<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

毒薬作りの老婆の前世

魔女

 先日、またまた自分の前世が出てきました。
自分の能力を封印した前世というテーマで、仲間でワークをしたときのこと。

自分の前世がある部屋のドアを開けたら、目の前に背中の曲がったお婆さんがうずくまっていました。

西洋人で気味の悪い雰囲気でした。
薄暗い部屋で、他にも誰かいないかなと見回しましたが、そのお婆さんしかいませんでした。
しぶしぶ、その老婆が自分の前世の姿だと認めました。

老婆は大鍋でグツグツ何か煮込んでいます。
色は黒くてドロドロ。
呪いとかとかと関係ありそう。

飲んだらどうなるのかって?
アタシの知ったこっちゃないよ〜
頼まれたとおりに作っているだけさ〜
ちゃんとレシピがあるんだよ〜ヒヒヒ

若い男がその薬を買いに来ました。
受け取って帰る青年の思考を読むと、

金持ちの娘と結婚することになったから、邪魔な恋人(妊娠中)の子どもを堕ろさせて後腐れないようにしなくっちゃ。

恋人にウソを言って薬を飲ませたら、彼女は死んでしまいました。

実は、その恋人は老婆の最愛の孫娘だったのです。
それを知って、老婆は半狂乱。

アタシがあの子を殺したんだ〜 
m(´Д`)m

とうとう首を吊って自殺しました。

魂になった老婆に、
「あなたの薬がなかったらどうなっていたかな?」と見せたら、
薬が手に入らなかった男は、恋人を川に突き落として溺れさせていました。

どっちにしろ、あいつが一番悪いんじゃ〜
(` 曲 ´)

少し落ち着いた老婆をリトリーバルして、フォーカス27に連れて行きました。

毒薬作りの能力を封印した前世だったんでしょうか。
毒薬なんか作れなくていいです。

意味がよくわかりませんでした。(*´∇`*;△

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内
 
詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

2014.12.15 Monday 08:47 | comments(0) | - | 
<< 目次68 2014/11/14-12/12 | main | 前世の感情を解放するレメディー >>