<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『エンディングノート』のすすめ

エンディングノート
【さまざまなエンディングノート】

 具体的な死の準備として先ず思いつくのは、『エンディングノート』でしょう。

ここ数年、かなり人気が出てきました。
終活イベントに行くと無料でくれることもあります。

私は数年前に購入しました。600円くらいでした。
最初、開いたときはかなりショックでした。

記入項目がたくさんあって、目がクラクラしました。

死ぬ準備も大変だなぁ〜 (@_@;)

こんなにいろいろ調べて書いておかないと、身辺整理が出来ないんだ。
わからないと残った
家族が困ることになるし〜

いざ書こうとしたら、カード番号パソコン情報など覚えていないことがいっぱい。
その都度、調べていたら時間がかかって、しばらくほったらかしでした。

その後、気を取り直して、少しずつ記入しています。
2年経ちましたが、まだ完成していません。
 (;^_^ A

いつもブログで死の話を書いているのに、自分の死の準備が出来ていなかったことを自覚して深く反省しました。

お葬式をどうするか?
(面倒だからしなくていい)

お墓をどうするか?
(両親の墓があるが、あんなところに入りたくない)

形見分けをどうするか?
(一人息子は母親の物なんかいらないよ〜)

財産をどう分配するか?
(ほとんどない)

死んだら誰に知らせてもらいたいか?
加入している団体には知らせて欲しいか?
ペットがいたらどうするか?
パソコンやスマホの情報をどうするか?
その他の個人情報の保管や消去については?
認知症になったら成年後見制度に入るか?
もしもの時は、老人施設を希望するか?
延命治療を希望するか?
etc.


自分の老後や死について、現実的に考えると頭が痛くなります。
ピンピンコロリとあの世に行きたいです。


参考情報:
増税、年金不安…“幸せな老後”に必要なマネー術とは?
普及する「エンディングノート」

考える葬儀屋さんのブログ
エンディングノートの正しい選び方・書き方

日刊葬儀新聞【無料サービス】
「エンディングノート」ダウンロード

エンディングノート 無料ダウンロード


さあ、あなたも『エンディングノート』を書きあげてから、安心してあの世に戻りましょう。
(^ - ^)


☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内

 詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。
2016.05.04 Wednesday 20:56 | comments(0) | - | 
<< 私たちが死ぬ確率は100%です。 | main | 前世の顔が出てきました。 >>