<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

11月23日ケイティ・ワーク体験会のお知らせ

kety
【バイロン・ケイティ】

第2回目 11月23日(土)13:00〜16:30
タワーホール船堀 会議室 定員6名
参加費 3000円(資料代込み)

終了しました。

一回目の参加者はお一人でしたが、とても気持ちが軽くなったそうです。
速攻で効果が実感できます。

今なら、マンツーマンでお教えできますので、個人セッション受けているのと同じですね。ストレスを少なくしたい方、心理に興味のある方、お申し込みお待ちしています。

   

最近は、自覚&ワークの毎日です。

ゲート流の自覚が素晴らしいのはもちろんですが、
私の場合は、ケイティのワークで効果が加速している感じです。

バイロン・ケイティ・ワークは本のとおりにすれば、誰でもできます。
ストレスを解消するのにとても効果的です。

今までは、ストレスを感じたら、甘い物を食べたり、ぼんやりTVを見たり、気分がほぐれるまでダラダラすることが多かったのです。また、ストレス解消と称して、食べ歩きをしたり、買い物をしたりしていました。

しかし、今はストレスは絶好の自覚ネタワークネタです。

おお、私は今ストレスを感じているなぁ〜

どんなことがストレスなのかな〜?

どんな感情が出てきているのかな〜?

自分の不要な思い込みや制限に気がつくので、大歓迎です。
毎日、どんどん自分が楽に軽くなっている感じです。
O(≧▽≦)O

ワークのやり方は、例文に自分の気持ちを当てはめていって、次にそこに書いてある4つの質問に答えていきます。

例:私は彼に怒っている。なぜなら、彼は私にやさしくないから。

質問1.それは本当ですか?
質問2.それは絶対に本当ですか?
質問3.そう考えるとき、あなたはどんな気持ちになりますか?
質問4.その考えがなかったら、あなたはどうなりますか?

と書きながら答えているうちに、あれれ〜私って、本当はこう考えていたんだな〜と魔法のような不思議な気持ちになって、その考えが気にならなくなります。

ストレスの原因が、彼の態度ではなく、自分の考えだったことがわかると、ストレスでなくなってしまうのです。

これは、体験してみないとわからない感覚です。
自分が毎日、いかに多くの考えを作り、自分や他人をジャッジしているかに気がつきます。

本を読むだけでも、すぐに出来るようになりますが、
一人では出来ているかどうか不安だとか、
誰かとシェアしたい人のために、簡単な体験会を開きます。

私も独習なので、難しいことは教えられませんが、
もっと深く理解したいので、
入門編としてみなさんとシェアしながら共に学んでいきたいと思います。

ゆくゆくは、自分を愛して幸せになる講座を開きたいと考えています。

ほめ日記やザ・ワーク、インナーチャイルドワークなど、自分を愛することがテーマの学習会を開こうと思います。

毎月、土曜日の午後、タワーホール船堀で行います。

どんな考えがあなたを苦しめているか、どんな思いグセがストレスを作っているか、に気づいていきましょう。

第一回目は11月23日(土)13:00〜16:30
タワーホール船堀 会議室 定員6名
参加費 3000円(資料代込み)

内容:バイロン・ケイティ・ワークの初歩
身近な人についてジャッジするワークです。

あなたの家族や知り合いで、許せない人、ケンカした、イヤミを言われた、お金を返してくれない、イジワルをされたなど、思い出すとむかつくような人を徹底的にジャッジしてみます。

最後に「おきかえ」というワークで、自分の気持ちがどう変化するか感じてみましょう。
見事にストレスが消えてしまうかお楽しみです。

お申し込み
件名:11月23日体験会申込み
お名前
携帯番号

送信先
rima67890☆@yahoo.co.jp  
☆を削除して送信ください。全部半角です。
またはHPお問い合わせフォームからも申込みできます。

興味のある方、お待ちしています。
\(´∀`)/

こちらも参考にしてね。

「ザ・ワーク」バイロン・ケイティ
http://rimaroom.jugem.jp/?eid=1245

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内
 
詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

2013.11.22 Friday 06:46 | comments(0) | - | 
<< 「母の呪縛から解放される方法」 | main | ケイティワークショップ終わりました。 >>