<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『プリズム・オブ・リラ』1 銀河系宇宙の起源

プリズム・オブ・リラ―銀河系宇宙種族の起源を求めて

プリズム・オブ・リラ―銀河系宇宙種族の起源を求めて
リサ・ロイヤル キース・プリースト 保科 一美
ネオデルフィ 1992-10
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

銀河系宇宙文明については、何も情報がありませんから、先ずはリサ・ロイヤルさんのチャネリングで理解してみようと思います。

この本は、リサ・ロイヤルさんや他の多くのチャネラーからの情報を参考にしています。
また、『輪廻転生』と『意識の無限性』を前提にしています。

 

リサさんはバシャールのダリル・アンカからチャネリングを学びました。

この本では地球人の宇宙起源について述べています。
読者一人一人の中にある、人類の宇宙的な起源についての記憶を呼び起こすことが本書の目的だそうです。

 

リマ:
もう絶版になっていて、中古は定価の倍の3,000円になっていました。
本だと思うと高いですが、情報を手に入れるためなら高くはないですね。

 

目次:

1.次元の分裂
2.銀河系宇宙種族の創造
3.琴座 人間型生命体発祥の地
4.シリウスの役割
5.オリオンの風
6.プレアデス星人 地球人の同胞
7.アルクトゥルスの扉
8.地球人類の創造
9.ゼータ・レチクル人 変容と目覚め
10.統合とルーツへの回帰


第一章 次元の分裂 超簡単なまとめ

宇宙で分裂(ビッグバン)が起きて銀河系が出来ました。

 

リマ:
スピリチュアルな本によくある説ですが、「
大いなる源」が無数の断片に分裂して、たくさんの体験・学習をして、最終的にまた一つに統合するといいますよね。
神道では「大神」、スピリチュアリズムでは「大霊」、他には「創造主」、「存在」など、さまざまな呼び名がありますが、それの宇宙版のようです。

 

ビッグバンの過程で生まれた物理的宇宙には、恒星、惑星、期待、分子なども生まれました。

そして、この物理的宇宙で、個々の魂、魂の集団のドラマを展開することにしたのです。

物質とは、特定の周波数で振動するエネルギーです。
ここでは、このエネルギー周波数レベルを「波動レベル」と呼ぶことにします。

 

・第一波動レベル 点の意識、物質、鉱物、水、遺伝子情報

・第二波動レベル 線の意識、生物学的存在、集団や種としての意識の発展段階。
自我(エゴ)がない。ほとんどの動植物

・第三波動レベル 立体意識、自我、集団意識の喪失、個別意識の形成、現在の意識を保ちつつ過去や未来について思考することができる能力。人間、クジラ、イルカ

現在、人間たちは第三から第四の波動レベルに移行中。

・第四波動レベル 完全な立体意識、超意識、自我の保持と集団意識の両立、過去・現在・未来と交流できる。否定的意識がない。

現在、地球は第三と第四の波動レベルが重なり合っている。


人類は第三波動レベルの分裂から解放されつつあり、統一、平和、無条件の愛を希求するようになっている。
肉体が意識の媒体として使われる最後のレベルなので、多くの宇宙文明が長期間ここにどどまることを選ぶ。

・第五波動レベル 集団意識としての「自己」の認識、直線時間からの解放

・第六波動レベル 次元そのものとしての意識、キリスト意識

・第七波動レベル 多次元的経験の終焉、完全なる一体性と統合の波動レベル

 

第一章 終わり

つづく

 

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン


ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←応援のぽちお願いします。

2016.09.11 Sunday 15:42 | comments(0) | - | 
<< 目次86 2016/08/14-09/11 | main | TVは止めましょう。 >>