、出版予定日が確定次第、ご報告させて頂きたく思います。

 

終わり

 

リマ:それにしても信じられないような実話ですね。

その子はメトン星で成人して、母親に会うことはなかったのでしょうか?

地球人との架け橋にはならないのでしょうか?

いつの日か、地球にやってきて欲しいです。ヾ( ´ー`)

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HPアイコン

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←応援のぽちお願いします。

2016.09.28 Wednesday 08:52 | comments(0) | - | 
<< 宇宙人エイコンとの愛 | main | 私は日照不足 >>