<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

箱根ツアーが終わりました。

ku
【九頭竜神社にお詣り】

 1月31日から2月3日までのマスターゲートさん箱根ツアーが終わりました。
今回は息子も参加して、実に濃い内容でした。

宿泊は箱根プリンスホテルでした。
近くの九頭竜神社に何回も行って、エネルギーを感じたり、瞑想しました。
不思議な体験もしました。

しかし、一番の収穫は息子がとても元気になったことです。

以前にも書きましたが、15年前に二人ともシックハウスで化学物質過敏症になりました。

その後、私はスピリチュアルな仕事を始めたらどんどん元気になりましたが、息子は治らず、ずっと山奥に引きこもっていました。

それが、去年のゲートさんのグループセッションでアドバイスをいただき、自覚の勉強を続けていたら、少しずつ元気になってきました。

そして、1年後の箱根ツアーに参加する気力と体力が出来ました。

 今回、ホテルの部屋が苦しいとか、食事が食べられないなど、いろいろありましたが、空気清浄機を使用しながらも、キャンドルライトの人達との交流に楽しみ、寝る間も惜しんで夢中で遊んでいるうちにほとんど病気を忘れてしまったようです。

1月に受けた算命学の鑑定で、息子は2月4日立春から運命が好転するとか、たくさんの人と交流すると良いと言われていました。まさにそのとおりになっています。

また、石井ゆかりさんの筋トレではこう書いてありました。
息子はやぎ座です。

き き き

2015年、他者との交流は、
今までとは少しちがった段階へとシフトしていきます。
もっと自由に、
仙人が空を行くように交際できるようになっていくのです。

貴方の内なる
精神世界の躍動が始まります。
この時期は実際、「世間から遠ざかる」どころか、
むしろ、旅をして未知の世界にどっぷりはまったり、

「師」について勉強や研究に没頭するなど、
「外に出る」機会が多くなるはずなのです。

2015年を境に、
山羊座の人々の夢と希望は、
明るい色彩を取り戻します。
未来はこんなふうにしたい、という光り輝く風景を
心に描くことができるようになりますし、
思い描くだけでなく、
それを現実に変えるべく、行動を起こすこともできるようになります。
大人の夢と子どもの夢の、もっとも大きな差は
それを実現する責任を負うかどうか
というところにあるのかもしれません。

2015年、山羊座の人は、
夢に終わらない
夢を描く力を再生させることになるはずです。

*********************

1月の中程から2月にかけては、
外に出る機会が増えるでしょう。

(ゲート氏のグループセッションや箱根ツアーに参加)

フットワーク良く動き回り、
知識や情報、新しいアイテムなどを貪欲に集められます。

また、この時期は知的好奇心や向学心が活性化していて、
勉強や研究で大きな成果を出せそうです。

(これから当分、自覚と遊びにのめり込みそうです。)

3月後半、心の扉をふと、開かれるような
神秘的なメッセージを受けとる人もいるようです。

4月から5月半ばにかけては、
とても楽しい季節となるでしょう。
やりたいことにとことん打ち込めるときです。

また、素晴らしい
愛が開花するようなタイミングでもあります。
(彼女が出来たらうれしいです。)

き き き

ゲートさんのツアーに頑張って参加して本当に良かったです。
私たち母子の新しい春がスタートしたようです。

今回のツアーに参加している人達には、
子どもや夫婦の問題で苦しんでいる人たちが多かったです。
うつ病引きこもりなどで社会生活が苦しい若い人たちもいました。

それぞれ、
人生の課題があるのでしょう。
みんなが自覚で乗り越えられると良いな〜と思います。
ヽ(´∀`)ノ


☆ . ::・’゜☆ . :
個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内

 
詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。
 
2015.02.04 Wednesday 08:47 | comments(2) | - | 
<< 明日から箱根へ行きます。+筋トレ情報 | main | 老人ホームに見学に行きました。 >>
maki (2015/02/04 4:33 PM)
リマさん、お帰りなさい!
息子さん、良かったですね。
彼のスピリチュアル・ブログはわかりやすかったです。
リマ (2015/02/04 10:48 PM)
makiさん、息子のブログ覚えていてくれたのですね。
そのうち、書いてくれるかもです。