<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

☆体験談 ソウルメイトの夫との過去生

ロシア美人 ハラモフ
【ロシア美人 ハラモフ】

久しぶりに体験談を掲載します。
今回は天使とソウルメイトリーディングです。

☆天使とソウルメイトリーディング体験談 ソウルメイトの夫との過去生

《ご相談内容》

夫との過去生とソウルメイト度
A様 30代 女性 


○夫B様との過去生

1.17世紀の北欧。A様とB様は同じ村の出身で夫婦でした。
当時の農村は、夏場だけ働いて、冬は家の中で手仕事をして過ごすことが普通でした。

二人は、夏の出稼ぎでニシン漁の船で重労働の作業をしていました。夏が終わり、漁船の仕事も終わりました。
しかし、他の家族と折り合いが悪い夫は、帰りたくないので妻だけ帰して軍隊に入りました。戦もなく訓練や武器の手入れ、簡単な土木作業などの気楽な生活で、ときどき休暇で家に帰りました。
数年そんな生活を続けましたが、ある時国境付近で隣国との小競り合いがありました。

実際に殺し合いを体験して、その残忍さと恐ろしさにショックを受け、すぐに除隊して故郷へ戻りました。
それからは、家族に持っていたさまざまな不満があまり気にならなくなり、妻子をいたわり穏やかな家庭生活を送りました。


2.南ロシアの草原地帯。A様は若い農民の青年でした。
同じ村の娘(B様)と恋をして、森でこっそり会うことがよくありました。
結婚したかったのですが、彼女は母親にさからうことができず、いつも言いなりでした。
そして、親の決めた大きな農家の息子と結婚しました。
その後、お産で亡くなってしまいました。


○夫B様の守護天使からのメッセージ

彼は、北欧の人生では家族と心を開くことができず、いつもすね者でした。
何をしても、心が満たされず憂鬱な気持ちでした。
しかし、軍隊でいろいろな男たちと接して、自分が恵まれていることに気がつきました。
さらに、戦争の恐ろしさを体験し、家族の大切さに気づいたのでした。

ロシアの人生では、母親の言いなりになって自分の人生を生きることがありませんでした。
このように、彼はこれらの過去生で家族関係で問題がありました。

彼はあまり感情を外に表しませんが、内面は非常に繊細で豊かな感情を持っています。
しかし、自分が大切にされていないと感じると、心を閉ざしてしまうのです。

愚痴や不平でなく、素直に正直に自分の感情を表現できるようになると、本来の能力が存分に発揮できるようになります。

そのためには、妻であるA様がB様を人間としてもっと尊重することが重要です。
彼が自分は大切にされていると感じられるような態度で、接してください。


○ソウルメイト度の判定

A様とB様のソウルメイト度はBです。
ソウルメイト度 B. 何回も恋人・夫婦関係を結んだかなり親密な魂どうし。

未来世でも、お二人は恋人・夫婦としての人生を歩まれるでしょう。
今の人生で、できるだけ良い関係を築くことが、未来のためにもなります。


 《A様のご感想》 

リマさんこんにちは!

1行読んだだけで
心臓がバクバクしてきて
どうしようかと思っちゃいました!

なんだか、旦那さんは前世も今も家族との関係はあまり変わらないように思えました。

旦那さんの天使の言葉、しっかり受け取りました。
心あたりあります。
私は旦那さんのことをわがままで子供みたいだとずっと思っていて、・・・。
私は彼の意見を、わがままがまた自己中なこと言ってるよ・・・と、・・・。
心の中では半分馬鹿にしていた所とかあったと思います。・・・
反省です。

そんな風なので巷でよく、
生まれ変わったら今の旦那さんとまた結婚したいですか?という質問には
絶対にNO!でした。
正直、どう接していいのかわからなかったのかもしれません。

でもずっと読み進んで行き最後に
診断結果がBだったこと
未来世でもまた夫婦(恋人)になるだろうということ
素直に、かなり嬉しく思いました!
また次も一緒になりたいと思いました(←初めて思いました)

旦那さんにも同じように思ってもらえるように、
次の人生の為にも、旦那さんを大切にしていきたいです。

今回のリーディング、お願いしてホントに良かったです。


☆あなたとパートナーは、ソウルメイトでしょうか?それとも、今回が初めての出会いでしょうか?☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

天使と過去生リーディングは終了しました。


  ぴかぴか ランキングに参加中ぴかぴか 
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←ここもぽちお願いします。

2008.06.03 Tuesday 21:55 | comments(0) | - | 
<< 妖婦伝 血に飢えた女リリス | main | チコは私の先生!? >>