<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

江原啓之「ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー」

ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー江原 啓之中央公論新社 2007-09売り上げランキング : 3045おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools

 


動物の心を知るために、少しお勉強をすることにしました。
スピリチュアルな動物に関する本は、今まで読んだことがありませんでした。
まず江原啓之さんの
「ペットはあなたのスピリチュアル・パートナー」を読んでみました。

運命の出会いから幸せな別れまで あなたとペットの永遠の絆を育てるためのはじめてのスピリチュアル・ブック。(ジュンク堂書店の解説)

第一章 ペットとの出会い
第二章 ペットとのコミュニケーション
第三章 ペットのトラブルSOS
第四章 動物たちのスピリチュアリティ
第五章 幸せな別れ方


小さい本ですが、知らなかったことも多いです。

そして、中の動物たちの写真がとても素晴らしいです。可愛いだけでなく気品があります。
★。、::。.::・'゜★。.::・'゜★。、::。.::・'゜

その中で興味を引いたのは
「動物の前世とグループソウル」というページでした。
(適当に省略して引用します。)

動物に前世や来世があるのか?
守護霊はいるのか?
答えはすべてイエスです。

動物たちの魂は、この世に生まれる前、霊界にいたときは、類魂(グループソウル)という”たましいのふるさと”にいました。
それは、「水の入ったコップ」のようなものです。
動物のたましいは、ひとつのコップから、この世に一滴こぼれ落ちるように生まれて、この世で人にふれ合いながら、いろいろな経験を積みます。
そして、死をもって肉体を離れ、たましいは、生まれる前にいたグループソウルに帰っていきます。

動物たちのたましいは、やがては人霊となるのですが、今はその進化の途中なのです。
経験を積んで、人霊となるために再生を繰り返しているのです。

動物の守護霊も同じグループソウルの中にいます。それは自然霊、たとえば鉱物に宿る鉱物霊や樹木に宿る木霊(こだま)などです。そうした自然霊が、動物たちの霊性の成長を見守っているのです。

守護霊の種類も人間のように多岐にわたっていません。

動物たちの守護霊が見守るのは、愛を知ることができる「人霊」に至るまで、たましいを成長させること、ただそれだけなのです。
引用終わり


リマ:動物の魂は人間よりずっと単純だって書いてあるわ。
動物はこれから人間の魂に進化するらしいね。
人間から動物になることはないのかしら。


ニキエル:確かに人間から見たら、単純ですね。
しかし、人間にはない優れた特性もあるのですよ。
全て人間と同じようには比べられません。
全ての動物が、必ず人間の魂になるとは限りませんからね。
また、特別な例をのぞいては人間が動物になることもありません。


リマ:動物の魂の進化は、人間の魂になるだけという一本道ではないのね。
他の存在たちとの関わりもあって、思ったよりフクザツそうね。σ(・ω-;)


★。、::。.::・'゜★。.::・'゜★。、::。.::・'゜

動物の魂は死んだらどうなるのでしょうか?
また、この本から要約して引用します。

「動物の魂がたどる進化の道」

動物は人間のように、この世とあの世の境にしばらくいますが、その後はすぐにグループソウルにとけ込みます。人間と違って早いのは、人間のように悪いことをして反省する必要がないからです。

そして、またこの世に再生してきますが、亡くなったときの個性そのままで生まれ変わることはありません。子どもの時に飼っていた小鳥が今度は犬として生まれ変わる可能性もあるのです。
野生動物より、人間に飼われている動物の方が人霊に近く、霊性が高いようです。
以下略



リマ:私は動物の方が人間より気持ちがきれいで、純粋だと思うんだけどな〜

ニキエル:人間は精神活動が動物よりフクザツだから、ネガティブな思いもたくさん持っているんですよ。そして、悩んだり苦しんだりしながら魂を成長させていきます。
動物は邪気がなくて、素直でまっすぐです。天使により近い存在です。


リマ:なぜ人間は、地上でこんなに苦しまなければならないのかしら?

ニキエル:あなた達も霊界では苦しみを味わうことはありませんよね。
この地上こそが、そのような体験のできる唯一の場所なのです。
それだけ、短時間で大きく魂を成長させられるのです。


リマ:すると、この世の苦しみは霊性向上のためにあるのね。

ニキエル:誤解しないでね。苦しめば苦しむほど、向上するわけではありませんよ。
人間はすぐに横道にそれて、しなくてもよい苦労をすることもあります。だからこそ、直感を磨いて、天使や高次とつながって欲しいのです。
自力で出来なければ、スピリチュアルリーディングを受けてもいいんですよ。


リマ:そうね!!

そこで私の出番です!! 

みんな、悩みがあったら、私のリーディングを受けてね。
必ず解決のヒントがつかめると思います。

\(o⌒∇⌒o)/


(いつのまにか、ペットの話から横道にそれてしまいました。)


☆動物にも魂があり、前世や守護霊があります。☆

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッション、講座、ワークショップ

メニュー、料金などの詳細は

HAPPY RIMAのHPをご覧ください。き

HPアイコン

 

ランキングに参加中 

いつもクリックありがとうございます。^0^v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←応援のぽちお願いします。

 

 

2008.06.17 Tuesday 22:47 | comments(4) | - | 
<< 妖婦伝2 ファム・ファタル サロメ | main | 『猫たちを救う犬』 >>
ふくふく (2009/06/26 1:38 AM)
初めまして、今晩は。 ふくふくと申します。

私もスピリチュアル・カウンセリングを行っているのですが
先日アニマル・リーディングのモニターセッションを行った際
江原さんの本を後日紹介したいと思って検索したらこちらのサイトを発見致しました。

出来ればこちらの記事をご紹介させて頂きたいのですが
お願い出来ますでしょうか?
宜しくお願い致します。
リマ (2009/06/26 9:05 AM)
☆ふくふくさん、こんにちは!
HP拝見しました。
とても楽しそうなHPですね。
リンク先を入れていただければ、喜んでお使いくださいね♪

これからもよろしくお願いします。


ふくふく (2009/06/26 3:20 PM)
有難うございます(^〜^)
それでは今より、ブログにてこちらをご紹介させて頂きます☆
- (2018/10/08 3:51 AM)
管理者の承認待ちコメントです。