<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

私たちが死ぬ確率は100%です。

天国への階段
【あなたは死の準備が出来ていますか?】

熊本地震で多くの方が亡くなりました。

亡くなった方々のご冥福をお祈り申し上げます。
m(_  _)m


この「ご冥福」とはどういう意味でしょうか?

広辞苑によると、
「冥福」・・・「みょうふく」とも読む。
〇犖紊旅福。使用例「冥福を祈る」
⊃佑了犖紊旅福を祈るために仏事を修すること。追善。


ということになります。

というわけで
「御冥福をお祈りします」は
「(故人の)死後の幸福をお祈りします」という意味になります。

亡くなられた方の中には20才の大学生もおられました。
死ぬのは高齢者とは限りません。

私たちは誕生した瞬間から、死への道のりを歩んでいます。
誰でも死ぬ確率は100%です。

いつやってくるかわからない死の瞬間
それは、地震や災害、交通事故など突然やってくることもあります。

そんなとき、心の準備が出来てないと、すぐには成仏出来ません。
家族や財産が心配で、浮遊霊、地縛霊になってしまうこともあります。

自分が死んだらどうなるのか?
死後の世界とはどんなところか?
そこではどんな生活が待っているのか?


死後世界での知識と心構えが必要なのです。


私はリトリーバルを教えていて、先日もワークショップを開きました。

亡くなった家族に会いたい、亡くなった方の成仏のお手伝いをしたい方は多いですが、自分が死んだときのために学びたいという方には会ったことがありません。

ブルース・モーエンの言葉です。

「救出の道をたどっているうちに、いつしか私は死への恐怖を手放し、私の人生は一変した。
自分が死後も存在し続けるのだと知るとき、人生は完全に一変する。」


私たちもいつかは必ず死にます。
その準備が必要です。


☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内

 詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

 
2016.05.03 Tuesday 07:13 | comments(0) | - | 

霊界通信「スピリットランド―地上と霊界の純愛物語 」

スピリットランド
A・ファーニス 岩大路邦夫

コスモ21 2000-04-28
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

絶版になっているので、電子書籍をお読みくださいね。
Amazonキンドル版、hontoで購入できます。
スピリットランド ゲートさんのおすすめ本です。

一読して、れはリトリーバルの本だ!
と思いました。
そして、もう一度読み直して、これは自覚の本だ!
と思いました。

主人公はイタリア貴族のフランチェッツォ(中年?)です。
彼は、好き放題の人生を送っていましたが、
気がついたら殺されて墓に埋められていたのです。

生前の行いにより低次の霊界に落ちてしまいましたが、守護霊の導きと恋人の祈りにより、霊的に成長していく体験談です。

霊媒師が自動筆記した実話です。

普通のリトリーバルでは、生きている人間が未浄仏霊を救出しますが、フランチェッツォは死んで霊になって、自分より霊格の低い霊を救出することで自分の霊格を上げていきました。

これがリトリーバルに出てくるスピリチュアルガイドなのです。

先日も、ご依頼により、亡くなったご家族をあの世に見に行ったら、スピリチュアルガイドとして死んだばかりの方の救出に活躍されていました。

ブルース・モーエンが本に書いていることがやはり本当だとわかりました。
ただ、人間がリトリーバルする範囲は限られているようです。

高い次元のリトリーバルは無理みたいです。
それは高級霊のお仕事なのね。

霊界の描写が具体的でとても参考になります。

また、生きている時の考えや行動で、死んでからどの次元の霊界に行けるか決まるのです。

親切、思いやり、自覚の大切さを改めて思いました。
また、死んでからの努力で救われることも知り、安心しました。

死後世界に関心のある方におすすめです。
(ΘoΘ)


☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内

 詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

 
2016.04.16 Saturday 07:54 | comments(0) | - | 

アパートの女性地縛霊をリトリーバル

応挙之幽霊
【円山応挙 応挙之幽霊 浮世絵
「足の無い幽霊画」の始祖】

こんにちは〜HAPPYリマです。 (^ - ^)

今日は、夏にふさわしい幽霊のお話です。

知人Cさん(男性)のアパートの部屋に女性の幽霊が出ました。
発端は、Cさんが友人とSkypeで話していたときです。

友人がSkype越しに「Cさん、今部屋に誰かいるの?」とたずねました。

Cさん:いや、ボク一人だよ、どうして?

友人:君の後ろに、女性の足が見える・・・

Cさん、振り返るが誰もいません。
二人ともぞ〜っとしました。

Cさん:ときどき、誰かいるような気がしてたけど、やっぱり出るんだ〜
           ((;゚ェ゚;))

最近、変なことがよく起こるんだ。
何でもうまく行かないし、昨日は自転車が急に車輪がつっかえたように回らなくなって転倒した。

おばけ おばけ おばけ 

その話を聞いて、彼の部屋を霊視してみました。
すると、30代の女性がぼんやり立っていました。

彼女は近くの工場で働いていました。
ときどき、同僚たちと部屋でホームパーティを楽しんでいました。
急に具合が悪くなり、そのまま病院で亡くなりました。

亡くなった後、自分が死んだことに気づかず、アパートの部屋に戻ってきたのです。
そこに、知らない男性が住みだして、訳がわからなくなりました。

私が彼女に話しかけてみると、どうしたらいいのか呆然としていました。

どうしたいのか尋ねてみると、
「故郷に帰りたい。家族に会いたい」とのこと、
そこで、みんなが待っているからとフォーカス27まで連れて行ってあげました。

これがリトリーバルです。

そこには、亡くなったおばあさんや幼い兄弟が待っていました。
彼女はみんなに歓迎されて、故郷の家に入っていきました。

その後、部屋の空気が一変したそうです。
もう何も出なくなりました。

しばらくして、Cさんはその部屋を引き払ったそうです。

死後のことに知識がないと、フォーカス27(生まれ変わりの場所)に行けないことがあります。
すると、どうしたらよいかわからず幽霊となってさまよったり、地縛霊になってしまうのです。

肉体が滅んでも、魂は永遠に生き続けます。
お盆も近いです。
死後の世界に思いを馳せましょう。


リトリーバルのご相談もしています。
お問い合わせはHPから→☆☆☆


☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内

 詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

 
2015.07.24 Friday 08:48 | comments(0) | - | 

坂本政道『明るい死後世界』

明るい死後世界―従来のあの世観は間違っていた!
明るい死後世界―従来のあの世観は間違っていた!
坂本 政道
ハート出版 2014-11-21
Amazonで詳しく見る by G-Tools

 ヘミシンクを日本に広めた坂本政道さんの新刊です。
坂本さんはヘミシンクを使ってあの世へ行くワークを教えて、数十冊の著書があります。

ある時、死後の世界があることを当たり前に思っていて、死後世界についての本を書いていなかったことに気がつきました。

そこで、書いたのがこの本です。
活字が大きいのは、まもなく死を迎えるであろう高齢者を意識したのでしょうか。
理工系人間らしく理路整然と書いてあるので、左脳系の人にも受け入れやすい内容です。

花 花 花 

従来の「あの世」観は間違っていた!
光あふれる世界がある。
今「あの世」に光が射し始めている。
理系の著者が案内する、わかりやすい目からウロコのあの世ガイダンス。
米国モンロー研究所の公認レジデンシャル・ファシリテーターである著者と、5000人のヘミシンクで死後を垣間みた人たちが証言。

恐怖を強調する「あの世」観を一掃
臨死体験は「死の入り口」を見たに過ぎなかった。
死後世界の全貌が、
ヘミシンクで明らかになる。  表紙の文から


花 花 花 

従来のあの世観を持っていた人には本当に目からウロコの内容です。
ぜひ、お父さんやお祖父さんにプレゼントしてあげてくださいね。
(^ - ^)

ブルース・モーエンのワークもこの考え方で行っています。
私の開催スケジュールはHPをご覧ください。
また、ご要望があれば臨時開催いたします。
(HPからお問い合わせください)

ブルース・モーエン・メソッドのブログ
http://ameblo.jp/rimamari35/

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内

 詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

2015.02.21 Saturday 08:29 | comments(0) | - | 

究極の娯楽

貴婦人
【アングル『ド・ブロリ公爵夫人の肖像』】

ゲリラ豪雨の真実
http://rimaroom.jugem.jp/?eid=1500

でご紹介した本「あの世飛行士」のタイトルって、どういう意味なんでしょうか?

読み始めは、木内鶴彦さんの臨死体験のことなのかな〜?
と思っていましたが、最後の部分を読んで納得。

中世のヨーロッパの貴婦人は、当時としては満たされた生活でした。
食べる物も着る物も、何不自由なく、舞踏会やパーティもある。
当時はTVや映画、ネットはなかったですものね。

それでも、日常に退屈しまくっていました。
もっと刺激のあることはないかしら?

そういう貴婦人の究極の娯楽、一番の楽しみは、首を絞めてもらって、死ぬギリギリのところを体験することだったそうです。

仮死状態になって、あの世を体験してから戻って来る。

それを木内さんの体験と重ねて、「あの世飛行士、デスサーフィン」と名付けたようです。

これって、臨死体験ですよね。

絞めすぎて戻ってこれなかったご婦人もいたのではないでしょうか?
こんなアブナイことしなくても、今ならヘミシンクやブルースのメソッドがあります。

便利になって、いろいろな情報があふれている現代でも、実際にあの世を体験するのは、何が出て来るかわからない未知なる興味があります。

「今までいろいろなことをやってきたけど、どれも満足できなかったわ。これから、何をしたらいいのかしら〜?」というお客様がいました。

ブルースワークのチラシをお渡ししてみました。

ブルース・モーエン・メソッドは、究極の探究であり、究極の娯楽かもしれません。
(´∀`)

☆ . ::・’゜☆ . :

個人セッションのご案内
これからの予定・イベントのご案内
 
詳細はこちら

ランキングに参加中 
いつもクリックありがとうございます。^0^v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ←ぽちお願いします。

2014.09.12 Friday 09:44 | comments(0) | - | 
 | 1 / 2 PAGES | >>