<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

由井寅子先生講演会 in 池尻大橋

トラ子先生
【由井寅子先生】

久しぶりにトラ子先生のお話を聞いてきました。トラ子先生のホメオパシー学校の学園祭の講演会です。

タイトルは「心にひびく愛の教育」

初めはトラ子先生の懺悔から始まりました。(うろ覚えですが、だいたいこんな感じでした。)

私は以前は押しつけてばかりいて、学生たちにお前らこんなこともわからないのか、なんでこんなことができないのか、もっとしっかりやれ〜!と詰め込み教育して怒ってばかりいたんだ。でも、それは愛の教育ではなかった。私はホメオパスであって、教育者になりきれていなかった。

人間、あまり詰め込まれると、怒りが増えるんだ。人間はよく寝ないと攻撃的になる。英語なんか聞きながら寝ると脳が休まらない。

昔、怒りながら教えた人には申し訳なかった。謝ります。(こういう潔いところが好き!)

愛のある教育とは、相手を伸ばすことで、から人間を育てることなんだ。相手の気質・特質、共感、感情を一人一人見ながら育てていくんだよ。

知識を智恵に変えるための愛だね。
1.自然に対する畏敬の念
2.神仏に対する敬虔の念
3.先生に対する尊敬の念


そして、子どもの相談事例から、ホメオパシーでどのように子どもの心が変化したかビデオで見せてくれました。数ヶ月で子どもの表情、言葉、態度が別人のように変わっていました。おお、こんなに変われるのかと驚きました。

私もトラ子先生にホメオパシー処方してもらいたくなります。
o(^o^)o

先生の処方は魂・心・肉体に作用する処方です。相談会でうっかり言い過ぎて子どもを傷つけてしまったら、必ず次のときに謝るそうです。

「この前は悪かったね。おばさん言い過ぎてしまったよ。あれからずっと悪いこと言っちゃったな〜って気にしてたんだよ。本当にごめんね」
(こんなに素直に謝る大人、滅多にいないよ)

最近増えている子供の自殺を防ぐレメディーの話もありました。
たとえば、アルミナはアルミニウムが原料で、予防接種に使われていて、ナイフで自殺したくなる子に有効だそうです。
アーセニカムのレメディーは人生は楽ではないと思う人に、薬で楽に死にたい人向け。
オーラムはものすごい落胆、飛び降り自殺したい子向け。
カーボベジは拳銃で自殺したい子用。
ストロニウムは腹いせ自殺向け。
など自殺の方法により使用するレメディーが違うそうです。子どもの態度により、どんな自殺をしそうかわかるそうです。

いじめっ子に効くレメディーもあります。学校、テストで一番になれとむやみに競争心をあおると、みんなを押しのけたり、いじめても何とも思わない子になるのだそうです。

親はつい子どもに説教したくなるが、一番大事なのは子どもの話を聞くこと。
共感を持って聞く。受け入れる。それが愛があること。
子育ては芸術だ!

このあと、インナーチャイルドのお話があるはずでしたが、時間が足りなくなって割愛されました。とても残念です。

久しぶりのトラ子節、ズバズバ歯に衣をきせぬ言葉が心地良いです。また、聞きに行きたいです。
ホメオパシーは今でも現代医学では理解されず、オカルトだと言われたり、去年も新聞で攻撃されました。

それでも、よく効くので世界中に広まっていて、英国王室やヨーロッパ各国で使用されています。また、お金がかからないので貧しい国でも使われています。副作用もなく安全なので、日本でもっと広まるといい思います。


「インナーチャイルドが叫んでる!」由井寅子1 (02/17)につづきます。
http://rimaroom.jugem.jp/?eid=599

^^^^^^^^^^^^^^^^
対面リーディングのご案内 2月

インナーチャイルドお茶会の募集 (2月18日原宿)

電話リーディングのご案内  
対面リーディングのフォローにもご利用ください。

    ☆ランキングに参加中 
応援のクリックありがとうございます。^0^v

精神世界 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。 
ブログQRコード
  

2011.02.14 Monday 00:27 | comments(0) | - | 

ペットのトラウマ解消に



注意:この処方は私の独断と偏見で選んだものです。

犬にもホメオパシーのつづきです。

前日から絶食中のチコは、何時間も車に揺られて、山小屋に着いた時にはフラフラになっていました。軽く散歩をさせながら、昨日はボーラックスをあげましたが、今日は何がいいかしらと思ったら、突然ネイチュミュアという言葉が浮かんできました。

テキストで調べると、チコに当てはまる項目がたくさんありました。

ネイチュミュア Nat-mur 岩塩
[人生は悲しく辛いと思う人に]

・長年の深い悲しみ(チコはいつも悲しそうな顔をしている)
・非常に傷つきやすい(チコはすぐいじける)
・ノドが乾く(水をたくさん飲む)
・甘い物より塩気を好む(チーズや煮干しが大好き)
・涙目(いつも少し涙が出ている)
・インナーチャイルドにも効く(捨て犬だったときのトラウマ?)



飲み水にネイチュミュアを一粒入れておきました。
水を飲んで一眠りしたチコは、目がいつもより大きくクリクリしていました。
(●∀●)

チコの場合、効果があると目が大きくなります。
さっきより、ずっと元気そうです。
置いてきぼりにされたショックから回復してきたようです。 (^ - ^)

ホメオパシーは、処方を間違えても副作用の心配がないので安心です。
我が家ではみんな、具合の悪いときは自己判断で勝手にレメディーを飲んでいます。ぴったり合わなくて、効き目がないこともありますが、あまり気にしません。
(市販の風邪薬だって効き目が感じられないことありますよね。)

私が良く使うレメディーの例です。

寝付きが悪いとき・・コフィア(コーヒー、興奮を抑える)
生理痛、更年期など女性特有の症状に・・シピア(イカスミ、女性ホルモンを整える)
虫さされ、アレルギーに・・エイピス(ミツバチ、炎症に)



☆現代の置き薬はホメオパシー!!
基本セットとテキストを常備しましょう!!☆


高速で帰る途中のサービスエリアで、年配のご夫婦に話しかけられました。

「ワンちゃんお利口ね。いつもご一緒なのね。
お気を付けて行ってらっしゃいね♪」(^^)

きっと天使の伝言だったと思います。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

天使と過去生リーディング募集中

   ランキングに参加中
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←ここもぽちお願いします。
2008.03.31 Monday 22:30 | comments(2) | - | 

犬にもホメオパシー

セイヨウオキナグサ
【セイヨウオキナグサ (ポースティーラ)Puls.】

先日、山に行ったときのことです。
我が家の飼い犬チコも年を取って、長時間ドライブが辛そうになってきました。
山の寒さもこたえるようです。

そこで、今回は実家の母に預けてきました。始めは犬嫌いだった母も、今ではすっかりチコが可愛くなって、ひなたぼっこしながらブラッシングしたりしています。それで安心して預けて息子と山に出かけました。

一週間経った朝、母から電話がかかってきました。

夜中に、チコが大声で吼えまくるんだよ。一晩中、吼えていて庭を散歩させたり、おやつをあげたりして、とうとう眠れなかったよ。今晩も騒がれたら死んじゃうよ〜なんとかしてよ〜ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ 

悲鳴のような声でした。

チコの潜在意識にアクセスすると、
ママがいない、ママが帰ってこない  
。・゚(゚T◇T))゚・。

パニック状態
大急ぎで、私だけ帰ることにしました。

夕方近くなって、実家に着くと、車の音でわかったらしく、キューンキューンと大騒ぎです。早速一緒に散歩に行きました。
「なあんだ!元気じゃん!!」と思っていたら、血の混じったドロドロのウンチをしました。

「あれま、やっぱり具合悪いんだね。ストレスかしら。でも、もう帰ってきたんだから、大丈夫だよね。(^_^)」

と安心して翌日出かけたら、留守の間にまた大パニック!!
母は「もう疲れたよ!!さっさと犬連れて山に帰ってチョーダイよ!!」
とこちらもパニック気味で超不機嫌。

夜中にも騒いで、とうとう廊下にそそうをしてしまいました。
(夜は玄関に入れています。)

キイー!!クサーイ!!キタナーイ!!
帰って!!今すぐ帰ってよー!!
 ┗(|||`□´|||;;)┛!!


母もきれて大騒動。

そうは言っても、チコもぐったりのびています。
どうしたらいいんでしょう?(-_-;

犬に効くクスリ・・・あ、そうだ!!
ホメオパシーがあるではないか!!^0^v


大急ぎでレメディーをしまってある箱を引っ張り出してみました。

でも、どれがチコに効くのかしら?
36基本セット?
36キッズセット?


36基本セットは基本的なレメディー36種のセットです。
36キッズセットは子ども用の基本的なレメディー36種のセットです。

天使に聞くと、ペットは子どもみたいなものだから、キッズセットが良いとのこと。
どのレメディーが良いかたずねると、それくらい自分で調べなさいと言われてしまいました。そこで、ガイドブックを読みながら、当てはまるものをオーリングで調べました。

始めの候補はポースティーラ(オキナグサ)
子どもの罹る病気のナンバーワンレメディー
一人にされる、捨てられたと思う気持ち


オーリングをすると、指に入る力が弱い・・これではないらしい。

次の候補はボーラックス(ホウ砂)
神経質、不安、落ち着かない
粘液便
眠りから覚めると怖がって泣き叫ぶ


おお!!これはかなり近いです!!
オーリングも固い!! ヽ(´∀`)/


早速、飲み水に溶かしてみました。

しばらくして様子を見ると、目がさっきよりしっかりしているではありませんか!!

母もやって来ました。
「あれま!!さっきより元気そうだね!!
さっきまでのうつろな目つきがうそみたい。
ホントにそのホメ何とかって効くみたいだね〜 (⌒▽⌒;) 」

とびっくり!!

明日はチコと一緒に山へ帰ります。
山で本格的にレメディーを摂らせて、しっかり元気になってもらいます。
\(o⌒∇⌒o)/ 

☆ホメオパシーは家庭の常備薬です!!☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

天使と過去生リーディング募集中

   ランキングに参加中
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←ここもぽちお願いします。
2008.03.29 Saturday 22:37 | comments(0) | - | 

ホメオパシー3

ホメオパシーとは、その人がいかに生きてきたかを振り返りながら、心と体の大掃除をして、本来の自分に還るための方法なのです。

私は今、アーニカを毎日摂っています。
ホメオパシーは薄ければ薄いほど、心と精神に作用します。

ホメオパシーを信じない人たちは、薄めるほど効果があることが信じられないのです。
しかし、濃いほど物質レベルの肉体に作用し、薄いと見えない体、つまりオーラや感情体などに作用しているようです。

今は、すご〜く薄いアーニカでガンコな心をほぐし中です。
もっともっと頭を柔らかくして素直な心になりたいのです。 
(*´∇`*)

アーニカ
【アーニカ  ウサギギク・Arnica (Arn)】

アーニカは「事故や怪我で体がショックを受けたとき」
何はともあれ、一番最初に摂りたい
応急手当のレメディーNo.1です。

切り傷、打ち身、打撲、
捻挫、筋違い、寝違い、
筋肉痛、頭痛、できもの・ニキビ、

にとりあえずアーニカです。
回復が早くなります。

どんな心の人に効くかというと、

病気であること、傷ついていることを否定し、症状の重さを認めようとしない人。
一人になりたがり、動揺しやすく、神経質で気難しい傾向がある人。
集中力に欠けて、物忘れが激しい人。
ガンコで、我慢強い人。

こういう心がほぐれていくのです。


由井トラコ先生1
インタビューより
[由井学長]
私この仕事やらせていただいて、患者さんたちがどんどん皮がむけて、タマネギの皮がむけるように本来のこの人が出てくるのを見て、あー、この仕事をしてよかったなと。

で、楽になりましたと。今までは仮面をつけてびくびく生きていたと。そしてこんなことをいったら嫌われるんじゃないかって、びくびくして会社にも勤めていたと。でも自分の本当の性格が出て、それで向こうが腹を立てるの、それはおかしいと思うというようになった時に、よかったね、あなた皮がむけたねと私はいうんですよ。

私ら人生の中でこう生きたら得策なんだといって、人が泣いたり怒ったり喚いたりすると嫌われるんですよ。泣いたり怒ったり喚いたり喜怒哀楽が出ているだけの事なんだけれど、嫌われるんですよ。

その中で腹が立っても堪え、泣きたくてもぐっと堪え、あまり喜んではいけないと喜ばない。そういう風に手と足がもぎ取られたような適応して、騒動を起こさないように仮面を作っていったんですよ。それを一人前の大人になるといわれるんですが、それだと人生は無味乾燥のつまらないものになってしまいます。

自分自身を出せなくて仮面をつけたって何にもならない。結局、仮面をつけたがためにあなた自身を出せずに生きているのは意味がない。だからもっともっとあなたの個性はなんですか。あなたは誰ですか。この世に何のために生まれてきたのかということを突きつけられるのですよ、ホメオパシーの勉強をすると。

生きて、体をどれだけ健康に維持できるか。そしてどれだけ魂レベルで成長できるか。これが私達に課せられたことなんですよ。

それを病気にかまけて病気ばかりにエネルギーを払う。または人を恨んでそればっかりにエネルギーを払う。そんなのでは生きていてもしょうがないじゃないですか。

自分らしく好きなように生きろ、好きなようにやれって、と変わると全身全霊で生きられる訳です。だからホメオパスの職業をやると自分も患者も変わっていくんですよ、どんどん。


このインタビュー記事の全文はこちら
ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー由井学長に聞く(長文)


トラコ先生、これからも全国でガンガン吼えまくってください。
ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆


☆本当にトラコ先生のお話は心に染み入ります。☆




女神カードリーディングの詳細はこちら
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ランキングに参加中
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←ここもぽちお願いします。
2008.02.05 Tuesday 19:54 | comments(0) | - | 

ホメオパシー2

日本にホメオパシーの団体はいくつかありますが、私のお気に入りは
ホメオパシー・ジャパンです。

その理由

情報がオープンである。
価格が庶民的である。
一般向け講習会に熱心である。
ホメオパスの養成方法、学校が整備されている。
輸入製品ばかりのホメオパシー製品(レメディー)の国産化を計画している。

とにかく由井寅子さんが好き!! 
\(#⌒0⌒#)/


由井トラコ先生2
【由井 寅子 ユイトラコ】←経歴にリンクしてます。

代替医療として注目される日本のホメオパシーの第一人者として、世界的に認められている。ホメオパシーの学校、ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー(RAH)を創設し、学長となる。日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)を設立し、会長となる。

私の大好きなトラコ先生。
病気を治すために何回も講演を聞きに行き、そのパワフルな魅力に大ファンになってしまいました。
トラコ先生がいなかったら、日本でホメオパシーがこんなに早くは広まらなかったでしょう。
私もこんなに元気にはなれなかったでしょう!!
トラコ先生は大恩人です!!!  \(^O^)/

トラコ先生は、TVのドキュメンタリーの制作に10年間関わっていて、イギリス特派員としても5年間のキャリアがあります。
イギリス特派員だったとき、潰瘍性大腸炎になり2年経っても治りませんでした。西洋医学以外にも、漢方や鍼灸などいろいろして万策尽きたときホメオパシーに出会いました。
処方されたたった4粒の砂糖玉で治ってしまったのです。

そして、自分の病気が実は心から来ていることに気が付き、自分の心を治すのにさらに2年かかったそうです。

インタビューから
[由井学長]
はい。でも心の中が治まらないんですよ。やっぱりイギリスにいたんですけれど、国際電話で母親に電話して。「何であのときほめてくれなかったのか」とか「何でお兄ちゃんばかりかわいがったのか」とか「何で私は泣くこともできなかったのか」とか、母親を責め立てるようなことになってしまいまして。

心を治すのにそれから二年間かけてやったんですよ。自分を許してあげられる様になるまで2年かかったということです、実は。

だからあのまま潰瘍性大腸炎が治って心が治らないままでいたら、体は何とかなるんだといって、がんがんやっていたと思うのですね。
ですから自分の癖ですね。完璧でない自分は駄目なんだという自分、この癖を取るには2年間かかったんですよ。これが私を病気にしていたわけです。



寅子先生は、TVの仕事をすっぱり辞めて英国のホメオパシー学校に4年間通います。
卒業後は英国で開業して大変な人気だったそうです。ヨーロッパ中から患者が来ました。

しかし、「こんな素晴らしい治療法をどうしても日本の人々に伝えたい、それが私の使命だ」と決心します。大繁盛しているクリニックを閉鎖して、日本に帰国。
女手一つで誰も知らないホメオパシーを全国に広め、学校を作って生徒を教え、たくさんのホメオパス(ホメオパシー治療の専門家)を養成しています。

すごいエネルギーです。
今でもトラコ先生は全国を駆け回って、講演会、授業に忙しい日々を送っています。

トラコ先生、がんばってくださ〜い!!
いつも応援していますよ〜!! \(∇⌒\)☆ 




トラコ先生の守護神である不動明王よりのメッセージ:

現代医学では体は診るが、心は診ないし治すこともできない。
それが出来るのはホメオパシーだ!!
ホメオパシーこそ未来の医療だ!!
一家に一キット、ホメオパシーセットを常備しなさい!!
皆も、自分と家族の健康は自分で守るように!!
ぜひホメオパシーを学び利用しなさい!!
ホメオパシーは天界からのプレゼントだぞよ!!


続きます。

女神カードリーディングの詳細はこちら
   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ランキングに参加中
応援のクリックありがとうございます。(^ - ^)


精神世界  ←ここをぽちしてね。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  ←ここもぽちお願いします。


2008.02.04 Monday 21:13 | comments(0) | - | 
 | 1 / 2 PAGES | >>