<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

初詣で余分な念エネルギーを落とす

初詣
【鎌倉鶴ヶ岡八幡宮の初詣】

 先日の記事で、神社仏閣でお詣りすると、そのエネルギーを高次の存在が食べると書きましたが、それについての文章を引用します。

エネルギーは食べ物と同じで、少なすぎても、たまりすぎても苦しくなります。

ですから、神社でお祈りしたり、楽しいことで笑ったりして、余分なエネルギーを発散すると循環が良くなります。


   ・・☆・・☆・・☆・・

・念エネルギーを食べる人たち
(「シャンバラからの超レッスン」から一部引用)

ベス「感情を食べるって言うのはあるよね」

ペガサス「エネルギーとして?」

「その昔、地球人の意識は、植物、穀物みたいな意識で、それがだんだん強い感情を持つようになったらしいのね。
泣いたり、喚いたりすることで、感情エネルギーが発生して、その感情を収穫して食べている存在がいるって話だったかなあ」

「でも、その後の話なんだけど、殺し合う時のエネルギーは確かに凄くて力強くて、食べれば力にもなったけれど、私たちが喜んだ時の念のほうが美味しいって、彼らは気づき始めたのね。
だから嗜好が変わってきてるわ」

「『勝ったね〜!うれしいね〜!やったね〜!』って、こっちのエネルギーを食べるようにようやく変化が見られて来てるところよ。こっちは誰も殺さないし、肉も食べないから」

「例えば、『うれしいうれしい、もう、スッゴイ良いことあった!もう、神様のお陰〜!』って、うれしいわ〜!って、神棚にお供えするでしょ。
そうしたら、それって、神様っていわれてる存在が、そのエネルギーをぱくぱく食べてるの?」

「はい、正解。それが食べるです」

「でも、エネルギー出したみんなも、元気にしているよ」

「だって、ムダなエネルギーが取れて楽になるものね。
幸せな人のエネルギーを食べる方がおいしいし、力が出るのがわかっていれば、幸せな人を選ぶよね」

「私たちの中で、感情帯を出すと、念エネルギーが生まれて、それは彼らにとって良質の食べ物なわけですから。
神社で2月3日の節分に豆を撒くけれど、あの時、お金を集めるわけでもなく、豆を撒くでしょう。
あの時は、みんな興奮して念エネルギーを豆と一緒に撒くのね。
すると、神社の本殿の上の所で吸い取って食べている存在がいるのよ。
つまり、モスクや、神社仏閣とか、ああいう所の神といわれている意識体は、私たちのエネルギーを食べて神社仏閣を維持しているの」

「そういう意識体を神様って言っているけれど、本当は神でも何でもないのよね」

「でも、時々、お祈りすると気まぐれで助けてくれる」(笑)

「はっきり言っちゃったら、私たちより次元が高い意識体」

「私たちの方が、エネルギーが小さいけれど、結局一緒。人間同士も、念エネルギーを食べ合ってるもの」

「つまり、この世は念の奪い合い。もしくは貰い合いの世界。
だから戦争や主導権争いそのものが念の奪い合いだよね。」


   ・・☆・・☆・・☆・・

リマ:ショックですね〜(@◇@)

私たちが神様と呼んでお祈りしている存在は、私たちが出す感情エネルギーを食べているだなんて。それでお互いにギブ&テイクみたいですが。
 

そのうち続きます。

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内
 
詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

2013.12.22 Sunday 08:48 | comments(0) | - | 
<< 念エネルギーは電気byペガサス | main | お台場でクリスマス会 >>