<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「ウォーター・サウンド・イメージ  宇宙万物を象る《クリエイティブ・ミュージック》のすべて」


《水と音》が分かれば《宇宙すべて》が分かる ウォーター・サウンド・イメージ  生命、物質、意識までも――宇宙万物を象る《クリエイティブ・ミュージック》のすべて
《水と音》が分かれば《宇宙すべて》が分かる
ウォーター・サウンド・イメージ
生命、物質、意識までも――宇宙万物を象る
《クリエイティブ・ミュージック》のすべて

アレクサンダー・ラウターヴァッサー 増川 いづみ
ヒカルランド 2014-06-19
Amazonで詳しく見る
by G-Tools


科学書ですが、詩と散文集のようなステキな本です。

著者はドイツ人で、科学と心理学を学び、亀の甲羅の模様のパターンに興味を持ち、形態形成と形態学の研究を始めました。

著者
【著者 アレクサンダー・ラウターヴァッサー博士】

いろいろと形態学の歴史や過去の研究のことが書いてありますが、 自然界の模様は今まで言われていたように自分の身を守るためのカモフラージュではないということです。

それぞれの種特有の生命の周波数があり、その種類の個体ごとの特有の周波数があります。

潮干狩りで採ってきたアサリの貝殻の模様は一つとして同じものがありませんね。
それと同じなのです。

チーターのヒョウ柄も、シマウマの模様も、亀の甲羅もよく見ると、個体ごとに微妙に違っています。

それぞれの生命の周波数により、個体の模様が違ってくるという研究結果が美しい図版や写真で紹介されています。

本当に神秘的です。
机の上に置いて、しょっちゅうパラパラ眺めています。(ΘoΘ)

自然界の模様
【自然界のいろいろな模様 水】

私は子供の頃から、植物の形やパターンが大好きでした。
どうして、こんな形ができるのか、同じ種類の花や葉っぱは同じ形をしているのはなぜか?
小さな花の中をのぞき込んでいると、宇宙の中に迷い込んだような気持ちになりました。

数秘術の創始者と言われているピュタゴラスは宇宙は震動するエネルギーだと言ったそうです。

翻訳者の増川いづみさんは音叉ヒーリングや古代文字の研究者です。

みんなつながっているんですね。ヽ(^ - ^)ノ

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内

 詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

 
2015.05.12 Tuesday 08:12 | comments(0) | - | 
<< シャーロット王女の数秘 | main | 「ウォーター・サウンド・イメージ」2 >>