<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

マンダラについて調べました。

マンダラ1
【曼荼羅(京都市、東寺)】
 
 曼荼羅アートを描いてから、俄然曼荼羅に興味が出てきました。
こういう謎めいた図形は好みです。

でも、曼荼羅って何? σ(・ω-;)

そこで、ウィキペディアで調べてみました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

曼荼羅

 曼荼羅(まんだら、maṇḍala)とは、仏教(特に密教)において聖域、仏の悟りの境地、世界観などを仏像、シンボル、文字、神々などを用いて視覚的・象徴的に表したもの。
「曼陀羅」と表記することもある。

古代インドに起源をもち、中央アジア、中国、朝鮮半島、日本へと伝わった。
21世紀に至っても、チベット、日本などでは盛んに制作されている。
日本語では、重要文化財等の指定名称は「曼荼羅」に統一されている。

語源

「曼荼羅」は、サンスクリット語の音を漢字で表したもので、漢字自体には意味はない。
「丸い」という意味があり、円は完全・円満などの意味があることから、これが語源とされる。
中国では円満具足とも言われる。

インドでは諸神を招く時、土壇上に円形または方形の魔方陣、マンダラを色砂で描いて秘術を行う。
チベット仏教などでは今でも修行の一環として儀式、祭礼を行う時に描かれる。

意味

「マンダラ」という語は、英語ではヒンドゥー教やその他の宗教のコスモロジー(宇宙観)も含め、かなり広義に解釈されているが、日本語では通常、仏教の世界観を表現した絵画等のことを指す。

マンダラ3
【神道 春日宮曼陀羅一部】

「密教曼荼羅」
「浄土曼荼羅」阿弥陀如来のいる西方極楽浄土の様子を表したもの
「垂迹(すいじゃく)曼荼羅」神道系
内容や表現形式も多岐にわたりる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宗教ではいろいろ細かく規定されていますが、
普通の人が描くマンダラはその人の世界観が
幾何学模様で表現されているものと考えればいいみたいです。

超アバウトな解釈ですね〜 (;^_^ A

こっちの解説がわかりやすいです。

マンダラ2

 マンダラ、およそ1500年前インドで生まれ、ネパール、中国などに伝えられ、日本にも空海たちによってもたらされました。

マンダラは悟りを求めて修行する際の心の案内図の役をしたり、弟子が入門するときの儀式などに用いる道具あるいは舞台装置となったりします。

そこでは、身体は自己という心の空間と密接に結びついたひとつの宇宙、一種のマンダラと考えられています。

修行者は身体という場において、自己と宇宙との同一性を経験します。

身体という宇宙は心を包む袋であるとともに、背骨が須弥山であり、肉は大陸、血管は河川、血はそこを流れる水というように、大宇宙との相同関係をもっています。

そのため、宇宙も、われわれの身体も、さらにはひとりひとりの心もマンダラと呼ばれます。

マンダラは、宇宙と身体と心が元来は同じものであることを体験するための道具です。

マンダラとそこに住まう神がみの空間で、ゆっくりとくつろいで自己と世界を感じとってください。

国立民族学博物館友の会HPより


なんだかワクワクしてきました〜 v(≧∇≦)v ♪
マンダラ塗り絵を買ってこようと思います。



マンダラ塗り絵

マンダラ塗り絵
スザンヌ・F.フィンチャー 正木晃
春秋社 2005-11-30
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内

 詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。  

 
2015.05.30 Saturday 08:28 | comments(0) | - | 
<< 曼荼羅アートを描きました。 | main | マンダラと「ウォーター・サウンド・イメージ」 >>